おすすめ本特集

【名刺代わりの小説10選】最高に面白い小説

名刺代わりの小説10選

Twitterにて 「名刺代わりの小説10選」 というタグで 小説を10冊あげているのを見かけます。面白い小説を探すときに参考にすると便利なんです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
私も10冊、小説を厳選しました。

10冊に絞るのって難しいですね。好きな小説がいっぱいあるから・・・。

ダントツ面白かった小説10冊と、あぶれちゃったけど やっぱり面白い5冊を紹介します。

【最高に面白い】名刺代わりの小説10選

超絶面白かった、私の名刺代わりの小説を10冊 厳選しました。

『図書館の魔女』高田大介

言語学者が描く言葉のファンタジー

あらすじ

ある日キリヒトは 図書館の魔女・マツリカに仕えることになった。「ことば」 を操る彼女は 自分の声を持たない少女だった―。

かなりの長編ですが、こんなにも読み終わるのが名残惜しいと思った小説は他にありません。寝食を忘れて読みふけってしまいました。今まで読んだ小説の中でダントツの面白さです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
キリヒトとマツリカが好きすぎる。

これから初めて『図書館の魔女』を読む人が羨ましい。至福の読書時間を味わえます。

『図書館の魔女 上』高田大介【あらすじと感想】マツリカとキリヒトが奏でる指話の世界高田大介さん『図書館の魔女』1、2巻のあらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。めちゃくちゃ面白くて止まりませんでした。マツリカとキリヒトが愛おしくてたまらなくなりました。...

『新世界より』貴志祐介

呪力は神の力か、それとも―

あらすじ

子供たちは、大人になるために「呪力」を手に入れなければならない。一見のどかに見える学校で、子供たちは徹底的に管理されていた。いつわりの共同体が隠しているものとは―。何も知らず育った子供たちに、悪夢が襲いかかる。

貴志祐介さんのSFホラー小説。こちらも長編ですが、めちゃくちゃ面白いです。読み始めると止まらなくなりました。完璧な世界観です。ラストは怖くて震えがきました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
アニメも面白かった。
貴志祐介『新世界より 上』あらすじと感想 / 消えゆく子供たち貴志祐介さん『新世界より』上巻のあらすじと感想です。世界観がすごくて、かなり面白かったです。おすすめのSFホラー小説。最後までドキドキ・ハラハラの展開でした。...

『悪の教典』貴志祐介

もしも、学校の先生がサイコパスだったら?

あらすじ

ルックス抜群の英語教師、蓮実聖司は、生徒に人気の先生。しかし彼は、自分勝手なサイコパスだった・・・。もしも、学校の先生がサイコパスだったら? 戦慄のホラー小説。

サイコパスを扱ったホラー小説です。映画にもなっていますね。主人公・蓮実の爽やかキャラに あ然としました。徐々にサイコパスが発揮されてギョッとします。怖いけど 止まらない面白さがあります。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
怖くて夜に読めませんでした。
貴志祐介『悪の教典 上下』あらすじと感想/背筋まで凍りつくサイコパスの恐怖貴志祐介さんの小説『悪の教典 上下』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。もしも学校の先生がサイコパスだったら、弱肉強食の世界、『悪の教典』の面白さ、フギンとムニンについて書いています。...



『流星の絆』東野圭吾

3兄妹の絆を感じる物語

あらすじ

両親を惨殺されてから、14年後。3兄妹は助け合いながら生きていた。そんなある時、妹・静奈は資格詐欺に引っかかり・・・。

東野圭吾さんの小説は 登場人物がとても良いです。3兄妹の絆に心が温まりました。両親を惨殺した犯人を探すミステリー小説ですが、とても心に染みる。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ドラマもオススメです。
『流星の絆』東野圭吾【あらすじと感想】詐欺と兄弟の絆東野圭吾さんの小説『流星の絆』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ドラマと小説の比較、柱のお話についても書いています。ラストは衝撃でした。...

『超たぬき理論』東野圭吾

バカバカしさは正義!?

あらすじ

「タヌキには超能力がある!UFOの正体は文福茶釜である!」という説に命をかける男の話。

短編『怪笑小説』に収められている1話です。こじつけが凄くて、でも納得できてしまう。バカバカしいけど面白い。東野圭吾さんって天才!!と思った小説です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
これは読む価値あり。面白すぎました。
『超たぬき理論』(怪笑小説) 東野圭吾【あらすじと感想】タヌキに情熱を捧げた男東野圭吾さんの短編『超たぬき理論』(怪笑小説より) あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。くだらないけど笑える『超たぬき理論』、超能力説と文福茶釜、UFO説、常識が覆される瞬間、バカに出来ない理論について書いています。...

『風の古道』恒川光太郎

美しくて哀しいホラー・ファンタジー

あらすじ

7歳のときに初めて迷い込んだ未舗装の道に、友だちと再び足を踏み入れた。そこは大昔から日本にある特別な道だった。不思議な青年・レンに導かれながら家路を辿る途中でハプニングがおこる。友だちが拳銃で撃たれて死んでしまったのだ。彼らは友だちを蘇生させるために雨の寺へ向かうが・・・。

括りはホラーですが、ファンタジーのような1話。短編『夜市』の中に収められています。恒川光太郎さんが描く異世界が美しくて哀しい。一度よむとハマってしまいます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
宮崎駿さんのアニメを連想しました。

読後の余韻がなんとも言えないんです。哀しみに包まれるけど 心が澄みわたる。

「風の古道」 恒川光太郎『夜市』より【あらすじと感想】レンに会いたい!美しく懐かしい異世界恒川光太郎さん『夜市』より 「風の古道」 あらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。レンに会いたいなと思いました。ラストの哀しみの余韻が心地よかったです。...



『三月は深き紅の淵を』恩田陸

幻の本をめぐる小説

あらすじ

鮫島巧一は趣味が読書という理由で、会社の会長の別宅に二泊三日の招待を受けた。彼を待ち受けていた好事家たちから聞かされたのは、その屋敷内にあるはずだが、十年以上探しても見つからない稀覯本『三月は深き紅の淵を』の話・・・。

恩田陸さんの小説でダントツ好きなのが『三月は深き紅の淵を』です。本好きの人がたくさんでてきて、本を読むというのが日常という空気感がとても良い。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
共感できるんです。

誰も最後まで読んだことがない幻の本。気になりますよね?

『三月は深き紅の淵を』あらすじ・ネタバレ感想 「待っている人々」と読書について|恩田陸恩田陸さん『三月は深き紅の淵を』あらすじと感想です。第1章 「待っている人々」 がとても面白かったです。本を読むことの楽しさを実感した小説でした。...

『夢みる葦笛』上田早夕里

完璧な世界観に圧倒される!

あらすじ

妖しくも宝石のごとく魅力を放つ珠玉の傑作短編集。人工知性、地下都市、パラレルワールド、人の夢―。想像を超える全10編を収録。

上田早夕里さんのSF小説が好きです。世界観が重厚で完璧。『夢みる葦笛』は 10話の短編集。1冊でまったく違う世界観が楽しめます。どれも長編で読みたくなる面白さでした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
かなりハイレベルな小説。
『夢みる葦笛』上田 早夕里【あらすじと感想】誰も見たことがない驚異に満ちた世界上田早夕里さんの小説『夢みる葦笛』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。謎の生物・イソア、異星生物・プテロス、人工知性、 「アステロイド・ツリーの彼方へ」 について書いています。...

『ひとめあなたに・・・』新井素子

あと1週間で地球が滅びる!?

あらすじ

ある日、突然、恋人から別れを告げられた圭子。そして 「地球に隕石が衝突する」 という報道が流れた。圭子は彼に会いに 徒歩で練馬から鎌倉へ。道中、狂った様々な人たちと出会うのだった・・・。

SFではありません、ホラー小説です (念のため)。学生の頃読んで衝撃を受けました。チャイニーズスープの章が忘れられません。今まで何回も再読しましたが 一向に和らがない怖さ。・・・でも好き。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
新井素子さんの衝撃作です。
『ひとめあなたに・・・』新井素子【あらすじと感想】チャイニーズスープに絶句!地球最後の1週間新井素子さんのホラー小説『ひとめあなたに・・・』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。あなたの為にチャイニーズスープ、走る女、生きる意味について書いています。本の目次と登場人物をまとめました。...

『きらきらひかる』江國香織

純度100%の恋愛小説

あらすじ

私たちは10日前に結婚した。しかし、私たちの結婚について説明するのは、おそろしくやっかいである―。笑子はアル中、睦月はホモで恋人あり。そんな2人は全てを許し合って結婚した、筈だったのだが・・・。ちょっとかわった夫婦の日常を描いた物語。

アル中の妻とホモの夫の日常を描いた小説。お互いを傷つけあったりもしますが、愛することを全力で描いた1冊です。痛々しいけれど切なさと温かさが同時に感じられます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
笑子も睦月も紺くんも銀のライオンのようだ。
『きらきらひかる』あらすじ・ネタバレ感想|銀のライオンと純度100%の愛|江國香織江國香織さんの小説『きらきらひかる』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。危うい結婚生活と純粋な愛、銀のライオンについても書いています。...

こちらも面白かった小説5選

最後の最後まで悩んだ5冊も紹介します。こちらも面白かったです。

『星を継ぐもの』ジェイムズ・P・ホーガン

本格SF小説!

あらすじ

月面調査員が真紅の宇宙服をまとった死体を発見した。綿密な調査の結果、この死体は何と死後五万年を経過していることがわかった。果たして現生人類とのつながりはいかなるものなのか。やがて木星の衛星ガニメデで地球のものではない宇宙船の残骸が発見された・・・。

ホーガンの『星を継ぐもの』は 本格的なSF小説です。物語なのに事実かもしれない!? ・・・と思わせてくれる展開に目を見張りました。辻褄が合うんですよね。ラストは大いなる謎を解き明かしたスッキリ感を味わえます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
めちゃくちゃ面白かったです。
『星を継ぐもの』ジェイムズ・P・ホーガン【あらすじと感想】ルナリアンとミネルヴァの行方ジェイムズ・P・ホーガン『星を継ぐもの』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。チャーリー、月の裏側、月はどうやってできたのか、ガニメアン発見で深まる謎について書いています。...

『カラフル』森絵都

読みやすくて深い!

あらすじ

死んだはずのぼくの元に現れた天使。抽選に当たったおかげで 別の人の体にホームステイすることに・・・。

児童文学なので読みやすいです。世界は愛にあふれていると実感した1冊。疲れているときにオススメ。ハートフルで心が温まりました。大人にこそ読んでもらいたい小説です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
いつまでも人の優しさや愛を感じとれる人間でありたい。
『カラフル』あらすじと読書感想文・名言|愛にあふれた世界と天使のプラプラ|森絵都森絵都さん『カラフル』のあらすじと読書感想文です。小説の名言も書いています。世界は愛で溢れていてカラフル。いつも人の優しさや愛を感じれる人間でいたいなと思いました。結末は心が温かくなりました。...



『ねぎを刻む』江國香織

孤独と言えばコチラ

あらすじ

孤独は突然押し寄せる。気づいたときにはもう遅い。そんなとき、人はどうしているのだろう。『つめたいよるに』に収められている短編。

『つめたいよるに』に収められている短編です。これを読めば 「孤独」 ということがどういうことなのかわかる。孤独はあるとき突然やってくるんです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
悲しいときはたくさん悲しんで、泣きたい時は泣けばいい。

「孤独」 の対処法を教えてくれた1話。

『ねぎを刻む』江國香織【あらすじと感想】孤独と向き合う方法江國香織さんの小説 「ねぎを刻む」 あらすじと感想です。『つめたいよるに』に収録されている短編。「ねぎを刻む」 を読むだけで孤独がどういうことかわかる教科書のような物語でした。一心不乱に何かをすること、テーマ・孤独についても書いています。...

『白夜行』東野圭吾

東野圭吾さんの名作

あらすじ

大阪にある廃墟ビルで発見された男は、質屋を営む桐原亮司の父親だった。やがて事件は迷宮入りする。

亮司と雪穂が大好きです。亮司は警察にバレたとき 全てを一人で被る覚悟があったんだろうな。それに対して、「全然知らない人」 と言った雪穂の心情はどういったものだったんだろう。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
2人の心情が気になる。
『白夜行』東野圭吾【あらすじと感想】亮司と雪穂の心情東野圭吾さんの小説『白夜行』あらすじと感想です。雪穂のお店『R & Y』について、雪穂と亮司の心情が全く描かれていないことも書いています。ここまで登場人物の心情を理解しようと思った小説は他にはありません。...

『木曜組曲』恩田陸

徐々に明かされる真実にヒヤリ

あらすじ

小説家・重松時子が薬物死を遂げてから4年。時子に縁の深い女たちが今年もうぐいす館に集まり、彼女を偲ぶ宴が催された。なごやかな会話は 謎のメッセージをきっかけに、いつしか告発と告白の嵐に飲み込まれて・・・。

恩田さんの小説の中では『三月は深き紅の淵を』と同じくらい好きな小説です。こちらは物書きを生業としている女達が登場して、過去の事件を振り返るお話。心理戦ですね。ご飯も美味しそうだし、こういう心理戦の描写が恩田陸って感じがします。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
恩田さんが描くキャラが好き。
『木曜組曲』恩田陸【あらすじ&感想・レビュー】魅力的な登場人物、5人の女たち恩田陸さんの小説『木曜組曲』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。登場人物の魅力、次々と明らかになる真実、トマトと茄子のスパゲッティ、時子は自殺か他殺か?について書いています。...

名刺代わりの小説10選の中でダントツは『図書館の魔女』

名刺代わりの小説10選 (+5冊) でした。選ぶの楽しかったです。中でもイチオシなのが『図書館の魔女』。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
好きすぎて困る。

重厚な雰囲気と奥深さ。そこに描かれているのは濃密な 「ことば」 でした。言葉がテーマなのに、主人公のマツリカは 声を持たない少女。

言葉とは何か。

声を持たなくても言葉は存在するんですよね。ほんとうに、これから読む人が羨ましい。いつまでも浸っていたくなる、読み終わるのが勿体ない気持ちになります。

ぜひ 高田大介さんが描く言葉のファンタジーを味わってみてください。

ひつじくん。
ひつじくん。
文庫本で4冊、Kindleは合体本もあるよ。

こんな記事もあります

一気読み必須のおすすめ小説
面白くて一気読み!【徹夜本・おすすめ小説】2018年に読んだ本面白くて一気読み間違いなし、徹夜本オススメ小説&絵本を厳選しました。切なくて泣けるミステリー小説、アート小説、怖いけどクセになるホラー小説、大人にも読んでもらいたい学べる絵本などについて書いています。...
面白いおすすめSF小説
面白いから読んでみて!SF小説おすすめ|初心者にも読みやすい短編からハード長編まで面白いおすすめSF小説を厳選しました。初心者向け読みやすい日本のSF小説、ヒヤリとするホラーSF小説、ガッツリ読みたい海外ハードSF小説を紹介します。読書の参考に。...
読み始めたら止まらない!面白い小説15選読み始めたら止まらない面白い小説を厳選しました。ミステリー&ホラー、ファンタジー、古典、SF・・・と、おすすめの15冊です。面白すぎて一気読み必須です。ぜひ読書の参考にして下さい。...
最高に面白い 東野圭吾 おすすめ小説
【東野圭吾】読むならコレ!おすすめ・面白い小説|ミステリーからラブストーリーまで読むならコレ、最高に面白い!東野圭吾おすすめ小説を厳選して紹介します。東野圭吾さんの小説の魅力も書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら