ミステリー・サスペンス

『沈黙のパレード』東野圭吾 / ガリレオシリーズ9の魅力

ガリレオ、ふたたび!!

東野圭吾さん『沈黙のパレード』
ガリレオシリーズ9作目です。楽しみにしていて発売日の翌日、買いに行きました。

少しだけネタバレあります。

『沈黙のパレード』あらすじ

ガリレオ、再始動!!

『沈黙のパレード』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
行方不明になった少女が、数年後に遺体で発見された。容疑者は、かつて草薙が担当した少女殺害事件で無罪となった男だった・・・。

ガリレオシリーズの魅力

『禁断の魔術』(文庫版) を読んだとき、ガリレオシリーズ終わるのかなと思っていました。・・・なので今回の『沈黙のパレード』がとても嬉しかったです。ガリレオシリーズの魅力をまとめてみました。

ガリレオシリーズの魅力

  • ガリレオの一風変わったキャラ

    人間味あふれていて吸い寄せられるような魅力がある。ガリレオ (天才物理学者・湯川学) のキャラが最高です。福山雅治さんが演じてから人気はさらに高まりましたね。

    ひだまりさん。
    ひだまりさん。
    以前に比べて湯川教授、さらに性格が丸くなった?
  • 科学で解明していく推理力

    東野さんの小説ほとんどに言えることですが、科学を取り入れてるのが面白いです。怪奇現象!? と思うことでも科学で証明できてしまう。物理学者の視点で仮説 (推理) をたてて、実験 (検証) をして真相にたどり着く。毎回鋭い推理力にワクワクします。

  • 3人のやりとり

    シリーズを重ねていくと、それぞれのキャラに深みが増します。湯川、草薙、内海の3人のやりとりが心地よいです。真剣に事件の推理を話してるシーンでも、思わず顔が緩んでしまいました。

    ひだまりさん。
    ひだまりさん。
    映像も合わせて見ることで、違う方向からも楽しめる。ドラマも大好きです。

『沈黙のパレード』感想

ドラマのイメージが強いガリレオ。湯川学 → 福山雅治さん、内海薫 → 柴咲コウさんを連想できるような内容でした。

最後はどんでん返しあり。鋭い推理をする湯川を通して、東野圭吾さんの手腕に改めて凄さを感じました。・・・さすがですね。

怒りの復讐劇

ガリレオ9作目で描かれていたのは、怒りの復讐劇でした。

3年前に失踪した並木佐織が遺体で発見されます。菊野商店街にある食堂『なみきや』を営む並木夫妻の娘です。失踪して3年―。遺体が発見されてから捜査は進みます。容疑者は割と早くに特定されるんです。

蓮沼寛一、かつて草薙刑事が担当した少女殺害事件で無罪となった男でした・・・。

少女殺害事件で逮捕された蓮沼ですが、一切、自供をせず黙秘を貫き通して無罪になりました。そして今回は、証拠不十分で釈放・・・。遺族からしたら、こんな理不尽な話はないですね。

法が裁けないなら、自分たちで・・・。

そう考える気持ちが理解出来る。蓮沼は何者かに殺されてしまいます。

容疑者は彼女を愛した普通の人々!?

ガリレオ本領発揮!!

蓮沼が死んでから、一気に面白くなります。今回はあっさり事件の捜査に参加した湯川でした。

1番あやしい並木夫妻には完璧なアリバイがありました。佐織を可愛がっていた街の人たちや、彼女の恋人・高垣智也にも・・・。どういうカラクリがあるのかと興味深々です。

福山雅治さんを連想しながら読んでいました。東野圭吾さんも意識しているのかな。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
『沈黙のパレード』も、そのうち映像化になりそうですね。

沈黙する人々

パレードで復讐劇がおきて、タイトルを思わせるような、沈黙する人々が描かれています。

黙秘を貫き少女殺害事件で無罪、佐織の事件では証拠不十分で釈放・・・。

蓮沼が犯人だったなら、彼を裁けない法律とは何なのかと哀しくなりました。物語上のことなので、実際はどうなのかわかりませんが。

蓮沼の復讐劇でも同じように沈黙する人たちが描かれていました。並木の友人・戸田、佐織の恋人・高垣・・・。

余計なことを喋ればボロがでるという心理はわかりますが、沈黙を貫きとおしてもガリレオの手にかかれば真実は暴かれる。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
彼らの立場になって推理をめぐらす湯川や内海の着眼点に舌を巻きました。

「口は災いのもと」、「沈黙は金なり」 と、ひだまりさん。も普段から余計なことは言わないように心がけています。でも罪を犯したなら、真実を自分の口から語ることが償いの第一歩ですよね。

どんでん返しと、清々しい結末

このラストは好きです。

福山雅治さんを、ここでも想像できるような清々しさがありました。真実は思いもよらぬものでビックリです。

最後にはどんでん返しが待っていました。哀しい展開でしたが、湯川と夏美とのやりとりでそこまで後をひくことなく、読後の余韻が良かったです。

エルキュール・ポアロ。
・・・ほんとうに、ピッタリです。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら
こちらは読んだ?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA