ミステリー・サスペンス

『テスカトリポカ』ネタバレ感想文・あらすじ|アステカ神話×クライムノベル|佐藤究

『テスカトリポカ』感想文
この記事に書かれていること
  • 『テスカトリポカ』あらすじと感想文
  • メキシコの麻薬密売人・バルミロ
  • アステカ神・テスカトリポカと、いけにえの儀式
  • バルミロに出会ったコシモと臓器ビジネス
  • コシモとパブロの絆、救いのラスト

ネタバレあります。ご注意ください。

われらは彼の奴隷。

佐藤究さんの小説『テスカトリポカ』読書感想です。何というか、すごかった。正直、これが直木賞受賞作なのにはびっくりしました。

イヤ、値する作品なのは間違い面白さ&緻密さ&上手さなんだけど、内容が内容だけに。

暴力、暴力、暴力、麻薬、暴力、臓器ビジネス、暴力・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
すごくて言葉を失うよ。

恐ろしすぎて背筋が凍りました。悪夢を見ているかのような読書体験です。私は一気に読めませんでした。読みやすいけど時間がかかってしまいました。

『テスカトリポカ』あらすじ・評価

クライムノベル!

あらすじ

メキシコのカルテルに君臨した麻薬密売人のバルミロ・カサソラは、対立組織との抗争の果てにメキシコから逃走し、潜伏先のジャカルタで日本人の臓器ブローカーと出会った。二人は新たな臓器ビジネスを実現させるため日本へと向かう。川崎に生まれ育った天涯孤独の少年・土方コシモはバルミロと出会い、その才能を見出され、知らぬ間に彼らの犯罪に巻きこまれていく―。海を越えて交錯する運命の背後に、滅亡した王国〈アステカ〉の恐るべき神の影がちらつく。人間は暴力から逃れられるのか。

『テスカトリポカ』ネタバレ感想文|アステカ神話×クライムノベル

『テスカトリポカ』は、アステカ神話を絡めたクライムノベル(犯罪小説)です。

暴力や麻薬が普通に日常化していて、果ては臓器(心臓)ビジネスまで発展していく恐ろしいストーリーでした。・・・まるで終わりがない悪夢。

それだけでなく、アステカ神話を絡めているのがこの小説のより怖い(すごい)ところなんですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
いちばん興味をひいたのがアステカ神話と儀式だった。

アステカ神「テスカトリポカ」を崇めているバルミロと、純粋な青年コシモが主軸となっていました。

物語の舞台はメキシコ→ジャカルタ→日本・・・と壮大です。バルミロに出会ったことで人生が狂う人、多数。

ひつじくん。
ひつじくん。
恐るべし、バルミロ。

メキシコの麻薬密売人・バルミロ|おれたちは家族

『テスカトリポカ』は登場人物が多くて、序盤に出てくるルシアが主人公?と思いきや、違うんですよね。

メキシコの麻薬密売人・バルミロと、ルシアの息子・コシモの2人が主軸(主人公)です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
バルミロがめちゃめちゃ怖かった。

麻薬密売組織の抗争で、相対するドゴ・カルテルに家族を殺されたバルミロは復讐を誓います。メキシコ、ジャカルタ、最終的には日本へ。

ソモス・ファミリア(おれたちは家族)

彼は自分の組織で信頼できる人たちをファミリア(家族)と位置づけ、裏切り者には容赦なく報復をする冷酷な人物です。

ひつじくん。
ひつじくん。
アステカ神話を絡め、「いけにえの儀式」を用いての報復がめちゃめちゃ怖い。

バルミロにとっては当たり前のこと、良いこととして儀式が行われます。神聖的なものとして。

家族を裏切った奴の心臓は、おれたちの手でえぐりだす

生きたまま心臓を・・・。

夜と風、双方の敵、偉大な神よ。裏切り者の心臓をあなたに差しだします。われらは彼の奴隷

かなり残虐なシーンが多くて息が止まりました。でもこの儀式は、かつて本当に行われていたものなんですよね。それこそ、アステカでは当たり前のように・・・。

〈アステカ〉神・テスカトリポカと、いけにえの儀式

本のタイトル『テスカトリポカ』は、アステカ神を指しています。

永遠の若さを生き、すべての闇を映しだして支配する、煙を吐く鏡(テスカトリポカ)

煙を吐く鏡。ナワトル語の tezcatl(鏡)、poca(煙る)で Tezcatlipoca(テスカトリポカ、煙を吐く鏡)。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
アステカ神話についてはよくわからなかったけど、本のイラストが禍々しい・・・。

インパクト強いですね。本を読んだあとに見るとなおさら禍々しさが増します。

アステカでは太陽は消滅するという終末信仰がありました。いけにえを捧げることで太陽の消滅を先延ばしにできると信じられていたのです。

儀式は正午をすぎてもつづけられ、まるで終わる気配を見せなかった。いけにえはひたすら殺されていった。神々に血と心臓を差しだし、宇宙の食べ物となるのはすばらしいことだった

いけにえの儀式は、すばらしいこと

こんなありえない儀式がまかり通っていた現実にギョッとしました。人々の信仰を否定するつもりはないけど、この時代のアステカに生まれなくて良かったです。

小説『テスカトリポカ』のすごさは、現実に信仰されていたアステカ神話や儀式を絡めているところ。

ノンストップな犯罪小説でも読みやすくて、恐ろしいけど先を読まずにはいられない魅力がありました。

バルミロに出会ったコシモ|臓器ビジネスの始まり

ジャカルタで、バルミロと末永(外科医)が出会ってしまったのが臓器ビジネスの始まりです。

子どもの心臓を商品とした臓器ビジネス。

舞台はジャカルタから日本へ。そのビジネスのために殺し屋を育てたりするのは、ちょっと現実離れしているような気がしないでもない・・・。

バルミロを主軸として物語が進むなかで、コシモの視点でも描かれていました。いずれ2人は出会うんだろうな・・・、できれば出会ってほしくないなと願いながら読んでいました。

ひつじくん。
ひつじくん。
その願いはみごとに打ち砕かれたけど。

不運な幼少期をすごして、何も学ばないまま青年になってしまった子どものままのコシモ。冷酷非道な登場人物が多い中で、彼の存在は癒やしでした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
コシモのゆく末が気になって、後半は読むのを止められなかった。

Koshimo y Pablo|ラストは救いも・・・コシモとパブロの絆

最初から最後まで暴力の世界だったけど、だからこそ輝いていたものがありました。

Koshimo y Pablo、コシモとパブロの絆です。

リカッソに彫られた「Koshimo y Pablo」の刻印に、パブロを慕うコシモの純粋さが感じられました。パブロはコシモの師です。

バルミロと出会ったことで犯罪に手を染めたパブロは、まだ何も知らないコシモの身を案じているんですよね。案じながら、何もできないことに絶望を感じてもいます。

パブロの心配をよそに、純粋に彼を慕うコシモの気持ちがリカッソの刻印に現れていました。

ひつじくん。
ひつじくん。
最後にパブロは、コシモに真実を話すんだ。

バルミロのファミリア(家族)として認められていたコシモに対して、バルミロの残虐性を・・・。そして、コシモも囚われていたアステカ信仰に対して真逆のことを。

パブロが言ったキリスト信仰の一節が心に刺さりました。マタイによる福音書の九章十三節です。

『わたしが求めるのは憐れみであって、いけにえではない』とはどういう意味か、行って学びなさい

この一節、アステカ信仰をずっと読んできた私にも救いになりました。神はいけにえなんて求めない・・・ですよねー。ホッとします。

それにしても信仰は深い。

何を信じるかで、人は非道にも残虐にもなる。『テスカトリポカ』は、そういう怖さを感じた小説でもありました。

『テスカトリポカ』を無料で聴こう

Audible

『テスカトリポカ』を読むなら、本を聴く「Audible」もおすすめ。新規登録でお好きな本を1冊無料で聴けます!

  • 30日間の無料トライアルあり(月額1,500円、期間中に解約すれば無料)
  • 毎月1冊好きな本+月替りのボーナスタイトル→合計2冊聴ける
  • プロの朗読だから聴きやすい(サンプルも聴ける)
  • 購入した本は、Audible退会後も聴ける

特典を詳しくみる

Audible公式サイト

一度は読むべき面白かったミステリー&ホラー小説
【本当に面白い】一度は読むべき本|ミステリー&ホラー小説おすすめ人生で一度は読むべき!本当に面白いミステリー&ホラー小説を厳選しました。私を読書沼に落とした名作本です。読みやすいから初心者にもおすすめ。...
読書初心者におすすめ!読みやすい小説
【読書初心者におすすめ】読みやすい小説|サクサク読めて面白い本を厳選!読書初心者におすすめ小説。面白くてサクサク読める、読みやすい小説を集めました。心温まる感動作、短編・連作短編、SFとミステリーを紹介しています。...
Audibleおすすめミステリー&ホラー小説
【Audible】ミステリー&ホラー小説おすすめ|面白い、聴くべき本を厳選|聴く読書『聴く読書』Audible(オーディブル)で聴けるミステリー&ホラー小説を集めました。どれも面白くてハマった本です。...