ヒューマン・ラブストーリー

『君たちはどう生きるか』吉野源三郎【あらすじと感想】コペル君の過ちから共感したこと

君たちは、どう生きるか。

宮崎駿さんのアニメが予定されていたり、漫画版が何かと話題になっている『君たちはどう生きるか』小説版。1982年に出版されていますので、今から35年くらい前の本ですか。

なぜに今、この本が話題になっているの?

ちょっと不思議な気持ちで読みましたが、なるほど、心に響くものが確かにありました。

『君たちはどう生きるか』あらすじ

思わず自分の行いを思い返したくなる一冊

『君たちはどう生きるか』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
中学生のコペル少年の日常。その中で体験する出来事や悩みをおじさんを通して見つめ直していく。少年の成長していく姿を描いた物語。

何となく哲学的な、道徳の授業を受けている気になりました。わかりやすいようで分かりにくい部分もあって、スラスラ読めるものではなかったです。でも共感したことがありました。思わず 感動!! ジーンとしてしまいました。

『君たちはどう生きるか』感想

今日のレビューは私が共感したことについて、本の内容をまじえながら書きたいと思います。 ちなみに 共感したことは2つありました。

  • コペル少年の過ちについて
  • 苦痛により、幸せを実感できることについて (←最近の私の経験を元にしています)

可愛いコペルくんと頼もしい叔父さん

まずこの本は、15歳のコペル君 (本田潤一くん) が友だちや叔父さんと過ごす中で、様々な経験から物事を考えていくお話になっています。

テーマは、タイトルそのまま 「どう生きるか」 です。

難しそう・・・と思いますが、中学生の日常を描いてるので微笑ましく読めました。

背が低いのが悩みのコペルくん。私も小さいので、この気持ち分かる。イタズラ好きで、でも まっすぐな心を持っていて・・・この主人公が可愛いんですよね。

主な登場人物
  • 「ガッチン」 というあだ名の北見くん
  • お金持ちの家の水谷くん
  • 水谷くんのお姉さん
  • お豆腐屋さんの家の浦川くん
  • コペル君のお母さん
  • コペル君の叔父さん

友だちも個性的で面白いことながら、この叔父さんが様々なことを教えてくれる先生みたいな存在なんです。

コペル少年の日常、おじさんのノート・・・と交互に描かれていました。”おじさんのノート” には彼に宛てた大事なことが書かれています。

ここが少し哲学的な感じで理解できたり出来なかったりしますが、この小説のキモとなっています。

コペル少年の過ち (共感したこと①)

共感したこと①

共感したことの一つは、「雪の日の出来事」 のエピソードから始まります。

友だちの北見くんが上級生に目をつけられました。言い合いになってしまい、それを見ていた水谷くん、浦川くんは助けに入ります。でもコペル君は助けに入れなかったんです。結果、友だちなのに彼だけ見てみぬ振りをしてしまいました。

彼は思い返しては悔やみ、そのうちに熱を出して寝込んでしまいます。そして布団の中で考えていたこと。・・・それは言い訳でした。

・・・コペルくん、見苦しいぞ。
そう思いながら読んでいたのですが、ふと気づきました。私も過ちを犯してしまったときに、言い訳を考えてしまうこと、、、ある。

私も同じだ。

そう思った瞬間、本から顔をあげて自分の行いを思い返していました。

叔父さんがコペル君にしたアドバイスは・・・。ぜひ本を読んでみてください。

過ぎ去った過ちは仕方がないけど、そのことについて、ちゃんと後悔することが大切。

いくら言い訳を言い繕ってみても、それは結局、言い訳に過ぎなくて、そのことは痛いくらい自分がよく分かっています。

過ちは消えないし、深ければ深いほど一生後悔し続ける。

コペル君の良いところ → 言い訳も考えてしまったけど、最後には自分の非をきちんと認めて、友だちにも正直に打ち明けたこと。

自分の過ちを認めることって辛いことです。でも自分に嘘をついて誤魔化してしまうのってダメですよね。しっかり後悔することで人間性に深みが増すし、その後の人生や生き方が変わってきます。

苦痛を感じて幸せを知る (共感したこと②)

共感したこと②

2つ目に共感したことは 「苦痛を感じて幸せを知る」 ということです。

コペル君は、過ち、後悔をすることでその痛みを知りました。そして、友だちを失くすかもしれないという危機感を覚え、より友だちの大切さを実感したのではないかと思います。

ところで、ひだまりさん。は、最近まで風邪をこじらせていました。

夜に熱が38℃を超え、朝はとりあえず下がるのですが、その状態を繰り返して3週間・・・。その時に思ったことがあります。

風邪をひいたから、治った今の日常がとてもありがたいものに感じる。

吐き気まであってご飯が食べられない状態が続いておりました。それでようやくご飯が食べれたときに感じた幸せは とてつもなかったです。「苦痛を感じて幸せを知る」 ・・・^_^;

そして、本書の “おじさんのノート” に書かれていることが心にグサっと刺ささりました。

からだに痛みを感じたり、苦しくなったりするのは、故障が出来たからだけれど、逆に僕たちがそれに気づくのは、苦痛のおかげなのだ。

心に刺さったのは この部分です。「体に痛みを感じたり、苦しくなったりしたときは故障しているサイン。しっかり休みましょう」

もしも体が故障しているのに痛みを感じなかったら、命に関わってくるかもしれません。苦痛や痛みってイヤなイメージですが、大切なサインなんですね。

【共感したこと まとめ】

苦痛とか痛みというものは、たぶん誰でも感じることです。それこそ人間じゃなくて犬や猫でも。

でもそこにある後悔とか反省という感情は人ならではのもの。“考える” ということが大切で、人は成長していくのだと思いました。

まとめ
  • 過ちを犯しても誤魔化さずに認めること。
  • しっかり後悔すること。
  • 同じことを繰り返さないこと。
  • 風邪をひいたら しっかり休むこと。

私はどう生きるか

深い1冊でした。私は小説を読みましたが、漫画版も読んでみたくなります。

私はどう生きるか。

過去の自分をもう1度振り返ってみたくなりました。自分に正直に生きていきたいなと思いました。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA