ミステリー・サスペンス

『リバース』湊かなえ【あらすじと感想】コーヒーと友達の絆

コーヒーが飲みたくなる一冊。

湊かなえさん『リバース』久しぶりに湊かなえさんの本を読みました。『リバース』。珈琲豆をモチーフにした表紙が可愛いですね。

少しだけネタバレあります。

『リバース』あらすじ

コーヒーが飲みたくなる一冊

『リバース』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
深瀬和久は、行きつけの喫茶店で越智美穂子と出会い、恋に落ちる。そんな矢先に、彼女の元に告発文が送られてきて・・・。

『リバース』感想

表紙からイメージできるように、『リバース』には美味しそうな本格コーヒーがでてきます。飲みたくなりました。

優しいコーヒー専門店

感心したのは、珈琲の美味しさが丁寧に描かれているところです。

コーヒーが飲みたくなってしまう。

私の家にあるのは、本格的なものではなくインスタント・・・。それも楽なスティックタイプのものです。温めたミルクに入れて飲むのがここ一年のマイブームです。邪道だ!! と言われるかもしれませんが。

『リバース』には、平凡なサラリーマン・深瀬が行きつけにしているコーヒー専門店「クローバー・コーヒー」がでてきます。

そこの雰囲気が優しくて好きです。こんなショップがあったら毎日でも通っちゃいます。

唯一の友達

深瀬が亡くなった友人の父親と話しているシーンが好きです。ほのぼのとした情景が浮かんでくるようです。

登場人物・深瀬は、友人と呼べる友人がいなく周りに対して劣等感を持った人でした。 深瀬が唯一、友人と思っていた人が亡くなり、その責任が自分と一緒に旅行に行った仲間にある・・・。

そして送られてきた「深瀬和久は人殺しだ」と書かれた手紙。

彼は手紙の送り主を突き止めるために、死んだ友人の歩んできた人生を遡っていくのですが・・・。友人がどんなことが好きでどんな人生を歩んできたのか、深瀬は知らないことに気づくのです。たった一人の友人なのに・・・。深瀬は愕然とします。

この登場人物がどうも好きになれない。だからか最後まで釈然とせずに読み切ってしまいました。

自分の身近にいる人のことはなんでも知っていると思っていても、実は知らないことだらけかもしれない・・・。『リバース』のように友人が亡くなってから気づくのは悲しいなと思いました。まあ気づかないよりはましですが。

『リバース』ラスト2ページの衝撃と結末

後味が・・・よろしくない。

『リバース』を読んでいて、なんとなく展開は予想通りになりました。でもオチまでは想像が及びませんでした。ラスト2ページの展開です。

まさしくクロ湊さんでした・・・。好きな人は好きなのかもしれませんが 私はダメでした。気になる方は読んでみて下さい (*^_^*)

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. クリボー より:

    読んでいる途中でコーヒーをいれてきました。飲みながら読ませていただきました

  2. ひだまりさん。 より:

    コーヒー、飲みたくなってしまいますね。
    私も後で飲もうっと (*^_^*)
    一日の始まりには最適です。

    ありがとうございます (*´︶`*)

  3. lime より:

    湊さんの本は、いろいろ試したんだけどどうしても苦手で・・・。
    でも、ひだまりさんがピックアップしてくださった表現は、なるほどいいなあ~と、しみじみ思います。
    ひだまりさんは、その本のいいところを見つけられるのがとてもうまくて、感想も優しい気分で読むことができます。

    あ、私もコーヒーはインスタントコーヒー派です
    インスタントでも、人それぞれのこだわりってあるんですよね。
    私は天然水+砂糖たっぷり+牛乳・・・です^^(お子様)

  4. ひだまりさん。 より:

    私もコーヒー飲みながら (*^_^*)

    湊さんの本は今まで5、6冊ほど読みました。
    一番良かったのは『告白』かな。
    どうも湊さん独特の一人称の描き方は苦手で・・・。
    じゃあ読むなよって感じなんですが、あらすじを読んだりすると面白そうだなと、今回久しぶりに手にしたわけです。
    『リバース』は淡々と進んでいく感じですが、最後はやっぱり湊さんならではのオチでした。
    オチはともかく、コーヒーの描写は素晴らしかったです。

    天然水+砂糖たっぷり+牛乳も良いですね。
    私も甘めが好きです(*^_^*)

  5. fumika より:

    私もコーヒーが飲みながら読んでしまいました。
    この作家さんは結構ドロドロなのであまり好きではなかったのですが手にとってしまいました。
    ラストは驚きでしたが、こういうことが起こりうるのだという恐怖でした。
    いま、病院で仕事をしていますが、患者様にアレルギーの有無を確認しています。
    自分はアレルギーを持っていないので全く気にはなりませんでしたが、
    無知な為に友達を危険に晒すことになるかも知れないということに気づかされました。

    クローバーコーヒー素敵でしたね。
    スタバも好きですが、丁寧に入れてくれる喫茶店にも行ってみたいです。
    蜂蜜を入れてみましたが私には合いませんでした。

  6. ひだまりさん。 より:

    はじめまして。
    コメント ありがとうございます♪

    この本を読むと、コーヒーが飲みたくなりますよね。
    その描写が素晴らしいなと思いました。
    可愛い表紙は思わず手に取ってしまいます。

    クロ湊さんでした・・・。
    ラストの展開にはビックリです。
    私もアレルギーは持っていないのであまりピンときませんでしたが、こんな恐ろしいことにもなり得るのですね。
    自分が無知なために、人を傷つけてしまう・・・。
    そう考えると少し怖いです。
    病院にお勤めだと、そういったことにも敏感になりそうですね。

    「クローバーコーヒー」。
    こんな温かい喫茶店があったら、毎日でも通いたくなってしまいます。
    またコーヒーが飲みたくなってしまいました(*^^*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA