スキマ時間に・・・

『儚い羊たちの祝宴』米澤穂信【あらすじと感想】背筋がヒヤリ・・・すべてが覆る結末

すべての予想は、最後の最後でひっくり返る―

米澤穂信さん『儚い羊たちの祝宴』
これはミステリーというよりホラーに近いですね。どのお話も最後に背筋がヒヤリとしました。果てしなく悪い読後感・・・。5つの短編集です。

『儚い羊たちの祝宴』あらすじ

米澤流暗黒ミステリー

『儚い羊たちの祝宴』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
読書サークル「バベルの会」をめぐる様々な事件。最後に全てがひっくり返る―。

【目次】
  • 身内に不幸がありまして
  • 北の館の罪人
  • 山荘秘聞
  • 玉野五十鈴の誉れ
  • 儚い羊たちの祝宴

『儚い羊たちの祝宴』感想

震えがとまりません。すごく好きじゃないけど嫌いでもない。サラッと読んでいると最後に衝撃を受ける作品でした。面白かったですが、5話目がいちばん怖かったです。

バベルの会

5つの物語にすべてリンクしているのが、バベルの会という大学の読書サークルです。

良いなぁ・・・。楽しそうですね。教養と品格はないけれど私も入りたい。

でもこのバベルの会、ただの読書サークルではないんですよね。それが5話の表題作にもなっている「儚い羊たちの祝宴」で明らかになります。

ざっくりレビュー

どのお話も良かったのですが、ランキングにしてみました。それぞれの ざっくりレビューです。

面白かったランキング

  • 第1位・・・「儚い羊たちの祝宴」
    アミルスタン羊が指すものにゾワゾワ~としました。先程、バベルの会に入りたい・・・といったことは取り消します!これが一番ホラー。
  • 第2位・・・「山荘秘聞」
    途中からもうすでにゾワゾワっとしていました。何かがおかしい。もしや!? ・・・怖いけどやめられませんでした。
  • 第3位・・・「身内に不幸がありまして」
    まさか、殺人の理由がそんなことだったなんて・・・。呆然としてしまいました。隙を作れない立場というのもたいへん。
  • 第4位・・・「北の館の罪人」
    六綱家の「歪み」。早太郎の買い物の意味は?謎が多く、途中も楽しめました。彼女にはある目的があった。それが明らかになったとき、びっくりする展開でした。
  • 第5位・・・「玉野五十鈴の誉れ」
    祖母がイヤ。そして、お米の炊き方が暗示しているものに気づいたとき、後味悪かったです。あれは事故ではなく・・・。

以上、ざっくりレビューでした。

すべてに後味が悪くゾワゾワーっとしてしまう物語たち。米澤さん、かなり怖かったですっ!!

アミルスタン羊

ラストのお話にはアミルスタン羊というのがでてきます。

古来よりアミルスタン羊は舌ではなく、頭で味わうものです。

頭で味わうもの?

私の頭の中?マークでいっぱいになりました。読み進めていくと、その羊が何を指しているのかが明らかになります。その瞬間、ゾワゾワーっときました。

いやぁー、怖いんですけど・・・。どうやら海外の『特別料理』という本に、その羊がでてくるようですね。それが元ネタになっているみたいです。

覆される結末

『儚い羊たちの祝宴』は「ラスト一行の衝撃」に徹底的にこだわった連作集らしい。

帯に書いてありました。でもラスト一行ではないような・・・。確かにすべてが覆る結末ではありましたが、ちょっと帯が大げさな気がしないでもない。

面白かったです。米澤さんのホラーもの (ミステリ?) も悪くないですね。読後感はよろしくないですが、一気に読んでしまいました。読ませる力はやはり凄いなと思いました。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA