ミステリー・サスペンス

『悪いものが、来ませんように』芦沢央 /【感想】気持ち悪さ100%!歪んだ愛のかたち

ラスト25ページの衝撃!!

芦沢央さん『悪いものが、来ませんように』。
初めて読んだ作家さんでした。なんとなく湊かなえさんを思わせる書き方ですね。・・・これは評価が割れるのではないかしら?男性よりも女性の方が共感できるのかなと思いました。

少しだけネタバレあります。

『悪いものが、来ませんように』あらすじ

気持ち悪さ100%のイヤミス!!

『悪いものが、来ませんように』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
不妊の悩みを抱える紗英と、子育てをしている奈津子。彼女たちの共依存のような関係は、徐々にエスカレートしていき・・・。

・・・若干読みにくかったです。そして気持ち悪さが残る読後感でした。評価には入れていないのですが 「気持ち悪さ」 という項目があれば、★5つ付けてました。ひだまりさん。の 評価は低めです。

『悪いものが、来ませんように』感想

私が読んだのは文庫版ですが、 帯に書かれていたことばに首を傾げてしまいました。

衝撃のラスト25ページ。絶対、ぜったい だまされて、読み返します!

衝撃のラスト25ページとは、エピローグのことですかね。・・・うーん、だとしたら衝撃ではなかったかな。犯人は薄々分かってしまっていたし。それよりも登場人物の関係性のところにビックリしました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
これは想像できなかったです。

どんでん返し的なものがあることは帯を読んだ時点でわかっていたので、騙されないぞ!と注意深く読んでいたのですが、けっきょく騙されちゃいました。

読んだ感想は、ただただ気持ち悪い!!です。・・・何が気持ち悪いのかと言うと 登場人物たちなんです。

誰一人として好きになれない登場人物

登場人物たちが気持ち悪い。誰一人として好きになれません。・・・だから騙されたと分かってももう一度読もうとは思いませんでした。

でもこういう関係性って現代にも通じるのかなと思ってしまったり・・・。歪んだ愛のかたちです。そのことについては後ほどふれたいと思います。

主な登場人物
  • 庵原紗英 (いはらさえ) ・・・主人公。不妊に悩む
  • 柏木奈津子 (かしわぎなつこ) ・・・主人公
  • 鞠絵・・・紗英の妹
  • 梨里・・・子ども
  • 大志・・・紗英の夫

紗英と奈津子、2人が主人公のような感じでした。私が気持ち悪いと感じたのは、彼女たちの関係です。まるで共依存のような・・・。

何事をするにも1人が好きな ひだまりさん。には、こういうのって理解できないんです。

そして主人公の2人 (特に紗英の方) が コンプレックスの塊のような人で、ぜんぜん共感ができませんでした。

紗英のコンプレックス

コンプレックスなら誰にでもあると思うのですが、紗英の考え方には首をかしげます。

妹と比べて自分を不必要なまでに下に見ている。イライラしてきちゃいました ^_^; ・・・いったいどういう環境にあればこういう考え方になるのかと。
・・・まぁ、最後まで読めば、彼女がこうなってしまったのは頷けるものがあるのですが。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
好きになれない・・・。

それに加えて なっちゃん (奈津子) に依存する彼女を見ていると 気持ち悪さを感じてしまうんですよね。・・・でも不妊に悩む紗英の心情は少しだけ理解できるような気がしました。奈津子は、子ども作らないの? と純粋に聞くのですが、その言葉に彼女の心はズタズタです。

この辺りは切なさを感じました。赤ちゃんが欲しいのになかなかできなくて。それなのに浮気をしている夫の大志に腹が立ちます。

夫が殺された!? 犯人は・・・?

物語が進んでいくと、紗英の夫である大志が殺されてしまいます。「犯人」 は逮捕されるのですが、最後のエピローグでどんでん返し的なものがありました。

・・・でもミステリーを読みなれた人だったら薄々わかってしまう展開なんです。だからそこまでの衝撃はなかったです。逮捕された 「犯人」 は 計画的な犯行として告白しているけれど・・・。

それにしても読みにくい。

文庫本で300ページもないのに かなり時間がかかってしまいました。登場人物が好きになれないのと、書き方が馴染めないのか、疑問に思う部分が多くて少し読んでは数行戻って読み直したりしていたからかもしれません。

『悪いものが、来ませんように』は、紗英と奈津子の視点、そして彼女たちのまわりの人たちの証言で構成されています。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
・・・なんとなく 湊かなえさんや、真梨幸子さんの作風に似ていますね。

特に湊さんの『白ゆき姫殺人事件』を連想しました。 読み手は、いろんな人の証言でその人がどんな人なのかを想像していく。・・・語り口調で一人称だから、ちょっと読みにくさを感じてしまいます。こういう書き方、どうも好きになれないんですよね。

一卵性母娘の歪んだ愛のかたち

この小説のテーマは一卵性母娘です。
「友だち親子」 とか言われるように、友だちのような親子。

現代には多いのかもしれませんね。はたから見たら仲が良くて楽しそうで羨ましい気もしますが、そんな関係に疑問を感じてしまいます。・・・特に本書を読んだあとでは。

母になりきれない母親。母親から卒業できない娘。

・・・ちょっと厳しめな言い方をするなら、本書の言葉を借りてこんな感じでしょうか。

紗英は小さいときから母の顔色を伺い、母親もそんな彼女をひとり立ちさせられない依存状態の関係でした。そんな家庭環境で育った彼女は妹に極端なコンプレックスを抱き、いつまでもひとり立ちできない大人になってしまいます。

・・・そして、なっちゃんに依存する。なっちゃんもなっちゃんで彼女に依存状態です。梨里を育てながらも紗英から離れられない。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ゆがんでる。

どんでん返しの設定を重視したあげくのキャラ設定?・・・ちょっと無理やりな感じがします。確かに彼女たちの関係には驚きましたが、それよりも気持ち悪さが勝ってしまい、読後感が微妙でした。

母親の気持ち

この本のタイトルだけは好きです。・・・なんとなくしっくりきます。母の子どもに対する愛情がうかがえ自分の子どもに 悪いものが、来ませんように。

・・・そう願うのは きっと母だったらだれもが一緒ですよね。いまいち物語に入りこめませんでしたが、このタイトルの意味に気づいたとき、ほんのりと心が温まりました。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら
こちらは読んだ?

POSTED COMMENT

  1. Tommy より:

    ひだまりさん。はじめまして!
    都内の鍼灸専門学校に通っている学生で
    最近になって読書の楽しさを知った者です。

    初めてブログを拝見させて頂きましたが、書籍の紹介がわかりやすく、ひだまりさん。ご自身の感想も嘘隔てなく思いのまま書かれている気がして、どんどん読み進めてしまいました。笑

    これから過去に更新されているものも読ませて頂きます!

    また次の更新も楽しみにしております!

  2. ひだまりさん。 より:

    Tommyさん、はじめまして!
    温かいコメントをありがとうございます (*^^*)

    学生さんなんですね。夢を持ってがんばっている人は 素晴らしいと思います。
    キラキラです (*´`)

    読書は楽しいですよね!
    時間を見つけては、本ばかり読んでいます。至福の時間 (*^^*)

    過去記事は、今思うと下手だなぁ・・・と 恥ずかしくなってしまいますが、読んでいただけると嬉しいです。
    なるべく思ったままに感想を書くようにしています。・・・ので、たまに酷評もありますが ^_^;

    本好きな方からコメントをもらうと、親近感がわきます。
    これからも読書ライフを楽しみましょう \(^o^)/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA