スキマ時間に短編集

『ノックの音が』 星新一【あらすじと感想】面白さが詰まったショート・ショート

この記事に書かれていること
  • 星新一さん『ノックの音が』あらすじと感想
  • 「しなやかな手」
  • 「華やかな室」

今日もどこかで、ノックの音が・・・

星新一さん『ノックの音が』感想です。この間、実家に帰ったときに本棚で発見した星 新一さんのショートショートです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
面白いですね。

『ノックの音が』あらすじ

15編のショート・ショート集

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
「ノックの音がした。」で始まる15編のショート・ショート。ドアの向こうに待っているのは・・・?

『ノックの音が』感想

読んだのが昔過ぎて、ストーリーをほとんど覚えていなかった私。初めて読むような新鮮さがありました。

びっくり箱のような面白さ

『ノックの音が』は 少ない文字数なのに息を飲む驚きや面白さがありました。

星新一さんの凄さを感じます。ほんとにショート・ショートストーリーですが、濃縮された面白さがぎっしり詰まっていました。

ひつじくん。
ひつじくん。
びっくり箱みたいだね。

15編どれも面白く、特に好きなのは「しなやかな手」と「華やかな室」でした。

「しなやかな手」最後の一行で変わる主導権

「しなやかな手」

ノックの音がしたのでドアを開けたら殺し屋が入ってきた・・・。しかも美人の。住人の男と美人の殺し屋のやりとりが描かれていました。

面白いと思うのは、主導権が女になったり男になったりするところです。

限られた文字数の中で巧みに描かれているのは すごい。最後のたったの一行でまた主導権が変わるのには、はっ!!っとしました。

「華やかな室」スピード感あふれる展開

「華やかな室」

「華やかな室」では、ノックの音が3回します。3人の来客があったのです。

住人の女の恋人、愛人、そして愛人の妻。

うっわーって感じです。鉢合わせはまずいので、クローゼットのなかに隠れたりトイレの中に隠れたり・・・。スピード感がある展開でハラハラしました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ラストの締めくくりが またなんとも言えず面白かったです。

【まとめ】ドアの向こうにあるのは?

15編全て「ノックの音がした。」で始まります。

まとまりがあって、次はどんな人が現れるのだろう・・・というワクワク感でいっぱいになりました。それが心地よい。

ドアの向こうにあるのは・・・?

今日もまた どこかでノックの音が聞こえてくるかもしれません。

こちらもオススメ

ショートショート集『きまぐれロボット』星新一【あらすじと感想】素敵な発明品星新一さんのショートショート『きまぐれロボット』読書感想文です。教科書の作品。ネタバレ (オチも) あります。表題作 「きまぐれロボット」 と 「ネコ」 のあらすじと感想を書いています。...
『声の網』星新一【あらすじと感想】電話の秘密と支配された未来星新一さんの小説『声の網』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。メロン・マンションの住人、コンピューターに依存した社会、今に通じる恐怖、不気味な存在、支配された世界について書いています。...
一気読み必須のおすすめ小説
面白くて一気読み!【徹夜本・おすすめ小説】2018年に読んだ本面白くて一気読み間違いなし、徹夜本オススメ小説&絵本を厳選しました。切なくて泣けるミステリー小説、アート小説、怖いけどクセになるホラー小説、大人にも読んでもらいたい学べる絵本などについて書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA