懐かしの教科書・古典

『きつねの窓』安房 直子 / 桔梗の花と窓に映った愛

桔梗の花で青く染めた指。そこに映ったものは―

安房 直子さん『きつねの窓』。
安房さんの代表作で、多くの人に読まれている物語だと思います。小学校の国語の教科書に載っていて、私が初めて安房直子さんの童話に出会ったのもその頃でした。

『きつねの窓』あらすじ

心がほんのりと温かくなる、ちょっぴりせつない物語。

『きつねの窓』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
山で道に迷った男は、キツネの「そめもの ききょうや」にたどり着きます。指をききょうの花で青色にそめてもらいました。その指で窓をつくってみたら・・・。

『きつねの窓』感想

私の大好きな物語です。小学生の時に初めてよんで、安房さんが好きになりました。とても思い入れのある物語なんです。

青く染めた指

桔梗の花で指を染めると・・・。

桔梗の花で指を青く染めて、その指でひし形の窓をつくると昔亡くなった母ぎつねの姿が映る。

・・・なんとも切なく不思議なお話です。
そして道に迷った男も指を青く染めてもらいます。そこに映ったのは懐かしい女の子の姿・・・。

安房直子さんが描く「不思議」はどこか懐かしく、心がほんのりと温かくなる。

心地が良いんですよね。

桔梗の花と永遠の愛

桔梗は、つぼみがふくらんだ風船のような可愛い花。

英語ではバルーン・フラワーなどといわれているようですね。・・・なんだか可愛い。

私は花の中でも桔梗がとても好きなんす。それはきっと『きつねの窓』を読んだからです。私も指を染めてもらいたい。

桔梗の花言葉には「永遠の愛」という意味があります。

亡くなっても、指で作った窓に映ったようにその人の心の中で永遠に生き続ける。

きっと桔梗で染めた窓には、心の中にいる一番大切な人が映るんだろうな。

この物語を読んでから、私も4本の指で窓を作ったりすることがあります。私の窓には誰が映るんだろう。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら
こちらは読んだ?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA