ミステリー・サスペンス

殺人鬼「カエル男」の恐怖!!【あらすじと感想】『連続殺人鬼 カエル男』中山七里

この記事に書かれていること
  • 中山七里さんの小説『連続殺人鬼 カエル男』あらすじと感想
  • 恐怖!!連続殺人鬼 カエル男
  • 鋭い渡瀬と不死身な古手川
  • 刑法第39条
  • 刑罰と贖罪

少しだけネタバレあります。

カエル男の思惑とは・・・!?

中山七里さんの小説『連続殺人鬼 カエル男』感想です。前々から気になっていた七里さんの小説を読みました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
タイトルに似合わず可愛い表紙。

『連続殺人鬼 カエル男』あらすじ

殺人鬼「カエル男」の恐怖!!

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
マンションで女性の死体が発見された。傍らには 「カエル男」 からの犯行声明文・・・。次々と事件が発生し街中はパニックになるも、警察の捜査はいっこうに進まなかった。「カエル男」 の目的とは? 警察は犯人をつかまえることができるのか?

『連続殺人鬼 カエル男』感想

グロい、怖い、目を背けたくなる。

三拍子揃いのミステリー小説でした。・・・でも面白かったです! 凄まじい描写は ダメな人はダメかもしれません。

どんでん返しの帝王と言われている七里さん。最後まで気を抜かずに読みました。絶対何かあるよね? ・・・と。

ありました。期待を裏切らず、二重、三重と仕掛けが。

ひつじくん。
ひつじくん。
さすがだね。

恐怖!!連続殺人鬼 カエル男

猟奇的な殺人を続けるカエル男。

何とも描写がグロい。覚悟はしていましたが、目を背けたくなります。連続殺人鬼なのにインパクトある可愛いカエルの表紙。ギャップがありすぎて目を引きました。

でも面白いんですよね。不思議な気持ちになりました。これも中山七里さんの描き方なのかな。推理をしながら読み進めるのが楽しかったです。

次々と猟奇的な殺人が続く中で 人々はパニックに陥ります。

次は自分かもしれないという恐怖。

極限まで追い詰められた人たちが起こす行動にはハラハラしました。余裕がなくなると周りが見えなくなるものです。人間って 強くも儚いものなんだなと・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
人が人らしく生きていくには、ある程度の余裕も必要なんですね。

鋭い渡瀬と不死身な古手川

渡瀬刑事がステキでした。彼の推理が鋭い。古手川さんは不死身!? ・・・逆に凄さを感じました。でも良かったです、生きててくれて。

法医学教授・光崎藤次郎も登場しました。

以前に読みました『ヒポクラテスの誓い』でお目にかかったことがあります。出てきた瞬間、ニヤリとしてしまいました。登場人物のリンクって嬉しいですね。

バカなのか 知能犯なのか、よく分からない不気味なカエル男。精神年齢は低め? 渡瀬刑事は鋭い推理をします。

何だか、俺たちが奴の思い通りに踊らされているような気がするんだ。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
カエル男、知能犯!?・・・ゾッとします。

どんでん返しの結末を読んだ時、渡瀬刑事のひとことが頭をよぎりました。こういう鋭い刑事さんが好きです。

刑法第39条

『連続殺人鬼 カエル男』では 刑法第39条が取り上げられています。

刑法第39条
  1. 心神喪失者の行為は、罰しない。
  2. 心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。

猟奇殺人など理解を超えた犯罪が発生したときは、犯人の精神が正常であったか疑われます。もし犯人が心神喪失状態であったなら 刑法第39条が適用されるかもしれません。

被害者や被害者遺族からしたら、これ以上 理不尽な法律はないかもしれませんね。

刑法第39条を扱った小説と言えば 薬丸岳さん『虚夢』が印象に残っています。

被害者側の立場になって読んでしまうから理不尽さを感じずにはいられませんでした。加害者側の立場になってみるとまた違った思いがありそうです。

刑罰と贖罪

七里さんの小説は 「贖罪」 をテーマにしたものがいくつかあります。今回も、そのことについて描かれていました。

三十九条という法律は患者を救うのではなく、患者からその権利を奪うものではないか

刑法第39条は 加害者から刑罰を受ける権利を奪う。精神的な病は完治はしないものなのかもしれません。

でも法律によって刑罰が受けられなくなるということは、「贖罪」 の機会を逃してしまうことになります。自分が罪を犯したことを認識できなければ贖罪のしようがないですけどね・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
理不尽な気持ちになったり、やりきれなくなったり、考えれば考えるほどドロ沼にハマってしまう。

七里さんの小説は深い。

どんでん返しに続く、どんでん返しの結末

ひとこと。

犯人がわかっても安心しちゃダメです。

二重、三重に仕掛けが待っています。最後の最後まで楽しめました。いちおう1冊で完結していますが、続編がでているんです。『連続殺人鬼 カエル男 ふたたび』。

そのうち読みたいです。

こちらもオススメ

『悪徳の輪舞曲 (ロンド)』中山七里【あらすじと感想】悪辣弁護士・御子柴礼司シリーズ4中山七里さんの小説『悪徳の輪舞曲』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。悪辣弁護士・御子柴礼司、母は殺人者なのか?疑惑と結末についても書いています。...
『切り裂きジャックの告白』中山七里【あらすじと感想】命の重さと家族の絆/犬養隼人シリーズ中山七里さんの小説『切り裂きジャックの告白』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。刑事・犬養隼人シリーズ。テーマの臓器移植、家族の絆についても書いています。...
『セイレーンの懺悔』中山七里【あらすじと感想】マスコミと裁かれない罪中山七里さんの小説『セイレーンの懺悔』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。テーマ「マスコミ」、女子高生誘拐事件、「知ること」と「伝えること」、裁けない罪について書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. クリボー より:

    うわ~面白そう!絶対に読みます!

  2. ひだまりさん。 より:

    クリボーさん、こんばんは。
    面白かったので、ぜひー (^ ^)

  3. クリボー より:

    今日 買っちゃいました(笑)小栗旬さんがでてた映画のカエル男とはまったくちがうものなんだね。読み始めていて これは面白い!ひだまりさん。のおかげで 素敵な時間をいただいています

  4. クリボーさん、コメントをありがとうございます (^ ^)

    小栗旬さんのカエル男・・・、そんな映画があったのですね。面白そう。

    素敵な読書タイムになって良かったです。最後の最後まで楽しめますよ (*´`) 七里さんはどんでん返しの帝王ですから (^O^)

  5. クリボー より:

    読み終わりました!途中で犯人がわかった時点から 本を閉じることができなくなってしまい読み切りました(笑)結末にはどんでんがえしの連続でほんとにびっくりしました。すごいです。読み終えた時に 最初に思ったことは、いまや小説ってここまでやらないといけないのか!これは小説家は大変だなって感じました。(笑)それはそれとして いま 悲愴を聞いています。登場人物のことを考えていて せつないです

  6. クリボーさん、読み終わったのですね (^ ^)

    どんでん返し、びっくりしますよね。さすが七里さんです。私も読むのを止められなくなり、後半は一気読みでした。ほんとに、小説家ってすごいです。

    悲愴、登場人物のことを考えると切なくなりそうですね・・・。

    コメントをありがとうございました (*´`)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA