ミステリー・サスペンス

『希望の糸』東野圭吾【あらすじ&感想・解説】 加賀恭一郎シリーズ / その糸は離さない!家族の物語

希望の糸
この記事に書かれていること
  • 東野圭吾さんの小説『希望の糸』あらすじと感想
  • テーマ 「家族」 について
  • 萌奈と行伸の苦しみ
  • 松宮刑事の葛藤
  • 【解説】タイトル『希望の糸』の意味
  • 家族が再生される結末

少しだけネタバレあります。

死ぬまで、その糸は離さない

東野圭吾さんの小説『希望の糸』あらすじと感想です。加賀恭一郎シリーズ。松宮刑事が大活躍でした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
泣きました。

東野さんの小説は安定感がありますね。読みやすいし安心して読める。おすすめの1冊です。

『希望の糸』あらすじ

家族の物語

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
閑静な住宅街で喫茶店を営む女性・花塚弥生が殺された。 捜査線上に浮上した常連客だった男・汐見行伸。災害で2人の子供を失った彼は 深い悩みを抱えていた。 容疑者たちの複雑な運命に若き刑事・松宮脩平が挑む。 

『希望の糸』感想

温かな気持ちがあふれてきて泣きました。大切な人を思う気持ちは尊いですね。

家族の物語です。

『希望の糸』テーマは 「家族」

前作の加賀恭一郎シリーズ『祈りの幕が下りる時』は 加賀さんの家族にスポットが当たっていました。

『祈りの幕が下りる時』東野圭吾【原作小説 あらすじと感想】加賀恭一郎シリーズ東野圭吾さんの原作小説『祈りの幕が下りる時』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。加賀刑事の過去、関連する2つの事件、偶然と必然、テーマ・親子の絆について書いています。...

本作『希望の糸』は 加賀さんの従兄弟・松宮刑事にスポットが当たっています。

死んだと聞いていた松宮刑事の父親が生きていた!?

テーマは 「家族」 。

様々な家族が描かれていました。思わぬカタチで発覚した花塚弥生の家族、汐見夫妻の家族・・・。

カギとなる人物は 汐見夫妻の娘・萌奈です。

汐見行伸、花塚弥生、綿貫と多由子。別々に描かれていた登場人物たちが 萌奈を中心に繋がっていく。

それぞれ相手を思いやる気持ちが伝わってきてジーンとしました。血の繋がりなんて関係ないんですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
家族の絆は強い。

加賀恭一郎&松宮脩平コンビ

加賀恭一郎&松宮脩平のからみが好きです。加賀さんは松宮の上司になっていました。

加賀さんが描かれているのは ほんの少し。鋭い推理で犯人を引っぱってきたのは さすがです。

ひつじくん。
ひつじくん。
加賀恭一郎シリーズ、ドラマでは 阿部寛さんが演じてるよね。

イメージが違う!・・・と思ってしまうんです。溝端淳平さん演じる松宮刑事は違和感ないのですが。

小説の加賀恭一郎が好きです。

萌奈と行伸の苦しみ

汐見夫妻は 2人いた子どもを震災で亡くしていました。やがて不妊治療の末、体外受精で生まれたのが萌奈です。

待ち望んで ようやく授かった娘。夫妻が彼女を大切に育てる気持ちは とてもよく分かります。

でも萌奈にしてみたら、両親の愛情は重かったようです。

あたしは生まれた時から身代わりだった。二人の子供が死んで、パパとママが自分たちの悲しみを紛らわせるために作った子供。そうでしょ?

中学生になった萌奈。母親は亡くなっていました。父・行伸との暮らしにギクシャクする毎日です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
親子のすれ違いは悲しい。

行伸は 家族に関する秘密を抱えて悩んでいたのです。弥生と共有し、綿貫と多由子をも巻き込んだ秘密。

やがて 弥生が殺されてしまう悲しい事件へと発展していきます。

松宮刑事の葛藤

真実を知った松宮は悩みます。

他人の秘密を暴くことが常に正義なんだろうかって。

警察に、そんな権利があるんだろうか。

松宮が言った言葉を受けて、「いい刑事になったな」 と、松宮を案じている加賀さんの姿が温かい。

加賀さんの言葉が素敵なんですが、それは書かないでおきます。

最近 父親が生きていたと知った松宮刑事は 「他人の秘密を暴くこと」 と、自分を照らし合わせて悩んでいたんですよね。

事件の裏に隠されていた真実と、松宮の父親に対する複雑な思いが重なって ため息をつきました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
悩んでいる姿は素敵です。

悩む先には相手を思う温かい気持ちがあるからです。何も悩まずに淡々と仕事をこなすより、たくさん悩んで出した結果の方が重みがありますよね。

【解説】タイトル『希望の糸』の意味

『希望の糸』表紙のイラストは 糸が描かれています。絡みながらも切れることなく誰かと誰かを結ぶ糸です。

タイトルに込められた意味が素敵でした。

たとえ会えなくても、自分にとって大切な人間と見えない糸で繋がっていると思えたら、それだけで幸せだって。その糸がどんなに長くても希望を持てるって。だから死ぬまで、その糸は離さない

大切な人と目に見えない糸で繋がっている。たとえ どんなに糸が長くても (遠く離れていても、会えなくても)。

幸せな気持ちになりました。素敵なタイトル。

松宮刑事も 見えない糸で父親と繋がっていたんだと思うと泣けてきました。

家族が再生される『希望の糸』結末

一見バラバラだった人たちが繋がっていきました。それがわかってるから 東野圭吾さんの本は安心して読める。

ひつじくん。
ひつじくん。
すれ違っていた家族が再生されていく様子は心地が良かったよ。

相手を大切に思う気持ちと、切れずに繋がっている希望の糸に 温かな気持ちになりました。

こちらもオススメ

『沈黙のパレード』東野圭吾【あらすじと感想】ガリレオシリーズ9の魅力東野圭吾さん『沈黙のパレード』のあらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ガリレオシリーズの魅力も書いています。どんでん返しあり、清々しい結末でした。...
『虚ろな十字架』東野圭吾【あらすじと感想】死刑制度をとりあげた物語東野圭吾さんの小説『虚ろな十字架』あらすじと感想です。ネタバレはありませんが内容にふれています。被害者、加害者、弁護士から見た死刑制度について書いています。...
『カッコウの卵は誰のもの』東野圭吾【あらすじと感想】スポーツ遺伝子は誰のもの?東野圭吾さんの小説『カッコウの卵は誰のもの』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。WOWOWドラマ原作小説。遺伝子パターンと育成計画、才能は努力か遺伝か、父の苦悩と愛情について書いています。...

もっと見てみる

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA