ミステリー・サスペンス

『虚ろな十字架』東野圭吾【あらすじと感想】死刑制度をとりあげた物語

死刑は無力?

東野圭吾さん『虚ろな十字架』
以前に読んでいたのですが、再読して大幅に記事をリライトしました。・・・けっこう重い。でもサクサク読めました。

今日のレビューは、本のテーマでもある死刑制度についてです。賛成、それとも反対?ひだまりさん。が感じたことをレビューとともに。

少しだけ内容にふれます。極端なネタバレは避けますがご注意ください。

『虚ろな十字架』あらすじ

テーマは死刑制度。

『虚ろな十字架』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
中原道正・小夜子夫妻は一人娘を殺害した犯人に死刑判決が出た後、離婚した。数年後、小夜子が刺殺されるが、すぐに犯人が捕まった。中原は、別れた妻が死刑廃止反対を訴えていたと知る。

『虚ろな十字架』感想

テーマは死刑制度です。

答えのでない問いを、東野さんは読者に問いかけていました。何となくモヤモヤがぬぐえない読後感。初めて読んだ時はハッとしたけど、再読するとまた違う味がありますね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
人って完璧ではないから、人の考えた制度は必ずしも万能ではないよね。

『虚ろな十字架』では、被害者からみた死刑制度、加害者側、弁護士からみた死刑制度と、視点を変えてそれぞれの人たちの思いが描かれていました。

ひだまりさん。が胸を打たれたところを詳しくみていきたいと思います。まずは被害者からみた死刑制度への思いです。

死刑判決は通過点

被害者から見た死刑制度

かつて娘を無残に殺された中原道正・小夜子夫婦。その後、彼らは別れるのですが、小夜子が遺した手記に胸がキュッと締めつけられました。

犯人が死刑になったところで被害者が蘇るわけではないけど、遺族の苦悩が胸に刺さりました。

『虚ろな十字架』は、この手記を遺した中原道正の元妻・小夜子が何者かに殺される・・・というストーリーになっています。主人公・道正の視点で描かれるのですが、離婚していなかったら彼はまた遺族になるところでした。

死刑制度については賛否両論ですよね。賛成の人もいれば反対の人もいる。・・・という ひだまりさん。は、自分がやったことは必ず自分に返ってくると思っている人なので、反対ではありません。

死刑判決は単なる通過点―

この小説から深い悲しみがうかがえます。遺族にとって犯人が死ぬのは当たり前。殺された被害者はもう生きる喜びすらも味わえないのに、なぜ犯人は生きているのかという疑問は最もだと思いました。

犯人が死んでも救われるわけではないけど、もしそれがなくなってしまったら彼らは何をより所にしていけばよいのか・・・。

ここまでのまとめ
  • 死刑制度は遺族にとってなくてはならないもの。
  • でもそれで救われるわけではない。

ひだまりさん。は、遺族側の思いに肩入れしてしまいます。そして 「本当の償い」 とは何なのか。
今度は加害者と弁護士の思いをそれぞれ見ていきたいと思います。

少しでも量刑を軽く・・・

加害者側から見た死刑制度

加害者・加害者の家族からしたら、反省はするものの、死刑は免れたいという思いがどこかにあるはずです。弁護士も加わり、なんとも理不尽に感じることもありますが、その心情もわからないではありません。

『虚ろな十字架』では、かつて中原夫妻の娘が殺された裁判で、加害者が死刑を免れようとした描写が描かれていました。そして、小夜子を殺した犯人は初めの方でわかるのですが、加害者の身内の人たちは情状酌量に訴えようと遺族に手紙を出したりします。

・・・最後まで読むと思いもよらない真相が明かされるのですが、今回のレビューでは割愛します。気になる方は本を読んでみてください。

中原夫妻の娘が殺されたかつての事件。

蛭川が逮捕されて裁判が始まります。一審は死刑にはなりませんでした。でもその後に死刑が確定したときの犯人の心情が書かれているところがあって、それを読むと、うん?と思ってしまうんです。

死刑も悪くないと思うのは、どうせ人間はいつか死ぬのだから、その日を誰かが決めてくれるというのなら、それはそれでいいという気になってきた

ひだまりさん。
ひだまりさん。
何それ? 反省してないの?

この描写を読むと、蛭川はただ単に諦めしかないというか、反省したから判決を受け入れているわけではないんだなということが伺えます。真の意味での反省ではない。

続きまして弁護士の視点です。

本当の償いとは?

弁護士から見た死刑制度

中原は殺された元妻・小夜子の足跡を辿っていくのですが、その過程で、彼女はかつて娘の裁判で犯人を弁護した平井弁護士の元を訪れていました。

2つ別々の事件が起こったとして、その2つはそれぞれ別ものなのに、両方とも結論は死刑という一言で片付けてしまうのは違うのではないか、という平井弁護士。

判決は一緒でも、当たり前ですが、それぞれの遺族や加害者が抱える思いは別もの。”それぞれにふさわしい結末があるべき” というのは頷けます。罪を犯したひとには、やはりちゃんと反省してほしい。

本当の償いとは何なのか。

こういう本を読むと毎回悩ましくなります。贖罪をテーマにした本はいろいろあって、ひだまりさん。が読んだ中では、中山七里さんの 「御子柴礼司シリーズ」 、あと薬丸岳さんの著作にも多いです。

償い以前に犯罪はダメですが・・・。いずれにせよ、相手 (他人) を思いやる気持ちが大切なんだよねと思います。

ここまでのまとめ
  • それぞれの事件には、それぞれにふさわしい結末があるべき。
  • 死刑制度はかならずしも万能ではない。

本当に平井弁護士のことばを読むと複雑な心境になります。死刑は無力だとは思わないけど、事件一つ一つには様々な背景があって、悲しみもそれ以上に存在していることが浮き彫りにされました。

死刑制度は賛成か、反対か?

どちらとも言えませんが、反対ではありません。・・・ってことは賛成?

結論 → 結局答えはでない問題。

本書を読んで、死刑制度をさまざまな視点から見ることができました。見方を変えると、その善し悪しが浮き彫りになってハッとします。

・・・罪を犯したときには反省すべきですよね。殺人事件のニュースなど、日々流れてくるのを見ると怖いなと思います。なんでそうなっちゃうんだろうと理解に苦しむ。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
私の常識は他人の常識ではありえない。

こういうモヤモヤな思いを抱えているとき、先日さんざんなレビューを書いて終わったけど『アミ 小さな宇宙人』の愛のある世界が羨ましくなります。胡散臭くもあったけど理想だよね、と。

理想の愛って?『アミ 小さな宇宙人』エリンケ・バリオス/ 心に響かなかった理由愛をもって生きるほうが、ずっと楽しく生きられる。『アミ 小さな宇宙人』さくらももこさんのイラストが好きです。世界中で翻訳されて人気の本な...

『虚ろな十字架』重かったけど、読み応えがある物語でした。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA