ミステリー・サスペンス

「犯罪症候群」原作『殺人症候群』貫井徳郎【原作小説 あらすじと感想】響子と渉の復讐と悲しい結末

この記事に書かれていること
  • 貫井徳郎さんの小説『殺人症候群』あらすじと感想
  • 復讐の是非
  • 職業殺人者は正義か
  • 倉持の過去
  • 結末と復讐の末路

少しだけネタバレあります。

復讐は悪なのか―

貫井徳郎さんの小説『殺人症候群』感想です。東海テレビ × WOWOW 共同制作ドラマ「犯罪症候群 season2」原作。「失踪」「誘拐」「殺人」症候群シリーズ3作目にて完結編です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
3作品の中で本作が1番読み応えありました。後味の悪さも逸品です。

前作のレビューを読む

『殺人症候群』あらすじ

殺人を犯した者には 幸せな末路など訪れない・・・。

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
警視庁の環敬吾の元に集められたメンバー。彼らが捜査することになったのは・・・。

『殺人症候群』感想 (ネタバレあり)

シリーズの中では1番面白いと言われ群れを抜いていました。だけど全く救いのないラストに読後感は果てしなく悪い・・・。その理由からレビューの評価は割れているようです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
確かにある意味、傑作!

問われる復讐の是非

本のテーマは 復讐の是非です。

それを考えるなら軽い話ではないと容易に想像がつくのですが、ここまで救いがないとは・・・。

ここで問題になっているのは 少年法や心神喪失者は罰しないという法律の壁です。

ひつじくん。
ひつじくん。
反省していればいいんだよね。でも少年たちは反省も何もしていない。

被害者の家族たちの苦しむ姿と反省もせずにのうのうと生きている加害者の姿。理不尽だと思います。それが復讐へと駆りたてる。

前に読んだ小林由香さんの『ジャッジメント』を思い出しました。

『ジャッジメント』小林由香【あらすじ&感想】憎しみと苦しみの復讐法小林由香さんの小説『ジャッジメント』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。復讐法が認められた世界、被害者遺族の葛藤、応報監察官・鳥谷文乃について書いています。...

復讐が法律で認められていて重く苦しいお話です。それを実行するのにもエネルギーがいる。

『殺人症候群』では、遺族の代わりに復讐を代行してくれる職業殺人者が描かれています。

職業殺人者は正義か

環の元に集められた私立探偵の原田、托鉢僧の武藤、肉体労働者の倉持。

殺人を代行する人物、職業殺人者とは・・・?

実はこの小説、職業殺人者なる人物が最初の方で判明するんですよね。

犯罪被害者の響子と渉です。

彼らの視点と彼らを追う環チームの視点など様々な登場人物の視点で描かれていました。

復讐を正義だと思う響子と実行犯の渉。2人は遺族のために復讐を決行していく。もう後戻りはできない地獄への道です。最後の方では2人の心がすれ違ってしまう。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
やっぱり復讐はイケナイ・・・。

響子には共感ができなかったです。渉のことばに強く頷いてしまいましたが、少年法や心神喪失者は罰しないという法律にモヤモヤした気持ちになったり。

難しいですよね。必ずしも法律は万全ではないから。

恐ろしい症候群

他にも殺人が描かれています。

『殺人症候群』・・・なんて、ちょっと怖いタイトルだと思ったのですが、この本にはぴったり。

心臓移植を待ち望む息子のために人を殺めていく母・和子。狂っていると思いましたが、和子の視点でも描かれているから苦しい心情に胸が痛みます。

事件を追うのは鏑木刑事。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ドラマ「犯罪症候群 season2」では 鏑木刑事が主演です。

谷原章介さんが演じられていました。ドラマでは 鏑木護・・・。実は小説と名前が違うんですが、彼もまた復讐という地獄にどっぷりとハマっています。

この鏑木が曲者なんですが、すっかり騙されました。小説ってこういう騙しもできるから面白いですね。ドラマでは味わえない醍醐味。

あっちでもこっちでも殺人。まさに症候群です。・・・恐ろしい。

明かされる倉持の過去

完結編で倉持の暗い過去が明らかになります。

『失踪~』では原田の過去が明らかになり、『誘拐~』では武藤の過去が。・・・環は最後まで謎のままでした。

環の元に集まったとき 倉持真栄はこの件から降りました。彼もまた犯罪被害者遺族だったのです。過去に妻子を殺されて、でも加害者は罰を受けずに不起訴・・・。やがて自殺します。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
彼の怒りは宙ぶらりんのまま・・・。

環の指令を降りたはずなのに、原田と武藤が追っている職業殺人者の近くに姿を現す倉持。彼はいったい何を考えているのか?ここにも復讐の是非が問われます。

最後に環チームがバラバラになってしまったのは残念でした。前作では環と武藤の間に亀裂がはしり、大丈夫かと心配していましたが、倉持の1件で見事にバラバラです。

ひつじくん。
ひつじくん。
チーム環、解散・・・。

後味の悪い結末と復讐の末路

彼らの末路が悲惨すぎました。

他人の命を手にかけた者に 幸福な末路などあり得ない。

まさに この言葉どおりの結末。かなり後味の悪いお話でした。でもこの言葉は私もそのとおりだと思います。幸せな末路なんて訪れるわけがない。

唯一の救いは和子の息子の移植でしょうか。たとえ息子のためでも何人もの人を殺めた和子や、職業殺人者の響子と渉の末路を思うと復讐が正義であるわけがありません。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
かなりの衝撃作でした。

こちらもオススメ

WOWOWドラマ『犯罪症候群season2』【感想】切なく冷酷な殺人者WOWOWドラマ『犯罪症候群 シーズン2』感想です。少しだけネタバレあります。原作小説は貫井徳郎さん『殺人症候群』。切なく冷酷な殺人者、環と鏑木の名シーン、復讐の末の末路について書いています。...
『失踪症候群』貫井徳郎【あらすじと感想】失踪する若者たち/症候群シリーズ1貫井徳郎さんの小説『失踪症候群』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。失踪する若者たち、謎の特殊任務チーム、父と娘について書いています。...
『誘拐症候群』貫井徳郎【あらすじと感想】誘拐事件と衝撃の結末/犯罪症候群 season1原作貫井徳郎さんの小説『誘拐症候群』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。多発する誘拐事件、非人間的な環敬吾、武藤の過去について書いています。...

他にもあります

WOWOWドラマ原作本のレビュー

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA