スキマ時間に短編集

「記憶ノ檻」「記憶ノ棘」ネタバレ感想文・あらすじ『NieR:Automata(ニーアオートマタ)短イ話』

この記事に書かれていること
  • 『NieR:Automata(ニーアオートマタ)短イ話』紹介
  • 「記憶ノ檻」「記憶ノ棘」あらすじ・感想文
  • 反撃にでた9S
  • 戦慄した2Bの言葉
  • 悲しき宿命が終わるとき

ネタバレあります。ゲームの内容にもふれますので、ご注意ください。

殺して。私を

映島巡(監修・ヨコオタロウ)さんの小説『NieR:Automata(ニーアオートマタ)短イ話』読書感想です。ゲームのノベライズ版、中・短編集。

その中の2つ、2Bと9Sの宿命を描いた「記憶ノ檻」「記憶ノ棘」レビューです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
切なくて号泣した。

この2つのストーリーを読むと、ゲーム『NieR:Automata』3周目、2Bの微笑みに深さが増しますね。

『NieR:Automata(ニーアオートマタ)長イ話』小説ネタバレ感想文・あらすじ|2Bと9Sの運命とヨルハ計画の真実『NieR:Automata 長イ話』小説あらすじ・ネタバレ感想文です。ゲーム魅力、2Bの気持ち、壊れていく9S、A2の過去「真珠湾降下作戦」、ヨルハ計画の真実、Eエンド希望の結末について書いています。...

『NieR:Automata(ニーアオートマタ)短イ話』あらすじ・評価

「NieR:Automata」中・短編集

あらすじ

アンドロイドが人類の栄光を夢見る遙か昔から、魔法実験兵器は転がり続ける。著者:映島巡&ヨコオタロウ、監修:ヨコオタロウで再び贈る「プレイステーション4」ゲーム「NieR:Automata(ニアオートマタ)」中・短編小説集。新規書き下ろし中編2編を含む“短イ話”の結晶体!

収録作品
  • 「プロメテウスの火」
  • 「ヨルハ─Ver.1.05」
  • 「記憶ノ檻」
  • 「衛星軌道基地バンカー観察日記」
  • 「小サナ花」
  • 「静カスギル海」
  • 「記憶ノ棘」
  • 「エミールの追憶」

2Bと9Sの宿命に号泣!『NieR:Automata(ニーアオートマタ)短イ話』

『NieR:Automata(ニーアオートマタ)短イ話』一番印象に残った「記憶ノ檻」と「記憶ノ棘」は、2Bと9Sを描いた物語です。

くり返される悲劇とでも言いますか。切ないんですよね、2人の宿命が。全てを記憶している2Bも、全ての記憶が消される9Sも・・・。

ひつじくん。
ひつじくん。
どちらも過酷な運命だよね。

他にも好きなストーリーは、あと2つありました。「ヨルハ─Ver.1.05」と「静カスギル海」。こちらは前回のレビューをどうぞ。

『NieR:Automata(ニーアオートマタ)短イ話』ネタバレ感想文・小説あらすじ|人類に栄光あれ!『NieR:Automata(ニーアオートマタ)短イ話』あらすじとネタバレ感想文です。「ヨルハ─Ver.1.05」(A2の過去ストーリー・真珠湾降下作戦)、「静カスギル海」(サーバーを管理する10H)について書いています。...

「記憶ノ檻」「記憶ノ棘」ネタバレ感想文|幾度もくり返される分岐ストーリー

「記憶ノ檻」と「記憶ノ棘」を読んでいて、ゲームの周回プレイをしているような気分になりました。

もしも9Sが知りすぎてしまったら、2Bは彼を抹殺しなければならない。

S型モデルは、調査と情報収集を専門とするアンドロイドです。好奇心旺盛で、どうしても知らずにはいられないんですよね。

悲しいのは、2Bは幾度も9Sを抹殺していること。・・・そうしなければいけないこと。そしてどうやら、9Sは彼女の任務に気づいていることです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
どんなにあがいても結末は一緒なんだ・・・。

「記憶ノ檻」反撃にでた9S

『砂の神殿』で9Sを抹殺しなければならない2Bに切なさを感じました。

9Sは死んだ。任務完了だ。にも拘わらず、やり残したことがあるような、この頼りなさは何なのか。呼吸機能に乱れがあるのは、なぜなのか

「感情を持つ事は禁止されている」と、よく9Sに言っていた2B。・・・でも、実は自分に言い聞かせていたのですよね。そうやって感情を抑えていた。

無事に任務が完了したのに呼吸機能に乱れが生じたりするのは、彼女が動揺している証拠です。

ひつじくん。
ひつじくん。
呼吸が乱れようと何があろうと、本部の命令には逆らえないんだよね。

印象に残ったのは、反撃にでた9Sでした。

彼女の任務に気づいてはいるけど、違っていたら良いと願っていた彼は、確証を得るために2Bをハッキングするのです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
でも結局は、2Bに殺されてしまうんだけど・・・。

バンカー(司令部)の方が一枚上手ですね。彼の行動を予測して、ハッキング空間内にトラップを仕掛けていたのだから。

「記憶ノ棘」2Bの言葉に戦慄

冒頭を読んだときに既視感を感じました。それもそのはず、「記憶ノ棘」と「記憶ノ檻」2つの書き出しは同じなんです。

分岐するパラレルワールドのような感じですね。悲しいかな、中身は違うけど終着(9Sが抹殺される事実)は一緒でした。

2Bに下った極秘任務は『石の神殿』での9S抹殺です。

ひつじくん。
ひつじくん。
極秘と言いつつも、彼は気づいていたのだけど。

2Bが9Sのことを「ナインズ」と愛称で呼んでいた時間枠。ほっこりする分、よけいに切なさが増しました。

「2Bは、以前にも、僕を、殺していた」

ここでの9Sは、彼女がこれまで幾度も自分を処分してきたことを知ってしまうんです。「論理ウィルス」に汚染された2Bを助けようと、ウィルス除去する過程で・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
彼女にとっては一番知られたくなかったことだよね。

印象的だったのは、2Bが9Sの処分を諦めようとしたことです。刃を自分に向け、柄を彼に握らせました。

「殺して。私を」

こういう展開もあったんだ・・・。2Bのことばに戦慄しました。

でも9Sはウィルス除去の際、今にも崩れてしまいそうなほど傷だらけになっていた彼女の自我データを見ています。それは2Bの気持ちそのものなんですよね。

後ろめたさや葛藤などの感情によって生じた傷。

平気で任務を実行していたわけではないと知った彼は、自ら命を断つ方を選ぶのです。このシーン、切なくて号泣しました。

「次は……ためらわずに、殺してね。また会えるんだから……僕達は」

もしも彼女を殺すことを選んでいたら、違う2Bが派遣されるんだろうか。・・・そうに違いありません。

9Sは今の2Bのことが好きなんですよね。記憶をリセットされようとも、また彼女に会いたいと願う彼がたまらなく愛おしく感じました。

悲しき宿命と、それが終わるとき・・・

2Bはこれから幾度も彼を抹殺する記憶を持ち続け、9Sの記憶はリセットされ続ける。

2Bと9Sの悲しき宿命に思いを馳せました。分岐はするけれど、結末は決まっているんです。そうして2Bの自我データ(心)はボロボロに・・・。

ひつじくん。
ひつじくん。
「記憶ノ棘」を経て、2Bはナインズ呼びをやめたのかな。

それでも2人の宿命は終わるときが訪れます。ゲーム『NieR:Automata(ニーアオートマタ)』本編3周目。

あのときの、彼女のホッとしたような表情。

2Bの安らかな笑みが記憶に強く残っています。それは、やっとこの宿命から開放されることへの安堵感だったのでしょうね。

2Bは開放されたけど、9Sは彼女に囚われてしまうのだから上手くいかないものです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
「記憶ノ檻」「記憶ノ棘」を読むと、さらに深さが増すよ。

オートマタ好きは読もう!『NieR:Automata(ニーアオートマタ)短イ話』

『NieR:Automata(ニーアオートマタ)短イ話』は、オートマタ好きは読んで損はないストーリー集です。

より深みが増して、またゲーム本編をやりたくなるような小説でした。

ひつじくん。
ひつじくん。
おすすめだよ。

BGMは、ぜひこちらで!

アーティスト:ゲーム ミュージック

ゲームはこちら

Kindle本を読むなら

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)もおすすめ。Amazonが提供している書籍読み放題サービスです。

  • 200万冊以上が読み放題(小説やビジネス書、雑誌、コミックなどいろんなジャンルが対象)
  • お好きな端末で読める
  • 30日間の無料体験あり(初めてご利用の方。期間終了後は月額980円)

公式ページ

私も愛用しているKindle端末はこちら→Kindle Paperwhiteレビュー・メリットとデメリット|読書が快適になるアイテム

『NieR:Automata(ニーアオートマタ)短イ話』ネタバレ感想文・小説あらすじ|人類に栄光あれ!『NieR:Automata(ニーアオートマタ)短イ話』あらすじとネタバレ感想文です。「ヨルハ─Ver.1.05」(A2の過去ストーリー・真珠湾降下作戦)、「静カスギル海」(サーバーを管理する10H)について書いています。...
『NieR:Automata(ニーアオートマタ)長イ話』小説ネタバレ感想文・あらすじ|2Bと9Sの運命とヨルハ計画の真実『NieR:Automata 長イ話』小説あらすじ・ネタバレ感想文です。ゲーム魅力、2Bの気持ち、壊れていく9S、A2の過去「真珠湾降下作戦」、ヨルハ計画の真実、Eエンド希望の結末について書いています。...
小説「NieR:Automata 少年ヨルハ」感想文
『NieR:Automata(ニーアオートマタ)少年ヨルハ』ネタバレ感想文・あらすじ|目が離せない鬱ストーリー小説『NieR:Automata 少年ヨルハ』あらすじとネタバレ感想文です。双子モデル21号&22号の絆、3号&4号のすれ違い、男性型アンドロイドが少ない理由、「ヨルハ計画」立案者について書いています。...
『NieR:Automata(ニーアオートマタ)』小説&コミック読む順番
『NieR:Automata(ニーアオートマタ)』小説&コミック読む順番|圧巻の舞台や音楽もおすすめ!『NieR:Automata(ニーアオートマタ)』小説と読む順番です。ゲーム小説と漫画『ヨルハ 真珠湾降下作戦記録』あらすじと簡単なレビュー、舞台『音楽劇ヨルハ』と『少年ヨルハ』、コンサート『人形達ノ記憶』について書いています。...
こちらは読んだ?