ミステリー・サスペンス

『流星の絆』東野圭吾【あらすじと感想】詐欺と兄弟の絆

俺たち3人は繋がっている。

東野圭吾さん『流星の絆』感想です。好きな本の1つです。東野作品はどれも面白く好きなのですが、特にこの流星の絆はくり返し何度も読んでいます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
登場人物が好き。

『流星の絆』あらすじ

涙があふれる衝撃の真相

『流星の絆』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
両親を惨殺されてから、14年後。3兄妹は助け合いながら生きていた。そんなある時、妹・静奈は資格詐欺に引っかかり・・・。

『流星の絆』感想

面白いです。この小説はドラマにもなっていて、脚本は宮藤官九郎さんが手掛けていました。一味違った作品になっています。小説もドラマも両方好きです。

ドラマの方はコメディ感が強く、それはそれで面白く見てました。詐欺を繰り返す場面では、一つのショートストーリーになっていてわかり易かった。感動あり笑いありといった感じです。

小説の方はもう少し重く心にズシっとくるものがあります。3兄弟の受けた傷に心が沈み、それでも必死に生きていく様子には感動を覚えました。

『流星の絆』は 兄弟の絆と愛をテーマとした物語になっています。

東野さんが描く3人は魅力があり、いいなと思いました。私はお兄ちゃんがいないので、こんなお兄ちゃんがいたら嬉しいなと思いながら読んでいました。羨ましいです。

静奈が行成に恋心を抱き、2人のシーンは切ない気持ちになりました。両親を殺した仇の息子かもしれない。静奈の心の葛藤が描かれていて、なんとも言えない気持ちになります。

中でも印象に残っているシーンがあるのですが、それは「柱」の話です。ドラマでは静奈の記憶にある話になっていますが小説では行成が話します。

柱のお話

洋食屋に一組のカップルがいて 男性は女性に指輪を渡そうとします。まだ小さかった行成がその様子を見ているのですが、柱が間にあり男性の表情は見えませんでした。もし柱がなければ、その男性は周りの視線が気になって女性に指輪を渡すことが出来なかったかもしれません。柱というのは一見ジャマなようでいて プライバシーを守ってくれる大切なものだというお話です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
心温まりますね。

ラストは衝撃でした。犯人はあの人だったんだ・・・。功一のやるせなさが伝わり心が痛くなります。そして最後の静奈と行成のシーンでは涙し、良かったね・・・と姉のような気持ちで読んでいました。兄弟っていいですね。

こちらもオススメ

東野圭吾『ダイイング・アイ』あらすじと感想(ネタバレあり)瑠璃子の正体は!? 結末は怖くて衝撃だった東野圭吾さんのミステリー小説『ダイイング・アイ』のあらすじと感想です。ネタバレもあります。WOWOWのドラマで謎の女・瑠璃子を高橋メアリージュンさんが演じます。結末は怖かったけど面白い小説でした。...
ジェンダーを描いた『片想い』東野圭吾【あらすじと感想】悲しき結末とメビウスの帯オレは男だったんだ。ずっと前から。東野圭吾さん『片想い』WOWOWドラマ化されました。読んだのかなり昔だったから記憶が曖昧でした ^_^...
『恋のゴンドラ』東野圭吾【あらすじと感想】ゲレンデのラブコメと面白すぎる結末この恋の行方は―。東野圭吾さん『恋のゴンドラ』。東野さんのラブコメです。どうなの?と思いながら読み始めたのですが、面白くて一気読みしちゃ...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA