ミステリー・サスペンス

『笑うハーレキン』道尾秀介【あらすじと感想】偽りの顔と素の自分

清々しい気分になる小説。

道尾 秀介さん『笑うハーレキン』
登場人物たちがみんな一生懸命で愛着がもてます。人が持っている強さを実感した本でした。

少しだけネタバレあります。

『笑うハーレキン』あらすじ

ホームレス、一致団結!!

『笑うハーレキン』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
家具職人・東口は、家族も仕事も失い、その日暮らしをしていた。そこへ、ふしぎな女がやって来て・・・。

『笑うハーレキン』感想

ダークな部分もありつつ、最後は清々しい気分になれる。ホームレスが一致団結する姿は、以前に読んだ『カラスの親指』を思い出しました。頑張って明日を生きていこうと思わせてくれる一冊です。

全てを失ったホームレスたち

家具職人の東口は、会社も家族も失いホームレスとして生活していました。川辺のスクラップ置き場には、他に仲間がいます。

ホームレス仲間は4人

ジジタキさん、チュウさん、トキコさん、モクさんです。

他に、スクラップ置き場を提供してくれている橋本。そして、ひょんなことから東口に弟子入りすることになった西木奈々恵がいます。

彼らはお互いの深いところには踏み込まず、それでも和気あいあいと過ごしていました。みんな仲良しでいいなーと思ってしまいます。でも笑顔の裏には相当の苦労があって、重い過去を引きずって生きている。・・・徐々に明らかになっていきます。

笑う道化師と化粧の下の顔

本を読む前に気になったことがありました。

「ハーレキン」という言葉です。道尾さんのことだから、その言葉には深い意味があるんだろうな・・・と思いました。

ハーレキンというのは、道化師のことです。

本書ではピエロのお話も出てきますが、また少し違うようです。(化粧をして素顔が見えないという意味では似ていますね) ピエロ恐怖症という言葉があるように、それを怖がる人たちもいます。

笑っているのに本当は笑っていない。本当の感情がよめないから、そこに恐怖を感じてしまうようです。そしてピエロと道化師の違いが書かれていました。

ピエロと道化師の違い

一説だと、道化師(ハーレキン)の顔に涙のマークを描くとピエロになるようです。本当かどうかわかりませんが、みんなに馬鹿にされながら人を笑わせているけれど、じつは哀しみを抱いている、という意味だとか。

道化師の顔に涙マークを描くとピエロになる。涙マークってところが痛ましいです。

この文章には、道尾さんがこの物語を通して描きたかったことがあらわれているような気がします。「みんなに馬鹿にされながら人を笑わせているけれど、じつは哀しみを抱いている」の部分です。

笑顔の裏にある哀しみ

ホームレスたちと奈々恵。彼らはみんな楽しそうにしていました。でも誰ひとりとして素顔を見せていなかったんです。それはまるで笑う道化師。化粧の下は笑っていません。人間って少なからずそういうものなのかもしれません。

悲しくてもムリに笑おうとしたり。惨めな自分を隠したり。

なかなか素の自分を見せません。そうしてお面を被って自分を偽る。それが悪いとは思わないです。むしろ必要なときもある。でもたまにお面を取って、素の自分と向き合うのも大切。それは自分を認めてあげることです。哀しい私も惨めな私も。

この物語は、そんな人間の本質を描いているんです。それに気づいたとき、深いなぁ・・・と思ってしまいました。さすがです、道尾さん。

アイツは誰?

気になる登場人物がもう一人います。

アイツです。主人公の横にはいつもアイツがいました。疫病神です。

会話形式で進んでいくので、本当に存在しているかのように思えてきます。(彼の中では存在している) そして、それを通して見えてくる東口の人生の過ちと後悔・・・。

こんなふうに疫病神になって出てきたらイヤだなぁ・・・。後悔のない人生を送りたいものです。

意外なカラクリ

騙された!!とまではいきませんでしたが、意外なカラクリがありました。ある人物の企みです。・・・そんなカラクリが結末にあったのね。道尾さんらしい。

ラストは彼らに危険が迫ります。でもその過程で、主人公は仲間の本当の姿に気づく。

本当は、みんな働きたかった。

みんなで何かを成し遂げるのって、気持ちの良いことですよね。仕事でも遊びでも。素敵なラストでした。

こちらもおすすめ

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA