ミステリー・サスペンス

『龍神の雨』あらすじ・ネタバレ感想|雨に翻弄された運命と哀しい結末|道尾秀介

この記事に書かれていること
  • 『龍神の雨』あらすじと感想・レビュー
  • 雨に翻弄された蓮と楓
  • 龍を見た辰也と圭介
  • 楓の後悔と真実
  • 哀しい結末
  • 心に響いた言葉

ネタバレあります。ご注意ください。

雨が彼らの運命を狂わせる

道尾秀介さんの小説『龍神の雨』感想です。始終 もの悲しさがただよう物語でした。読後の余韻がハンパなく切ないですね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
道尾さんの小説だから、覚悟して読んだ。

騙しのプロ・道尾秀介です。そのまま信じると騙されます (←私のように)。でも気分は晴れません。『カラスの親指』のような爽快感はなくて、哀しくなりました。

片方は救われたかもしれないけど、もう片方は・・・。ひとつ歯車が狂うと恐ろしいことになりますね。

『龍神の雨』あらすじ・評価

道尾秀介『龍神の雨』

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
添木田蓮と楓は事故で母を失い、継父と3人で暮らしていた。溝田辰也と圭介の兄弟は、母に続いて父を亡くし、継母とささやかな生活を送る。やがて蓮は 妹を酷い目に遭わせた継父の殺害計画を立て、継父は死んだ・・・。降り続く雨が、4人の運命を狂わせていく。果たして 彼らは救われるのか。

『龍神の雨』ネタバレ感想・レビュー

『龍神の雨』は 2つの家族の物語でした。どちらも血の繋りがない片親に育てられています。

  • 継父・睦男と暮らしている蓮と楓
  • 継母・里江と暮らしている辰也と圭介

視点は子どもたちです。蓮は高校を卒業して働き、楓と辰也は中学生、圭介は小学生でした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
道尾さんが描く子どもは 少し影がある・・・。

『向日葵の咲かない夏』や『月と蟹』ほどではなかったけど、家庭の事情で屈折した子どもが描かれていました。

『龍神の雨』での重要なキーワードは 2つあります。「龍」 と 「雨」 です。

辰也と圭介は 「龍」 を見て、蓮と楓は 「雨」 に翻弄される。明るい雰囲気の小説ではないけど、こういう展開も面白かったです。

ひつじくん。
ひつじくん。
もしも雨が降らなかっら、彼らの運命は変わっていただろうか?

雨に翻弄された蓮と楓

継父と一緒にくらしていた蓮と楓。彼らの母親は雨の日に亡くなっていました。

また、雨だ。七ヶ月半前、雨のせいで母が死んでしまったように、また自分たちは雨に人生を狂わされることになった。

残されたのは兄妹と、母の死にショックを受けたまま働かず家にいる継父。

蓮は楓が彼に汚されたことに怒り、殺害計画を実行します。その計画は未遂に終わりましたが、楓が継父を殺してしまったのです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
全てが雨の日の出来事。

「雨」 というのが、また鬱々とした気分に拍車をかけるんですよね。

龍を見た辰也と圭介

継母と一緒にくらしていた辰也と圭介。父は家を出ていき、血の繋がった母は亡くなっていました。

蓮の家族同様、辰也と圭介も継母・里江との関係が微妙です。辰也はもろに反発しているし、圭介は里江のことを受け入れているけど、兄の手前、遠慮している。

ひつじくん。
ひつじくん。
こういうのって難しいよね。里江に同情してしまう。

ほとんどが小学生の圭介の視点で描かれてるから、心情が見えない辰也が不気味に感じました。

圭介の視点には 「龍」 が出てきます。・・・始めはリアル感に欠けると思いましたが、たぶん圭介や辰也の心の問題なんですよね、これは。

誰かを恨みながら水の中で死ぬと龍になる。

辰也も圭介も、千葉の海で死んだ母は龍になったと思い込んでいました。辰也は継母を疑い、圭介は母が死んだのは自分のせいだと思い込む。

龍と聞くと怖いしあまり会いたくはないけど、最後に辰也が見た龍は辰也を助けるために現れたのかなと。

龍は辰也に言っていた。聞こえない声で語りかけていた。行動しろ。行動しろ。行動しろ。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
もしも、行動を起こさなかったら どうなっていただろうとヒヤリとしました。

楓の後悔と真実

楓のひとことが切なく響きました。

「何で、こんなことになっちゃったのかな」

本当に、何でこんなことになっちゃったんだろうね・・・。すれ違いが招いた結果でした。

蓮や楓、継父の睦男が もっとコミニュケーションをとっていれば、こんなことにはならなかったかもしれません。

全ては ひっくり返るんですよね、清々しいくらいに。

切ない真実
  • 楓は睦男を殺してはいなかった
  • 睦男は楓を汚してはいなかった
  • 脅迫状の差出人は辰也ではなかった
  • そして、狂っていたのは半沢だった

最後の半沢のひとことが、ガツンときました。睦男を殺したのは蓮―。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
救われないなぁ・・・。半沢の最後の言葉、道尾さんらしいなと思った。

哀しい結末|もしも雨が降らなければ、運命は変わっていたのか?

蓮と楓の運命の歯車が狂いだしたのは、母の死がきっかけでした。それも全てが 「雨の日」 です。

雨が降らなければ
  • 母は交通事故を起こさずにすんだ
  • 睦男は家に居らず、死ぬことはなかった
  • 楓は死んだ睦男を発見しなかった
  • 半沢は あのビルに楓や辰也を連れていかなかった

タラレバですが、そう考えてしまう蓮の気持ちも分からなくはないです。でも行動をを決めたのは 蓮なんですよね。

「雨」 のせいではない。たまたま 「雨」 だっただけです。

蓮もそれは分かっていて、それなのに、もしも・・・と考えずにいられない彼の気持ちを想像すると切なくなりました。

心に響いた言葉

最後に心に響いた言葉です。

何が正しいかなんて誰にも判断することはできない。しかし行動の結果は思わぬかたちとなって牙を剥き、人の運命を一瞬でコントロールしようとする。

行動を起こすとき、何が正しいのかは誰にもわかりません。その行動によって良い方に転べばいいけど、逆に転ぶこともあるわけで。だから悩むワケですが・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
行動によって伴うことは、誰のせいでもなくて自分の責任なんだよね。

『龍神の雨』での蓮の行動、楓の行動は良い方に転ぶどころか、真逆に転んでしまいました。結果、思わぬ形で牙をむき、蓮や楓の運命を一瞬のうちに狂わせてしまった。

正直、怖いですが、人を殺めた罪は償わなければなりません。哀しい結末です。

ひつじくん。
ひつじくん。
唯一の救いは辰也と圭介の家族かな。うまくいってほしいね。

こちらもおすすめ

『スケルトン・キー』道尾秀介【あらすじと感想】切ないサイコパス道尾秀介さんの小説『スケルトン・キー』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。錠也の心情、サイコパスの要素、スケルトン・キーと鍵穴、小箱の中身について書いています。...
『staph スタフ』道尾秀介【あらすじと感想】悲しく切ない不可逆性変化の罪道尾秀介さんの小説『staph スタフ』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。魅力的な登場人物でした。乳酸菌でおにぎりが美味しくなること、スタフの意味、不可逆性変化の罪と黄色ブドウ球菌について書いています。...
『笑うハーレキン』道尾秀介【あらすじと感想】偽りの顔と素の自分道尾秀介さんの小説『笑うハーレキン』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。全てを失ったホームレスたち、ピエロと道化師の違い、笑顔の裏にある哀しみ、アイツ (疫病神) の存在、意外なカラクリについて書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA