ホラー・オカルト

貴志祐介『悪の教典 上下』あらすじと感想/背筋まで凍りつくサイコパスの恐怖

この記事に書かれていること
  • 貴志祐介さんの小説『悪の教典 上下』あらすじと感想
  • もしも学校の先生がサイコパスだったら
  • 弱肉強食の世界
  • 『悪の教典』の面白さ
  • フギンとムニン
  • 不吉な予感

サイコパスの恐怖。

貴志祐介さんの小説『悪の教典 上下』感想です。映画にもなりましたね。サイコホラーものだという認識はあったのですが、かなり怖かったです。(特に下巻は夜に読めなかった・・・)

ひだまりさん。
ひだまりさん。
とうとう手を出してしまいました。

『悪の教典』あらすじ

もしも学校の先生がサイコパスだったら・・・?

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
ルックス抜群の英語教師、蓮実聖司は、生徒に人気の先生。しかし彼は、自分勝手なサイコパスだった・・・。もしも、学校の先生がサイコパスだったら? 戦慄のホラー小説。

『悪の教典』感想

3連休だから貴志さんの長編読もう!!と思い、図書館で借りたのですが・・・。連休前から読み始め、あまりに面白すぎて初日に読み終わってしまいました。

貴志さんの本は『新世界より』がかなり面白かったのですが、『悪の教典』もまた違った面白さがありました。・・・なんでもっと早くに読まなかったんだろう。

もしも学校の先生がサイコパスだったら

『悪の教典』は、もしも学校の先生がサイコパスだったら・・・という、考えただけでも恐ろしいテーマを描いた作品でした。

ひつじくん。
ひつじくん。
映画になるだけあって面白いね。

上下巻ですが、あっという間に読んでしまいました。貴志さんのサイコパスものは『黒い家』を読んだばかりです。(かなり怖かった) それに負けじと怖い。

でも読み始めに、うん・・・?と違和感を感じました。小説の主人公であり、英語教師の蓮実聖司が爽やかなんですよね。”ハスミン” と、生徒からは愛称で呼ばれていて、ルックスも良く人気者の先生でした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
・・・はて。サイコパスものでは?

読み進めていくと、この蓮実先生なんだかオカシイということに気づきます。表面は取り繕っていますが心は全然違う。・・・こわっ!!

私が読んだのは文庫版ですが、上巻の途中あたりからジワジワと不吉な予感が湧き上がってきました。

共感性欠如の殺人鬼。

相手を思いやる気持ちがなくて自分本位に物事を捉えてしまう。

下巻では次々と生徒たちを殺めていくのが恐ろしかったです。怖すぎて夜に読めません。

学校は弱肉強食の世界

生徒でただ1人、蓮実を恐れている怜花。彼女が思った言葉に頷いてしまいました。

学校とは、子供を守ってくれる聖域などではなく、弱肉強食の法則が支配する生存競争の場

まさにお話の舞台である学校が生存競争の場になっているんです。ここに出てくる先生たち、まともな人が少ない・・・。声を大にして言いたいです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
こんな学校ムリ!!

下巻にいくにつれて 蓮実の異常な行動が明らかになっていきます。表面と中身がかけ離れていればいる人ほどその人に恐怖を感じますね。

  • 「木の葉は森に隠せ」
  • 「究極のリセット」

・・・という、蓮実のある計画が実行されてしまうのです。

『悪の教典』の面白さ

『悪の教典』は 怖いけど面白い。

蓮実というキャラ、ありえないけど惹かれるものがあるんです。サイコパスものだ!と、深呼吸して心して読み始めましたが、あまりに爽やかな主人公で拍子抜けしました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
身近にいないから (いたら怖いけど)、どういう心の持ち主なんだろうと興味津々です。

蓮実聖司という殺人鬼。『悪の教典』の面白さは彼にあります。

映画では 伊藤英明さんが演じているのですよね。しっくりきます。映画まだ見てないけど、見たいような見たくないような・・・。

タイマーをカチカチさせながら、マイナスしていく蓮実。全員を無事『卒業』させるまでは、止まらないのです。・・・この辺り、夜に読めません。

彼の言う『卒業』とは?

本人は警察に捕まるとは思ってないんです。今後も学校で教師を続けていくつもりでいるのには、あ然としてしまいました。貴志さん、怖すぎ。

フギンとムニン

初めはユニークな蓮実先生に好感を抱きました。でも最初の方でカラスを殺した辺りからモヤモヤな気持ちで読み進める。疑惑の目で読んでいました。

2羽のカラスがでてきます。

思考 (フギン) と 記憶 (ムニン) です。

文庫版の上巻の表紙にもなっているカラス。鳴き声がうるさくて、蓮実先生は1羽を殺してしまうのです。生き残ったムニンは、たびたび彼の元に現れます。まるで彼を監視しているかのように。

知能が高いムニンには全てお見通し。自分勝手な行動を優先する蓮実聖司ですが、それを見ている誰かがいる。・・・悪いことはできないものだとホッとしました。

ひつじくん。
ひつじくん。
嘘はバレるからね。

最後まで続く不吉な予感

続編がありそうなラストに震えました。

不吉な予感が頭をよぎります。『黒い家』を読んだ時もそうでしたが『悪の教典』も サイコパスの怖さを実感しました。

とうてい理解が及ばないけど面白い。普通だったら嫌悪してしまいそうな場面でも止まらないんです。さすが貴志さんでした。

貴志祐介さんの小説オススメ

貴志祐介『新世界より 上』あらすじと感想 / 消えゆく子供たち貴志祐介さん『新世界より』上巻のあらすじと感想です。世界観がすごくて、かなり面白かったです。おすすめのSFホラー小説。最後までドキドキ・ハラハラの展開でした。...
『黒い家』貴志祐介【あらすじと感想】サイコパスの恐怖。人はどこまで悪になれるのか貴志祐介さん『黒い家』のあらすじと感想です。少しネタバレもあります。人はどこまで悪になりきれるのか。サイコパスの怖さを感じました。...
『クリムゾンの迷宮』貴志祐介【あらすじと感想】生き残りを賭けたゼロサムゲーム貴志祐介さん『クリムゾンの迷宮』のあらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。過酷なゼロサムゲームはホラー感があってハラハラしました。ロールプレイングゲームをやっているかのような面白さもありました。...
【貴志祐介おすすめ小説】迷ったらコレを読むべき!間違いなく面白いホラー小説6選貴志祐介さんのホラー小説の中で特にオススメを厳選しました。怖すぎるサイコパスもの、切なくて泣ける小説、面白すぎた長編SFなどをご紹介。簡単なあらすじと感想も書いています。...

もっと見てみる

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA