SF・ファンタジー

貴志祐介『新世界より 上』あらすじ・感想文|消えゆく子供たち

この記事に書かれていること
  • 貴志祐介さん『新世界より』上巻あらすじと感想文
  • 誰もがひきこまれる世界観
  • 不思議な生物
  • 消えていく生徒たち
  • 過去の歴史

少しだけネタバレあります

ここは汚れなき理想郷のはずだった

貴志祐介さんの小説『新世界より』上巻の感想です。『新世界より』はおすすめSF小説という括りで誰もが挙げる1冊。相当、面白いらしいぞ・・・と前から気になっていました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ほんとうに面白い。・・・いえ、面白すぎた!!

『新世界より』簡単なあらすじ

読み始めたら止まらない!

あらすじ

子供たちは、大人になるために「呪力」を手に入れなければならない。一見のどかに見える学校で、子供たちは徹底的に管理されていた。いつわりの共同体が隠しているものとは―。何も知らず育った子供たちに、悪夢が襲いかかる。

『新世界より』ネタバレ感想文

世界観がすごい!!

『新世界より』ハマリました。私が読んだのは単行本の上下巻です(文庫本は上中下巻の3冊)。はじめこそ世界観を掴むのに戸惑ったけど、だんだんハマっていく自分がいて。ページをめくる手が止まりません。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
最近よんだ本の中ではダントツの面白さ。

誰もがひきこまれる世界観

『新世界より』舞台は、1000年後の日本。

神栖(かみす)66町で暮らす渡辺早季が、過去に起こったことを回想しながら進んでいきます。

科学より超能力が発達した世界。呪力という特殊な力を持った人々が登場しました。サイコキネシスのような一種の超能力ですね。

そこで語り継がれる業魔と悪鬼とは何なのか。・・・ヒヤリとする怖さと謎が目を引きました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
不思議な生物たちが気になる。中にはゾワゾワっとするものもいるけど。

不思議な生物

不思議な生物たち

風船犬、フクロウシ、ミノシロ、カヤノスヅクリ、ネコダマシ (不浄猫)、バケネズミ・・・。

不思議な生物たちが独特。人が呪力を身につけたことで発生したものたちです。上巻も下巻もバケネズミとの争いが描かれていてスリリングな展開でした。

一番気になったのはミノシロモドキ。

ミノシロモドキ

ミノシロを模した生物。別名、悪魔のミノシロ。国立国会図書館を名乗る自走型情報端末。

ひつじくん。
ひつじくん。
生物の形をした情報端末!?しかも国会図書館の。

生き物なのに端末って面白いですよね。早季たちは、このミノシロモドキによってタブーとされていた歴史を知ることになるのです。

このミノシロモドキ、ちょっと欲しいかも。かなりぶっ飛んだ世界がハラハラドキドキでした。

一見、理想郷のような世界だけど何かがおかしい・・・ということに気づきます。そこにあるのは得体の知れない恐怖でした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
このホラー感が良いんだよね。

消えていく生徒たちと消された記憶

八丁標(はっちょうじめ)で囲まれた神栖66町。八丁標とは、しめ縄のことです。その内側は身を守るために結界が張られている。何から身を守っているんだろうと得体の知れない恐怖を抱きました。

そして学校から生徒が消えていく・・・。

早季の友達の真理亜、瞬、覚、麗子、守。彼らは小学校・和貴園で一緒のグループでした。はじめは麗子が、次は・・・。

麗子という存在が子どもたちの記憶から消されていて不気味。何かが狂っています。

ひつじくん。
ひつじくん。
それが何なのか分からないから続きが気になるんだ。

タブーとされた過去の歴史

いなくなった麗子以外の5人は、学校の行事で夏季キャンプへ・・・。規則を破り立ち入ってはならない場所で、タブーとされた過去の歴史を知ってしまうのです。

呪力を持った人間と、持っていない人間との争い、その末に誕生した今の社会。伝説とされていた悪鬼と業魔について。

今の社会は、悪鬼と業魔を防ぐことだけを目的に作られている―

大人への不信感が芽生え何かがおかしいと感じ始める彼ら。ここでも私は得体の知れない恐怖を感じました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
大人たちは何かを隠している?

悲しい別れ、そして下巻へ・・・

上巻のラストが悲しかったです。

瞬が・・・。

少し残酷で、でも面白くてすぐ下巻を読み始めました。本当にすごい物語ですね。レビューは下巻に続きます。

『新世界より 下』あらすじ・ネタバレ感想文と結末|バケネズミの正体|貴志祐介貴志祐介さん『新世界より』下巻のあらすじと感想です。ネタバレも少しだけあります。悪鬼に怯えながら呪力を手にした人々が暮らす世界。ユートピアならぬディストピアでした。...
Kindle本を読むなら

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)もおすすめ。Amazonが提供している書籍読み放題サービスです。

  • 200万冊以上が読み放題(小説やビジネス書、雑誌、コミックなどいろんなジャンルが対象)
  • お好きな端末で読める
  • 30日間の無料体験あり(初めてご利用の方。期間終了後は月額980円)

公式ページ

私も愛用しているKindle端末はこちら→Kindle Paperwhiteレビュー・メリットとデメリット|読書が快適になるアイテム

【貴志祐介おすすめ小説】迷ったらコレを読むべき!間違いなく面白いホラー小説6選貴志祐介さんのホラー小説の中で特にオススメを厳選しました。怖すぎるサイコパスもの、切なくて泣ける小説、面白すぎた長編SFなどをご紹介。簡単なあらすじと感想も書いています。...
一気読み必須のおすすめ小説
面白くて一気読み!徹夜本・おすすめ小説|ミステリー、SF、ホラー作品面白くて一気読み間違いなし、徹夜本オススメ小説&絵本を厳選しました。切なくて泣けるミステリー小説、アート小説、怖いけどクセになるホラー小説、大人にも読んでもらいたい学べる絵本などについて書いています。...
本と言葉にまつわる小説と絵本
本好きにおすすめ「本」と「ことば」にまつわる小説&絵本本好きにオススメの「本」と「ことば」 にまつわる小説や絵本を厳選しました。『なかなか暮れない夏の夕暮れ』『本を守ろうとする猫の話』『三月は深き紅の淵を』『熱帯』『囀る魚』『星の民のクリスマス』『真昼の夢』『あるかしら書店』『舟を編む』『図書館の魔女』『ことばのかたち』『言葉屋 言箱と言珠のひみつ』などを紹介しています。...

アニメのレビュー

こちらは読んだ?