ミステリー・サスペンス

『5人のジュンコ』真梨幸子 / あらすじと感想(ネタバレ) 翻弄される女たちの悲劇と結末

この記事に書かれていること
  • 『5人のジュンコ』あらすじと感想 (ネタバレあり)
  • 主な登場人物とドラマのキャスト
  • バタフライエフェクトについて
  • なりたくない人物のランキング

少しだけネタバレあります。

翻弄される女たちの悲劇と結末

真梨幸子さん『5人のジュンコ』感想です。かなり心に負荷がかかる・・・。その理由は後ほど。真梨さんの小説って続けて読むのはムリだけど、時間が経つとまた読みたくなるんですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
不思議な魅力を感じる作家さんです。

『5人のジュンコ』あらすじ

やめられない魅力が確かにある。

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
伊豆連続不審死事件の容疑者・佐竹純子と同じ名前をもつ「ジュンコ」たち。その名前ゆえに、次々と事件に巻き込まれていく・・・。

『5人のジュンコ』感想

『5人のジュンコ』は 5人の女達が出てきます。漢字が違えど発音は同じ「ジュンコ」。

読んでいる時に登場人物がこんがらがってしまったので、まとめてみました。

主な登場人物
  • 篠田淳子 (ミムラ)・・・純子とは中学の同級生。
  • 田辺詢子 (松雪泰子)・・・ジャーナリストである久保田芽依のアシスタント。プライドが高い。
  • 守川諄子 (麻生祐未)・・・故人。出会い系サイトを利用していた守川正志と、美香の母。
  • 福留順子 (西田尚美)・・・主婦。一人息子の健人がいる。久保田芽依のことが嫌い。
  • 佐竹純子 (小池栄子)・・・伊豆連続不審死事件の被疑者。

※ ( ) は役者名です。

ひつじくん。
ひつじくん。
こう見ると いろんな漢字があるものだね。

バタフライ効果

この物語は 不幸の連鎖を描いています。

伊豆連続不審死事件の被疑者である佐竹純子をめぐって、同じ名前の「ジュンコ」たちと そのまわりの人々が犯罪を犯したり巻きこまれたりします。

この世の中のすべては、なにかしら影響しあっている。

そういうのをバタフライ効果 (バタフライエフェクト) と言うようですね。

「風が吹けば桶屋が儲かる」という ことわざがあるように、一見すると全く関係がない物事のように見えるけど、めぐりめぐって影響がでてくること。

本のテーマ、バタフライエフェクト。
「ジュンコ」という名前をもってしまったために、次々とおこる事件の連鎖にゾッとします。その中心にいるのが 佐竹純子です。

男性を虜にする純子

佐竹純子は「伊豆連続不審死事件」の犯人です。彼女の周りにいた5人が不審な亡くなり方をしていました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ものすごい悪女。なんだか前に似たような事件があったような・・・。

中心にいるのは純子ですが、本人の視点で物語が語られるのは最後の方だけなんです。

淳子 → 絢子 → 諄子 → 順子 → 純子・・・という感じで進んでいきます。

その中でも存在感のある彼女。その影響力は凄まじいものがありました。最後は、びっくりする結末が待っているんです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
松雪泰子さん演じる「ジュンコ」が曲者でした・・・。

不快な女性心理

本の帯に書かれている、こわいひとこと。

あいつ、消えればいいのに。

一瞬、寒気が・・・・・。帯を読んで、これは一筋縄ではいかない物語だなと思いました。何というか ひとことで言いあらわすのなら、不快。言葉が悪いですが、それがぴったりな物語のような気がします。

イヤーな女たちがたくさん出てくるんです。プライドが高いひと、人を見下すことによって優越感に浸ろうとする人・・・。

先ほど私は心に負荷がかかる・・・と書きましたが、その理由は「不快な女性心理」にあります。

男をブランドやアクセサリーのように容姿で判断する女。その判断基準は自慢に値するかどうか。・・・・・すべての登場人物たちが見事に好きになれない。こんな小説も初めてです。

でも恐ろしいことに気づいてしまいました。

この心理は女性だったら、だれしも抱いたことがあるのでは?

人を妬んだり、羨んだり、比べてしまったり・・・。私もないとは言いきれません。だから余計に心に不可がかかったのかもしれません。

そうとうイヤな感じに書かれています。こうはなりたくないなと思いつつ読んでいましたが、少しチクリと心が ざわめく。ドキっとしてしまうんですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
こわい、こわい。・・・・・気をつけよう。

真梨さんの本はエネルギーが吸いとられます。2冊続けて読むのは私にはムリかも。面白かったけど心にくる負担が大きいです。

『5人のジュンコ』なりたくないランキング

けっこう登場人物が多いんです。5人のじゅんこの他にもたくさん出てきます。見事に誰も好きになれないけど。

「こんな女には なりたくない」 ランキング

「こんな女には なりたくない」人物をランキングにしてみました。BEST3です。

  • 1位・・・・・ やはり純子かな。
    男を手玉に取れるのは羨ましい気もしますが、周りの人が不幸になるのは頂けない。
  • 2位・・・・・ 蒲田里穂子
    エピソード4 福留順子に出てくるお嬢様タイプ。面倒ごとをすぐ押しつけるのは頂けない。
  • 3位・・・・・ 恵原聡美
    同じくエピソード4に出てくるひと。ほんのちょこっとしか登場しないけど、こういう人 怖いです。

・・・圏外ですが、ジャーナリストの久保田芽依もキライです。最後まで読むと煮えきらない思いが後をひきました。

ひつじくん。
ひつじくん。
心の底にある闇の部分を見事に描いた小説だね。
ひだまりさん。
ひだまりさん。
翻弄される女たちが少し可哀想。・・・女って、こわい。

松雪泰子 主演でドラマ化

真梨さんの本はドラマ化が難しいと言われています。作家さん自身も映像化という概念なく書かれているようで、今回のドラマ化はとても楽しみにしていたそう。

主演の松雪泰子さんが演じるのは 田辺絢子です。事件の取材をしていく彼女は途中で・・・。

原作とは少し違いましたが 面白かったです。心理描写が凄まじいバトルでした。

こちらもオススメ

『6月31日の同窓会』真梨幸子【あらすじと感想】愛憎の末に・・・真梨幸子さん『6月31日の同窓会』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。登場人物が多かったのでまとめています。イヤミスというだけあって心がチクチクする小説でした。...
一気読み必須のおすすめ小説
面白くて一気読み!【徹夜本・おすすめ小説】2018年に読んだ本面白くて一気読み間違いなし、徹夜本オススメ小説&絵本を厳選しました。切なくて泣けるミステリー小説、アート小説、怖いけどクセになるホラー小説、大人にも読んでもらいたい学べる絵本などについて書いています。...
読み始めたら止まらない!面白い小説15選読み始めたら止まらない面白い小説を厳選しました。ミステリー&ホラー、ファンタジー、古典、SF・・・と、おすすめの15冊です。面白すぎて一気読み必須です。ぜひ読書の参考にして下さい。...

他にもあります

WOWOWドラマ原作本のレビュー

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA