スキマ時間に・・・

『ジャイロスコープ』伊坂幸太郎【あらすじと感想】ユーモア溢れる伊坂ワールド

驚きがつまった短編集

伊坂幸太郎さん『ジャイロスコープ』
これが伊坂ワールドかぁ。初めて読みました、伊坂幸太郎さん。全7編の物語は、あっと驚くものから心が温まるものなど短編集ならではの面白さがぎっしりでした。

少しだけネタバレあります。

『ジャイロスコープ』あらすじ

ユーモアあふれる伊坂ワールド

『ジャイロスコープ』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
ユーモアあふれる伊坂ワールド。デビュー15年目の節目として出版された短編集。

【目次】
  • 浜田青年ホントスカ
  • ギア
  • 二月下旬から三月上旬
  • if
  • 一人では無理がある
  • 彗星さんたち
  • 後ろの声がうるさい
  • 十五年を振り返って 伊坂幸太郎インタビュー

『ジャイロスコープ』感想

伊坂さんの小説はユーモアがあって、読んでいると楽しくなりますね。その中から私が好きだなと思った3つのストーリーを紹介したいと思います。

浜田青年ホントスカ

蝦蟇倉 (がまくら) 市にやってきた家出青年、浜田。彼は稲垣さんがやっている「相談屋」で助手として雇われます。

『助言あります』
『協力いたします』

・・・をモットーに〈スーパーホイホイ〉の駐車場にあるプレハブ小屋の相談屋。この稲垣という人物がまた面白いんですよね。

ある時、中年女性が訪れます。

女性は、いわゆる完全犯罪ができないかどうかという相談に来たのです。そして、それに対する稲垣の助言は・・・。

山に逃げ出したワニに遭遇させる!? やめさせようとするわけでもなく、あくまでも「助言」をする稲垣に面白さを感じました。

「殺人を唆していいのか?」と問う浜田青年に、「商売ですから」とあっさりと言う稲垣。淡々と進んでいく中で面白さと驚きがある。そして引っ掛けが・・・。

浜田青年の正体、どこまでも仕事に忠実すぎる稲垣。

ラストの展開には驚きが隠されています。想像できず、ただただ唖然としました。『浜田青年ホントスカ』の結末は読者におまかせ・・・という感じになっています。想像することで何通りものエンディングを楽しめる。

ところで、このタイトル面白いですよね。「本当っすか」が口癖の浜田青年でした。

if

続いて『if』です。

「もしも・・・」をテーマとして、あの時こうしていたら・・・を行動しなかった方 (A) と行動した方 (B) で2通り描いています。

(A) → 主人公の山本は通勤途中にバスジャックに遭遇します。犯人は男性を全員バスから降りるよう命令します。その命令に従った山本は・・・。

後悔でいっぱいになってしまいます。私もよく考えます、失敗したときに。あの時に戻ってやり直したいと。

(B) では、山本がバスジャックに遭遇しバスから降りないという設定で描かれています。一見パラレルワールドのように描かれているような錯覚に陥るのですが、実は違うのです。

失敗→後悔→反省→二度と繰り返さないという主人公の気持ちや それに伴う行動が描かれています。

まさに失敗は人を成長させる。後悔と繰り返さないことが大切だと教えられているようでした。

一人では無理がある

3つ目『一人では無理がある』です。

このお話は少しファンタジーでした。クスリと笑ってしまい、伏線が見事に回収されて思わず納得してしまいます。「サンタクロース」のお話。

松田陽一は、ミスの常習者。子供に贈るプレゼントの中身を間違えてしまう。間違えたプレゼントがまた面白く「壊れたラジコン」や「鉄の板」「ドライバー」なんです。

楽しみにしていたプレゼントを開けたら「壊れたラジコン」や「鉄の板」「ドライバー」だと、ガッカリしてしまいそう。

でもそれが意外にも役に立ってしまうんですよね。「ひねり」が上手く、なるほどなぁと思ってしまいました。素晴らしい。

15年目の贈り物

軸を同じにしながら各々が驚きと意外性に満ちた個性豊かな短編集

伊坂さんデビュー15年目の節目として出版された作品。『ジャイロスコープ』には、このような意味があるようです。その通りに仕上がっているこの本は伊坂さんからの素敵な贈り物でした。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. lime より:

    これはおもしろそうですね。
    久々に伊坂作品、読みたくなってきました。
    軽快なテンポで進み、さいご「あ、そうなのか」って展開を見せてくれるテクニックが好きです。
    ほんとうは、一番好きだったのは「重力ピエロ」なんですが、あれこそ異色の伊坂作品だったのかな、なんてことも思います。

  2. ひだまりさん。 より:

    おはようございます(o^-^)
    コメントありがとうございます。
    『ジャイロスコープ』面白かったです。
    サクサクと読めて、想像できない展開にびっくりしました。
    伊坂さん、凄いです!!
    そのテクニックにホレボレしてしまいます。
    短編集って、いろんなストーリーが楽しめて良いですね。

    『重力ピエロ』はまだ読んでいなかったです。
    異色の伊坂作品、・・・気になりますね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA