ミステリー・サスペンス

『楽園 』(下) 宮部みゆき【あらすじと感想】土井崎家の悲劇、そして結末は・・・

少年の目には何が見えていたのか。少女の死は何を残したのか。

宮部みゆきさん『楽園 』(下)
前回に続き下巻のレビューです。『模倣犯』から9年。上巻では、等の他人の記憶を「見る」能力を認めた滋子ですが・・・。

下巻では土井崎夫妻が茜を手にかけなければならなかった理由、そして等がだれの記憶からそれを「見た」のかが明らかになります。

少しだけネタバレあります。

前回のレビューはこちら。
レビューを読む

『楽園 』(下) あらすじ

等が描いた「楽園」と「代償」。土井崎家を襲った悲劇の真実とは―。

『楽園 (下)』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
16年前、土井崎夫妻はなぜ娘を手にかけたのか。そして等はなぜその光景を描いたのか。理由を探っていく滋子。その結果、たどり着いた驚愕の結末とは・・・。

『楽園 』(下) 感想

とても悲しくてやり切れなくて、特に土井崎夫妻の理由が書かれた部分では心が沈みました。・・・だからと言って許される訳ではないけれど、「じゃあ、どうすればよかったのか」と問われたら答えに詰まってしまいます。

ある家族の悲劇。でもそこには確かな愛もあったんだろうなと思います。

それぞれの「喪の仕事」

上巻のレビューで、この作品はそれぞれの「喪の仕事」だと書きました。

荻谷敏子は亡くなった等に対しての。滋子は、敏子と等を通して9年前の誘拐事件に対しての。土井崎夫妻は自らが手にかけた娘に対しての。誠子は今まで知らなかった姉に対しての・・・。

それぞれの「喪の仕事」です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
愛する者の死を受け入れるためには、どんなに辛くても必要なことなのでしょうね。

滋子にとっても、あの”山荘”を描いた等くんの短い人生をたどっていくことで、ようやく折り合いをつけれたんじゃないかなと思いました。

浮かび上がる土井崎夫妻の動機

下巻も一気に読んでしまいましたが、私が知りたかったのはただ一つ。土井崎夫妻が娘の茜を手にかけたのはどうしてか?ということです。

調べていくうちに浮かび上がる「シゲ」と「三和明夫」という人物。そして、もう1つの時効―。

頭をガツンと殴られたような衝撃が走りました。(再読なのに再び衝撃を受けた私です。) ・・・そうだった。やっと事件が1本の線で繋がったというのに気分が晴れないのは、夫妻の絶望と苦しみが想像するに余りあるからです。

最後の方に書かれていた土井崎 尚子 (茜の母) の告白に目を離せませんでした。・・・こんな結果になってしまったけど、2人の娘を愛していたゆえの行為だったのでしょうね。

苦しむ家族たち

2冊通して印象に残ったことがあります。

「あおぞら会」の荒井事務局長が滋子に言った悲痛な叫びです。

もしも身内のなかに罪を犯してしまった者がいたら・・・。

そう言えば、以前よんだ東野圭吾さんの『手紙』のテーマでもありました。

そこでは自分の家族を守るために罪を犯してしまった兄と縁を切った弟が描かれています。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
『手紙』を読んで思ったのは、大切な人たちのためにも絶対に犯罪は犯せないということ。

そしてこの物語の荒井事務局長の言葉に、もしも身内に犯罪者が出てしまったら・・・と考えずにはいられませんでした。幸いなことに、私はそういった立場に立ったことがありません。でも本の登場人物たちの戸惑いとやり切れなさは充分すぎるほど伝わってきました。

全く趣旨のちがう『楽園』と『手紙』。両方に共通しているのは、そのために苦しむ家族たちがいることです。

更生すると信じて甘やかすもの、自らが手にかけてしまうもの、縁を切ってしまうもの・・・。

たぶん世の中の人の数だけ対応も様々なのでしょう。一つ言えるのは、自分が犯罪を犯すことで周りの人の人生も狂わせてしまうということです。それだけは避けたいですよね。

「楽園」と「代償」

罪を犯しても人間は幸福を求める生き物なのかもしれません。でもそうして求めたものが必ずしも「本当の幸福」とは限らないんです。

こんな文章がありました。

誰かを切り捨てなければ、排除しなければ、得ることのできない幸福がある。

悲しいことですが確かにそれは存在します。娘を手にかけた土井崎夫妻のように、「模倣犯」のヒロミやピースのように、たとえいっときの幸福だとしても求めずにはいられない。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
でもそうしてしまった代償は、彼らを見ているとあまりにも大きいことに気づきます。

等が描いた「楽園」と「代償」。

幸せを得るには、小さくも大きくも、なにかしら犠牲が生じるものなのかもしれません。でもそこまでして得たものは本当に彼らが求めた「楽園」だったのかどうか・・・。それでも求めてしまうのが人というものかもしれないと思いました。

ホッとした結末

『模倣犯』よりは衝撃を受けませんでしたが、ため息をついてしまうほど苦しい物語でした。でもラストは少し救われました。・・・良かった、この結末で。ちょっとだけホッとしました。

WOWOWでドラマ化されました。主人公の前畑滋子を演じるのは、仲間由紀恵さんです。ほぼ原作を壊さず描かれていたので良かったです。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA