おすすめ本特集

面白い小説&コミックおすすめ|2021年に読んでハマった本

面白い小説&コミックおすすめ

面白い小説&コミック

2021年に読んでハマった小説&コミックの中から、面白かった作品を厳選しました。1年間の総まとめです。

  • SF小説
  • ファンタジー&アート小説
  • ミステリー&ホラー小説
  • コミック(別館「アニメの缶づめ」より)
ひだまりさん。
ひだまりさん。
ジャンル別にまとめたよ。

今回は小説だけでなく、コミックも紹介します。

SF小説|読むのを止められなくなった本

まずは、面白すぎて読むのを止められなくなったSF小説をピックアップ。

ひつじくん。
ひつじくん。
どれも読みやすかったよ。

『存在しない時間の中で』山田宗樹

SFミステリー

あらすじ

ある日、若手研究者たちが主宰するセミナーに謎の青年が現れ、ホワイトボード23枚に及ぶ数式を書き残して姿を消した。誰も見たこともないその数式には、人類の宇宙観を一変させかねない秘密が隠されていた。つまり、この宇宙、そして世界の設計図を描いた〈何ものか〉が存在する可能性を示唆していたのだ。

山田宗樹さん『存在しない時間の中で』はSFミステリーです。もしもこの宇宙が「何者か」によって設計されたものだったとしたら?・・・と考えると怖くなりました。ヒヤリとするけど止まらなくなります。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
最初から最後までノンストップの面白さだったよ。

十次元は未知の世界すぎて想像もできないけど興味がわきました。こういうの、ワクワクするんですよね。

「存在しない時間の中で」感想文
『存在しない時間の中で』ネタバレ感想文・あらすじ|この世界は創られたもの?|山田宗樹山田宗樹さんのSF小説『存在しない時間の中で』あらすじとネタバレ感想文です。空が消えた「701」、クラウス問題、理数系ダメな私が興味をひかれた数学、心に響いた言葉、タイトルの意味と結末について書いています。...

『滅びの前のシャングリラ』凪良ゆう

一ヶ月後に地球が滅びる!?

あらすじ

一ヶ月後、小惑星が衝突し地球は滅びる。学校でいじめを受ける友樹、人を殺したヤクザの信士、恋人から逃げ出した静香。そして―荒廃していく世界の中で、四人は生きる意味を、いまわのきわまでに見つけられるのか。

凪良ゆうさん『滅びの前のシャングリラ』は、地球が滅びるまでの一ヶ月を描いた物語です。暴動がおきて、滅びる前に崩壊していく様子はヒヤリとしました。でも読後感は悪くなくてほっこり。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
地球が崩壊すると知ってから「幸せ」を掴んだ人々もいて、しんみりしちゃった。

こんな展開になって初めて日常のありがたみに気づくのかもしれませんね。できれば、もう少し早く気づきたいけど・・・。

滅びの前のシャングリラ
『滅びの前のシャングリラ』あらすじ・ネタバレ感想文・結末|崩壊した世界で見つけた幸せ|凪良ゆう凪良ゆうさんの小説『滅びの前のシャングリラ』あらすじとネタバレ感想文です。タイトルの意味、壊れた日常と世界、最後に見つけた幸せ、結末について書いています。...

『リフレイン』沢村凜

SF&社会派小説

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
あらすじ

一隻の船が無人の惑星に漂着したことからドラマは始まった。属す星も、国家も、人種も異なる人々をまとめあげたリーダーに、救援後、母星が断じた「罪」とは!?争いは人間の本能なのか?厳格な法なくして人は拳をおさめられないのか?

沢村凜さん『リフレイン』は、SF&社会派テーマを扱ったシリアスな物語。テーマは「人を殺めること」の是非です。無人惑星でのサバイバル生活で起きたことを元に、深く考えずにはいられない展開でした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
人を裁くことの重さを、ひしひしと感じたよ。

メリエラ星人の思想は心に刺さるものがありました。深くて面白かったです。

『リフレイン』感想文
『リフレイン』ネタバレ感想文・あらすじ|人を殺めることの是非とメリエラの理念|沢村凜沢村凜さんのSF小説『リフレイン』あらすじとネタバレ感想文です。無人惑星でサバイバル生活&「イフゲニア」の裁判、人を殺めることの是非、裁判の共通点、実は深いメリエラの理念について書いています。...

『三体Ⅲ 死神永生』劉慈欣

三体シリーズ完結編

著:劉 慈欣, 翻訳:大森 望, 翻訳:ワン チャイ, 翻訳:光吉 さくら, 翻訳:泊 功
あらすじ

三体世界の太陽系侵略に対抗すべく立案された地球文明の切り札「面壁計画」。その背後で極秘の仰天プランが進んでいた。侵略艦隊の懐に、人類のスパイをひとり送る「階梯計画」を実現に導いたのは、若き航空宇宙エンジニアの程心(チェン・シン)。計画の鍵を握るのは、学生時代、彼女の友人だった孤独な男・雲天明(ユン・ティエンミン)。2人の関係が宇宙全体の運命を動かすとは、まだ誰も知らなかった・・・。

劉慈欣さん『三体Ⅲ 死神永生』(三体シリーズ完結巻)は、まさに宇宙スケールの面白さ。次元、低高速ブラックホール、光速、宇宙都市、光墓、長方形膜状物体、小宇宙空間・・・など、SF要素がてんこ盛りです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
次元に興味がわいたよ。

「三体」3部作は巻が増すごとに面白さ倍増ですね。原題だと「地球往事」3部作で、最終巻においては「地球往事」シリーズというのがしっくりきました。

『三体Ⅲ 死神永生』
『三体Ⅲ 死神永生』ネタバレ感想文・あらすじ|タイトルの意味、宇宙の真相を解説|劉慈欣劉慈欣さんのSF小説『三体Ⅲ 死神永生』あらすじとネタバレ感想文です。タイトルの意味を考察&解説、階梯計画と天明の贈り物、崩壊した三体、暗黒森林攻撃回避のプロジェクト、マジック・リングの崩壊、次元と紙切れ、宇宙の真相について書いています。...

ファンタジー&アート小説|面白くて一気読み

続きまして、ほぼ一気に読んだファンタジー&アート小説です。

ひつじくん。
ひつじくん。
ぼくもハマった。

『黄金の王 白銀の王』沢村凜

骨太ファンタジー小説

あらすじ

翠(すい)の国は百数十年、鳳穐(ほうしゅう)と旺厦(おうか)という2つの氏族が覇権を争い、現在は鳳穐の頭領・穭(ひづち)が治めていた。ある日、穭は幽閉してきた旺厦の頭領・薫衣(このえ)と対面する。生まれた時から「敵を殺したい」という欲求を植えつけられた2人の王。彼らが選んだのは最も困難な道、「共闘」だった。

沢村凜さん『黄金の王 白銀の王』は、百数十年かけて争ってきた2つの氏族の頭領が「共闘」して国を作っていく物語です。面白すぎて時間を忘れて読みふけりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
2人の頭領が素敵なキャラだよ。

「なすべきこと」をなしてきた2人は、とても魅力あふれる人物。さまざまな葛藤に心が痛みました。でも読了感は悪くないです。

『黄金の王 白銀の王』読書感想文
『黄金の王 白銀の王』ネタバレ感想文・あらすじ|骨太ファンタジー小説|沢村凜沢村凜さんのファンタジー小説『黄金の王 白銀の王』あらすじ・ネタバレ感想文です。統べる王と囚われの王の共闘、薫衣(このえ)の戦略、穭(ひづち)の葛藤、迪学の教え、憎い相手と一番分かり合える相手について書いています。...

『ソードアート・オンライン プログレッシブ1』川原礫

SAOスピンオフ小説

あらすじ

茅場晶彦によるデスゲームが開始されて一ヶ月。この超難度のVRMMO内で犠牲になったプレイヤーは二千人にも及んだ。“ソロ”として戦うキリトは、会議場に向かう中途で、最前線では珍しい女性プレイヤーと出会う。強力なモンスター相手にレイピア一本で戦い続ける彼女は、あたかも夜空を切り裂く“流星”のようで―。

川原礫さん『ソードアート・オンライン プログレッシブ1』は、アインクラッド篇を一層ずつ丁寧に描きなおした、本編SAO(1、2巻)のスピンオフ小説です。SAOアインクラッド好きにはたまらないストーリーでした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
アスナ目線でも描かれていたよ。

アインクラッドの世界観が広がります。本編とは少し違うけど、アナザーストーリーとして読むのなら◎

ソードアート・オンライン プログレッシブ1
『ソードアート・オンライン プログレッシブ1』ネタバレ感想文・あらすじ|星なき夜のアリア|川原礫川原礫さんの小説『ソードアート・オンライン プログレッシブ1』あらすじとネタバレ感想文です。「SAO」と「SAOP」の違い、「星なき夜のアリア」キリトとアスナの出会い&黒の剣士誕生秘話、「ヒゲの理由」情報屋・鼠のアルゴ、「儚き剣のロンド」鍛冶職人の少年・ネズハについて書いています。...

『リボルバー』原田マハ

ゴッホ×ゴーギャン

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
あらすじ

パリ大学で美術史の修士号を取得した高遠冴は、小さなオークション会社CDC(キャビネ・ド・キュリオジテ)に勤務している。冴の元にある日、錆びついた一丁のリボルバーが持ち込まれた。それはフィンセント・ファン・ゴッホの自殺に使われたものだという。ゴッホは、ほんとうに自ら命を絶ったのか?

原田マハさん『リボルバー』は、ゴッホを主軸にゴーギャンを描いた物語。なんとゴッホを撃ち抜いたリボルバーが出てきちゃうんです。ミステリー仕立てで面白い展開でした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
アートに詳しくなくても楽しめるよ。

2人の人生に思いを馳せたくなります。ゴッホ「ひまわり」や、ゴーギャン「我々はどこから来たのか?我々は何者なのか?我々はどこへ行くのか?」を鑑賞したくなりました。

「リボルバー」感想
『リボルバー』ネタバレ感想文・あらすじ|ゴッホとゴーギャンを描いたアート小説|原田マハ原田マハさんの小説『リボルバー』あらすじとネタバレ感想文です。ゴッホを撃ち抜いたリボルバー、犯人はゴーギャン!?浮上した他殺説、「ヴァエホの肖像」「我々はどこから来たのか?我々は何者なのか?我々はどこへ行くのか?」「ひまわり」について書いています。...

ミステリー&ホラー|怖いけどハマった小説

ミステリー&ホラー小説より、怖くてヒヤリとしたけど面白かった本を厳選。

ひつじくん。
ひつじくん。
読んでみて。

『闇祓』辻村深月

「闇ハラスメント」の恐怖

あらすじ

「うちのクラスの転校生は何かがおかしい―」クラスになじめない転校生・要に、親切に接する委員長・澪。しかし、そんな彼女に要は不審な態度で迫る。唐突に「今日、家に行っていい?」と尋ねたり、家の周りに出没したり……。ヤバい行動を繰り返す要に恐怖を覚えた澪は憧れの先輩・神原に助けを求めるが―。

辻村深月さん『闇祓(やみはら)』は、「闇ハラスメント」の恐怖が描かれたホラー小説です。「闇ハラスメント」は辻村さんの造語だけど、本当にありそうな言葉・・・。怖かったです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
今のところ、私の周りにはいないからホッとした。

自分の思いを一方的に相手に押しつける行為は「闇ハラ」にあたるかもしれません。・・・ご注意を。

「闇祓」感想文
『闇祓(やみはら)』ネタバレ感想文・あらすじと結末|恐怖の闇ハラスメント|辻村深月辻村深月さんの小説『闇祓』あらすじとネタバレ感想文・結末です。「闇ハラスメント」の恐怖、マウンティングし合う女たち、相手にかけてほしい言葉、神原家の正体と関わった人々の末路について書いています。...

『テスカトリポカ』佐藤究

クライムノベル

あらすじ

メキシコの麻薬密売人バルミロ・カサソラは、抗争の果てにメキシコから逃走し、日本人の臓器ブローカーと出会った。川崎に生まれ育った天涯孤独の少年・土方コシモはバルミロと出会い、知らぬ間に彼らの犯罪に巻きこまれていく―。海を越えて交錯する運命の背後に、滅亡した王国〈アステカ〉の恐るべき神の影がちらつく。人間は暴力から逃れられるのか。

佐藤究さん『テスカトリポカ』は、アステカ神話を絡めたクライムノベル(犯罪小説)です。恐ろしすぎて背筋が凍りました。悪夢を見ているかのような読書体験だったけど、読みごたえがあります。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
『テスカトリポカ』がすごいのは、現実に信仰されていたアステカ神話や儀式を絡めているところ。

かなり残虐なシーンが多くて息が止まりました。・・・この時代のアステカに生まれなくて良かったです。

『テスカトリポカ』感想文
『テスカトリポカ』ネタバレ感想文・あらすじ|アステカ神話×クライムノベル|佐藤究 われらは彼の奴隷。 佐藤究さんの小説『テスカトリポカ』読書感想です。何というか、すごかった。正直、これが直木賞受賞作なの...

『まだ人を殺していません』小林由香

切なくて号泣!

あらすじ

「悪魔」の子と噂される少年、良世。事故で娘を失った過去を持つ翔子は、亡くなった姉の形見である息子を預かり育てることになるが、良世は掴みどころがなく何を考えているかもわからない。不気味な行動も多いなか翔子は子供を育てることに自信が持てず不安は募るが…。

小林由香さん『まだ人を殺していません』は、親の罪を背負う子どもが描かれたミステリー小説です。タイトルの「まだ」という言葉にヒヤリとしました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
タイトルに不穏さを感じたものの、読後は重く響いたよ。

小林さんの小説は心に刺さります。悲しい物語だけど、「救済」も描かれているから心が温まるんですよね。・・・号泣でした。

まだ人を殺していません
『まだ人を殺していません』ネタバレ感想文・あらすじ|号泣!切ないミステリー|小林由香小林由香さんの小説『まだ人を殺していません』あらすじとネタバレ感想文です。子が背負った親の罪、「悪魔の子」良世、切ない言葉、救いを感じた言葉、タイトルが重く響いたラストについて書いています。切なくて号泣しました。...

コミック|何度もくり返し読みたい本

2021年はコミックも何冊か読みました。その中からくり返し読んだ本をピックアップ。 詳しいレビューは別館『アニメの缶づめ』へ。

ほのか。
ほのか。
『アニメの缶づめ』ほのかです。ここからは私が紹介するよ。

『少女終末旅行』つくみず

終末世界での旅路

あらすじ

文明が崩壊した後の終末世界。主人公のチトとユーリは半装軌車のケッテンクラートで廃墟都市をさまよい、その上層を目指してひたすら移動を続ける。さまざまな文化・宗教・兵器の痕跡の発見や、道中で出会ったごくわずかな生存者との交流を経て最上層を目指す。

全6巻完結

つくみずさん『少女終末旅行』の舞台は、崩壊した終末世界。そこで2人の少女が最上層を目指して、ひたすら旅をする物語です。ほのぼのと進んでいくけど、心にグサグサ刺さるものがありました。

ほのか。
ほのか。
「生」と「死」など、さまざまなメッセージが込められたコミック。
ひだまりさん。
ひだまりさん。
アニメ化もされてるよね。

私はアニメから入って、その世界観とほのぼのした雰囲気に魅了され、コミック全巻読了です。

『勇者アバンと獄炎の魔王1』芝田優作

『ダイの大冒険』スピンオフ

あらすじ

ハドラー率いる魔王軍が世界を襲う。侵略を阻止せんとカール王国と王女フローラが立ち向かう。そこには若きアバンの姿も!もうひとつの勇者物語、いま開幕!

2021年12月現在、3巻まで刊行

芝田優作さん『勇者アバンと獄炎の魔王1』は、アバン先生の勇者時代のストーリーです。『ダイの大冒険』のスピンオフなのに完璧なストーリー展開で、本編と言っても過言ではない作品。胸が熱くなりました。

ほのか。
ほのか。
アバン好きには、間違いなく刺さるよ。

アバンストラッシュが完成するまでの秘話や、これから展開されるであろうハドラーとの戦いが読めちゃいます。これは読むしかないでしょ。

『東京BABYLON(バビロン)』CLAMP

ダークファンタジー

あらすじ

皇昴流は人々を呪いや怨霊から守る陰陽師一族の若き当主。皇家に敵対する強大な力を持ち、かつ残忍な暗殺集団といわれる桜塚護(さくらづかもり)の跡取りで獣医師の桜塚星史郎。絶対に相容れない一族同士のはずが星史郎は常に昴流と行動を共にし、優しく振舞う。やがて星史郎の目的が明らかに・・・。

全7巻完結(愛蔵版全3巻)

CLAMP『東京BABYLON(バビロン)』は、陰陽師を扱ったダークファンタジーです。昴流と星史郎の関係、そこに北都ちゃんも加わり気になる展開に・・・。あらためて再読したのだけど、やはり衝撃で面白い。かなりの鬱展開です。

ほのか。
ほのか。
はじめて読んだときは「桜の下に埋まっているもの」にトラウマになった。

全7巻(愛蔵版だと全3巻)完結だけど、未完のCLAMP作品『X』にて昴流と星史郎の対決が描かれています。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
『X』も面白かったよ。未完のまま休止だから続きが気になるけど。

2021年に読んでハマった本まとめ

2021年に読んだ小説&コミックより、面白くてハマった本を紹介しました。

紹介した本
  • 『存在しない時間の中で』
  • 『滅びの前のシャングリラ』
  • 『リフレイン』
  • 『三体Ⅲ 死神永生』
  • 『黄金の王 白銀の王』
  • 『リボルバー』
  • 『ソードアート・オンライン プログレッシブ1』
  • 『闇祓』
  • 『テスカトリポカ』
  • 『まだ人を殺していません』
  • 『少女終末旅行』コミック
  • 『勇者アバンと獄炎の魔王1』コミック
  • 『東京BABYLON(バビロン)』コミック

イチオシは沢村凜さんのファンタジー小説『黄金の王 白銀の王』です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
私、ファンタジー小説好きかも・・・と再認識したよ。
Kindle本を読むなら

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)もおすすめ。Amazonが提供している書籍読み放題サービスです。

  • 200万冊以上が読み放題(小説やビジネス書、雑誌、コミックなどいろんなジャンルが対象)
  • お好きな端末で読める
  • 30日間の無料体験あり(初めてご利用の方。期間終了後は月額980円)

公式ページ

私も愛用しているKindle端末はこちら→Kindle Paperwhiteレビュー・メリットとデメリット|読書が快適になるアイテム

読書初心者向け、読みやすいミステリー&推理小説
【読みやすいミステリー&推理小説】読書初心者におすすめ!面白い本を厳選 読みやすいミステリー&推理小説 〈読書初心者向け〉読みやすくて面白かった本を、小説大好きな私がご紹介。迷わず読んでほしいミステリ...
感動必須!絶対泣ける小説
感動必須!絶対泣ける小説|ファンタジー・SF&ミステリー感動間違いなし、絶対泣ける小説を集めました。切なくて号泣&ほっこりと心温まるファンタジー、SF、シリアスなミステリー小説。どれも面白くておすすめです。読みやすい本ばかりでした。...
小説好きな私がどハマリした本
読んでよかった小説|これは面白い!2020年、小説好きな私がどハマリした本小説好きな私がどハマリした、読んでよかった本を厳選しました。SF小説、泣ける感動作、田中芳樹の巨編、中山七里のミステリー、太田愛のミステリー&ファンタジーです。どれも最高に面白かったのでおすすめです。...