ミステリー・サスペンス

『月と蟹』道尾秀介【あらすじと感想】純粋で残酷な子供たち

純粋で残酷な子供たち。

道尾秀介さん『月と蟹』
最初は仲が良かった子供たちの心の変化に戸惑いを覚えつつも、先が気になって後半は一気読みでした。暗い感じの物語です。道尾さんが描く少年は純粋で残酷。凄く好きって言える本ではないですが、途中ゾゾっと怖くなりました。

『月と蟹』あらすじ

直木賞受賞作品

『月と蟹』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
主人公の慎一、友達の春也と鳴海は、ヤドカリを神様に見立てて願い事をする。その願いとは・・・。

『月と蟹』感想

この本で描かれている子供心は、不安定に揺れ動き危うい感じがします。前に読んだ『向日葵の咲かない夏』も少年を主人公にしていましたが、その時もそう感じました。そして『月と蟹』も・・・。

危ういバランスの中で

3人の少年・少女が登場します。

主人公の慎一、友達の春也と、鳴海です。ヤドカリを神様に見立て、願い事をする。

小さな子ならではの遊びに少しの懐かしさを感じます。ただヤドカリの儀式の様子は受け入れ難く、ちょっと私には無理でした。

『月と蟹』は、慎一の心理描写が中心に描かれています。

物語が進むにつれ、ねじれていく。嫉妬、憎しみ、疑い・・・。そういう感情は人間であれば、みんな持っていますよね。共感できる部分もありました。歳を重ねて様々な経験をしていく中で、いろんな感情と折り合いがつけられるようになります。

ここで描かれているのはまだほんの小学生。セーブできない感情がとめどなく溢れてきて、おかしな方向へ向いてしまう。・・・怖くて危うい。一歩間違えれば犯罪者になりうる危うさです。

道尾さんは、小学生の危うさを描くのが上手いですね。

純粋で残酷な子供たち

小さな子に抱くイメージというと、純粋や無邪気という言葉が思い浮かびます。でも本当は悩みもあれば人を羨んだり憎んだりもするでしょう。

『月と蟹』の慎一は、純粋や無邪気では括れない感情が膨らんでいました。クラスメイトから孤立している慎一。仲間はずれというのは小学生には一番こたえることですよね。唯一仲の良い春也は父親から虐待を受け、心に大きな傷を負っていました。慎一はヤドカミ様に残酷な願い事をするのです。

前半は、慎一と春也が楽しそうにしているところも描かれています。秘密の場所でポテトチップスを食べたり、甘いイチゴを食べて笑いあったり・・・。微笑ましいものがありました。ちゃんと純粋さも描きつつ、徐々に残酷さも顔をだす。バランスが良いですね。

今回は騙され感がないお話でしたが、これはこれとして楽しめました。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. lime より:

    この『月と蟹』も、気になりつつまだ読んでいない作品です。
    尾道さんの作品は『龍神の雨』と短編集しか読んでいないのですが、醸し出す雰囲気や文体がとても好きです。
    そして少年少女の不安定さを描かせたら本当にリアルで胸に来ます。
    それゆえに、気軽に手が出せないというのもあるんですが。
    少年期の子供って本当に純粋さと残酷さ、軽率さを兼ね備えていて、モチーフとしてはものすごく面白いのだけど、誰もが過ごしてきた時期だけに、再び傷口をなぞる様な怖さも兼ね備えていて、きっと読む人を選ぶんじゃないかなと思ったりもします。
    そのどうしようもなく揺れていたあの危ない感覚にもう一度出会ってみたくなったりするとき、ふっと手に取りたい作品なんだろうなと、ひだまりさんの感想を読みながら思いました。
    いずれにしても、尾道さんの本、またどれか読んでみようと思います^^

  2. ひだまりさん。 より:

    ありがとうございます (*^_^*)

    私は『カラスの親指』を初めて読んで、道尾さんにハマりました。
    騙され感が清々しくて( ^^ )
    子供を主人公としたものは、これで2冊目ですが、道尾さんの描く少年は純粋なんだけどどこかダークで、楽しいお話ではないけど読み続けてしまう。
    心に響くものがあるんですよね。
    好き嫌いは分かれそうですが、私はわりと好きです。

    『月と蟹』もダークなお話でしたが、読みながら自分の小学生時代を思い出しました。
    楽しかったことも、苦かった思い出も。
    そうやって振り返ってみると、ここで描かれている小学生はしっかりし過ぎているくらい、しっかりしているんですよね。
    それでも心はねじれていくわけですが、それが怖く、でも妙に納得してしまう自分もいました。
    子供を描くのは難しそうなのに、そう感じないところに道尾さんの凄さが感じられました。
    ある意味、考えさせられた本でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA