スキマ時間に短編集

「赤い雨」 あらすじ・ネタバレ感想|チミドロに汚染された地球『罪人の選択』貴志祐介

この記事に書かれていること
  • 「赤い雨」 あらすじと感想・レビュー
  • チミドロに汚染された地球
  • RAINを研究する医師・橘瑞樹
  • 波乱の展開

ネタバレあります。ご注意ください。

チミドロに汚染された地球

貴志祐介さんの小説『罪人の選択』より 「赤い雨」 の感想です。人々の生活を脅かす赤い雨が降る地球が舞台の未来SF。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
雨も海も赤くて悲惨だけど、世界観が印象的だった。

貴志さんの小説は リアル感があって怖いけどハマる。続きが気になり、一気に読んでしまいました。

『罪人の選択』あらすじ・評価

4つの短編集

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
「夜の記憶」―『十三番目の人格―ISOLA―』『黒い家』の本格デビュー前に書かれた貴重な一編。貴志祐介ワールドの原点!「呪文」―『新世界より』の刊行後ほどなくいて発表された短編。惑星「まほろば」で何かが起きている…。「罪人の選択」―「罪人」の前に出されたのは、一升瓶と缶詰。一方には猛毒が入っている。果たして正解は?「赤い雨」―新参生物のチミドロによって、地球は赤く蹂躙された。スラム出身の瑞樹はRAINの治療法を探る。最新SF!

本の目次
  • 夜の記憶
  • 呪文
  • 罪人の選択
  • 赤い雨
『罪人の選択』あらすじ・ネタバレ感想|罪人は必ず間違った選択をする!?|貴志祐介貴志祐介さんの小説『罪人の選択』あらすじとネタバレ感想です。2人の罪人・磯部と黒田。彼らは焼酎の一升瓶とフグの缶詰のどちらをえらんだのか。面白い展開でした。...

「赤い雨」 ネタバレ感想・レビュー

「赤い雨」 は 新参の生物によって汚染された未来の地球が舞台でした。それの影響で赤い雨が降るという・・・。

ひつじくん。
ひつじくん。
雨が赤いなんて、気持ち悪っ。

雨が赤いのだから、海なども赤い。想像すると寒気がしました。

新参の生物・チミドロに汚染された地球

主人公・橘瑞樹は、新参の生物・チミドロの研究をしている医師。チミドロの汚染により、地球は赤い雨が降りそそぐ。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
「赤い雨」 が降る地球の世界観が斬新・・・。

一部の人はドームの中で 「赤い雨」 を凌いで暮らし、それ以外の貧しい人々は 「赤い雨」 に晒されて死んでいく・・・。

文明が進んでいる様子から未来だとわかるのですが、悲惨な光景でした。

ひつじくん。
ひつじくん。
やはり貴志さんの小説は、SFでも どこかホラー感があるよね。

このヒヤリ感が たまらないんです。

RAINを研究する医師・橘瑞樹

物語は、チミドロの研究をしている瑞樹の視点で進みます。彼女は貧しい家の出身でしたが、秀才を認められてドームで暮らすエリートでした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
好感が持てる人物。彼女のような研究者が、もっとたくさんいれば良いのに。

瑞樹は父親に対して、自分だけドームで守られながら暮らすことに引け目を感じていました。

RAINの研究に没頭している理由も、本当は、自分が罪の意識から解放されたいのではないのか。

RAINとは

紅藻類感染壊死症(Red Algae Infection Necrosis)、略称RAIN。眼球が真っ赤になり全身の組織が食い尽くされて、わずか半日で死にいたる病。

瑞樹が感じている罪の意識は、RAINに晒されている父親を残して、自分だけが幸せになることかな。

悩みながらも必死にRAINの研究をしている彼女はステキです。

波乱の展開

裁判

RAINで亡くなった遺体を密かにドームに運び入れた瑞樹。治療法を見つける研究のためですが、バレてしまいます。そして裁判にかけられる。

波乱の展開ですね。

恋人・光一の弁護とハッタリは さすがでした。命は助かったけど、彼女はドームを出ることに・・・。でもRAINの治療法を見つけることを諦めてはいないんです。

いつか、この雨が透明に変わる日が来る。何世代、何十世代後になるかはわからないが、その日まで、わたしの遺伝子は闘い続けるだろう。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
彼女が研究を続ける理由って、父親に対する罪の意識だけではないのかも。

人々を救うためでもあるんだろうけど、彼女自身、地球に透明の雨を蘇らせたいんじゃないかな。赤い雨なんて、気持ち悪いし。

もしも雨や海が赤かったら・・・と、想像してみましたが、一瞬で嫌気がさしました。雨は透明で、海は青くて良かったです。

「赤い雨」 が読める『罪人の選択』はSF好きにオススメ!

「赤い雨」 を含む4つの短編集『罪人の選択』。表題作以外の3話はSF小説でした。貴志さんのSFだから、ほんのりとホラー感もあります。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
4つ、どれも良かったです。

過去に書かれた短編もあるので、貴志さんの他の小説も連想しながら読みました。

ひつじくん。
ひつじくん。
「呪文」 は『新世界より』の刊行後に書かれたみたい。「呪力」 が芽生えたあの世界観を思い出したよ。
『罪人の選択』あらすじ・ネタバレ感想|罪人は必ず間違った選択をする!?|貴志祐介貴志祐介さんの小説『罪人の選択』あらすじとネタバレ感想です。2人の罪人・磯部と黒田。彼らは焼酎の一升瓶とフグの缶詰のどちらをえらんだのか。面白い展開でした。...
【貴志祐介おすすめ小説】迷ったらコレを読むべき!間違いなく面白いホラー小説6選貴志祐介さんのホラー小説の中で特にオススメを厳選しました。怖すぎるサイコパスもの、切なくて泣ける小説、面白すぎた長編SFなどをご紹介。簡単なあらすじと感想も書いています。...
面白い短編集
スキマ時間におすすめ短編集|サクッと読めて面白い小説を厳選サクッと読めて面白い短編集を紹介しています。ほっこりする小説、SF短編&ショートショート、ミステリー、ホラー短編小説などです。ぜひ読書の参考にしてください。...
原田マハおすすめアート小説
原田マハおすすめアート小説|文字で絵画鑑賞!?有名画家たちの思いが描かれた本原田マハさんのアート小説をご紹介しています。絵画に詳しくなくても楽しめちゃう、おすすめの本です。有名画家が身近に感じられました。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら