おすすめ本特集

おうち時間におすすめ!長編SF・ファンタジー小説|連休に読みたい面白かった本

長編SF・ファンタジー小説おすすめ

長編SF・ファンタジー

おうち時間におすすめ長編小説 (文庫版2冊以上) を紹介します。SF・ファンタジーと、日常小説、文学作品の中で厳選しました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
実際に読んでみて、面白くてハマった長編小説です。
  • SF・ファンタジー小説
  • 日常・文学小説

紹介するのは長編小説・巨編のみ。面白すぎてあっという間に読み切ったものばかりです。ぜひ読書の参考にしてください。

長編ミステリー・ホラーはこちら

絶対ハマる長編ミステリー小説
お家時間におすすめ!長編ミステリー&ホラー小説|面白い本を厳選面白かったおすすめ長編小説をご紹介します。ミステリー&ホラー、史実を元にした小説をピックアップしました。...

お家時間におすすめ!長編SF・ファンタジー小説

SF・ファンタジーのジャンルより5冊をピックアップしました。世界観が魅力の小説ばかりです。

『新世界より』貴志祐介

呪力は悪魔の力か、それとも―。

あらすじ

子供たちは、大人になるために「呪力」を手に入れなければならない。一見のどかに見える学校で、子供たちは徹底的に管理されていた。いつわりの共同体が隠しているものとは―。何も知らず育った子供たちに、悪夢が襲いかかる。

文庫版で3冊の超長編

貴志祐介さんのSFホラー『新世界より』。貴志さんの小説の中ではダントツに面白かったです。これはぜひ読んでほしい1冊。SFの中にもホラー感があり、ピリッとします。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ラストが衝撃だった。

文庫版 上中下と3冊のボリュームですが、面白すぎてあっという間に読み切りました。止まらなくなります。

貴志祐介『新世界より 上』あらすじと感想 / 消えゆく子供たち貴志祐介さん『新世界より』上巻のあらすじと感想です。世界観がすごくて、かなり面白かったです。おすすめのSFホラー小説。最後までドキドキ・ハラハラの展開でした。...

『華竜の宮』上田早夕里

多くの陸地が水没した25世紀

あらすじ

25世紀、大多数の陸地が水没した世界―。そこで暮らす人々は、陸上民と海上民に別れて暮らしていた。外交官である青澄誠司は、彼らの対立の仲裁に奮闘していた。その頃、この星に試練が再びおこることが発覚し・・・。

文庫版で2冊の長編

上田早夕里さんの海洋SF『華竜の宮』。舞台は、大多数の陸地が水没した世界です。人間の改変、人工知性、外交官の青澄を軸に描かれる官僚たちとのネゴシエーション・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
心理戦にも重きを置いていて読み応えたっぷりです。

短編『魚舟・獣舟』の1話に『華竜の宮』の世界が描かれているので、先にそちらを読むと良いかもしれません。ちなみに、『華竜の宮』の後は『深紅の碑文 上下』と続きます。

『華竜の宮』上田早夕里【あらすじと感想】人類滅亡の危機、そのとき彼らは・・・上田早夕里さんの小説『華竜の宮』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。陸地の大半が水没した世界、外交官・青澄の心理戦、プルームの冬、夢と希望をのせたロケットについて書いています。...

『チグリスとユーフラテス』新井素子

なぜ母は私を産んだのか―。

あらすじ

惑星ナインへ移住した人々。彼らは人工子宮を繰り返すことで繁栄したが、衰退の一途をたどる。ついに最後の子供、ルナが誕生した―。

文庫版で2冊の長編

新井素子さん『チグリスとユーフラテス』。舞台は惑星ナインです。人工子宮を繰り返すことで人類は繁栄したけど、衰退の一途をたどり、ついに最後の子供・ルナが誕生してしまう・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ルナを通して、生きることとは何かを問う物語。

新井素子さんはホラー小説が得意な作家さんです。『チグリスとユーフラテス』もある種の怖さがありました。

『チグリスとユーフラテス』新井素子【あらすじと感想】生きることの意味を考える新井素子さんの小説『チグリスとユーフラテス』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。登場人物とそれぞれの人生、生きることへの意味についても書いています。...

『図書館の魔女』高田大介

言葉のファンタジー

あらすじ

ある日キリヒトは 図書館の魔女・マツリカに仕えることになった。「ことば」 を操る彼女は 自分の声を持たない少女だった―。

文庫版で4冊の超長編

高田大介さん『図書館の魔女』。当ブログでもしつこいくらい紹介していますが、めちゃくちゃ面白い。読んでなければ、すぐにでも読んでほしい小説です。ただ、オススメなのは読書中級者~です。本を読みなれた人でないと、この本の面白さはわからないかも・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
今まで読んだ本のなかでダントツの面白さ!!

物語の世界に浸るのが楽しすぎました。読み終わるのが名残惜しくもったいない気持ちになります。続編『烏の伝言』も合わせておすすめ。

『図書館の魔女 上』高田大介【あらすじと感想】マツリカとキリヒトが奏でる指話の世界高田大介さん『図書館の魔女』1、2巻のあらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。めちゃくちゃ面白くて止まりませんでした。マツリカとキリヒトが愛おしくてたまらなくなりました。...

『NO.6』あさのあつこ

本当の自由とは何か―。

あらすじ

2013年の未来都市 「NO.6」。人類の理想を実現した街で、最高ランクのエリートとして育てられた紫苑は、ネズミと名乗る少年に出会う。どうしてあの夜、ぼくは窓を開けてしまったんだろう? 飢えることも、嘆くことも、戦いも知らずに済んだのに・・・。

文庫版で9冊の超長編

あさのあつこさん『NO.6』。長編というより もはや巨編ですが、面白くてあっという間でした。あさのあつこさんは 児童文学を書かれている方なので、小説も読みやすくて読書初心者にもオススメです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
小説の舞台は 2013年の未来都市 「NO.6」。

ユートピアならぬディストピアでした。テーマは 「本当の自由とは何か」 です。なかなか深い小説。続編に 短編『NO.6 beyond』もあります。

『NO.6』小説 あらすじ&感想|あさのあつこ|本当の自由とは何か? 理想都市の格差に衝撃 人間はどこまで非情になれるのか―。 あさのあつこさんの小説『NO.6』感想です。初めて読む作家さんでした。全9冊の超長編。...
『NO.6 beyond』あらすじ&感想・レビュー|あさのあつこ『NO.6』続編!崩壊後の彼らは・・・ ぼくは、生きてきみを待っている。 あさのあつこさんの小説『NO.6 beyond』感想です。『NO.6』の続編にあたる4つ...

お家時間におすすめ!日常小説・文学

続きまして 日常を描いた小説2冊、文学作品から有名な古典を1冊ご紹介。面白くて飽きずに読めます。

『スロウハイツの神様』辻村深月

必ずラストに号泣する!

あらすじ

脚本家の赤羽環が暮らす アパート「スロウハイツ」。そこには 人気作家チヨダ・コーキをはじめ、様々な人たちが住んでいた。やがて 新しい住人がやってきて・・・。

文庫版で2冊の長編

辻村深月さん『スロウハイツの神様』。スロウハイツで暮らす人たちの日常が描かれた小説です。一見、ほのぼのとしたお話に見えますが、これは紛れもなく恋愛小説。上巻と下巻の面白さが全然ちがうんです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
下巻を読んで初めて 恋愛小説だということに気づきました。

人を思う気持ちは尊いものですね。下巻で たまらず号泣しました。上巻の伏線が全て回収されます。

『スロウハイツの神様』辻村深月【あらすじと感想】チヨダ・コーキとスロウハイツの住人辻村深月さんの小説『スロウハイツの神様』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。「二十代の千代田公輝は死にたかった」、チヨダ・コーキと登場人物、コーキの天使ちゃん、長すぎる序章について書いています。...

『蜜蜂と遠雷』恩田陸

興奮が止まらない!!

あらすじ

私はまだ、音楽の神様に愛されているだろうか?ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。

文庫版で2冊の長編

恩田陸さん『蜜蜂と遠雷』。ピアノコンクールのお話です。読者を引き込む圧倒的な文章力を感じました。とにかく恩田さんが描く 「音」 がすごい。これはぜひ読んで体験して頂きたい小説です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ラストまで興奮が止まらなかった。

良い意味で恩田陸のアクが感じられない作品。読書初心者、恩田さんの小説を初めて読む人にもオススメです。

『蜜蜂と遠雷』恩田陸【あらすじと感想】音楽に満ちているこの世界恩田陸さんの小説『蜜蜂と遠雷』簡単なあらすじと感想です。少しだけネタバレあります。芳ヶ江国際ピアノコンクールと登場人物、「春と修羅」のカデンツァ、風間塵、タイトルの意味について書いています。...

『平家物語』古川日出男 (訳)

平家の栄華と没落の物語

あらすじ

時代は平安末期。平清盛を主として栄華を極めた平氏一門。しかし、それも長くは続かなかった。源氏により都を追われはじめるのだった・・・。

単行本で908ページ

古川日出男さん (訳)『平家物語』。こちらは文庫版が出てなくて単行本での紹介になります。908ページという長編。学校の教科書でお馴染みの古典です。読みやすい・・・とは言いがたいけど、面白かったです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
木曽義仲、平敦盛、平知章が好き。

人間の弱さがそのまま描かれているから親近感がわきました。単行本は重量があるので、Kindle版がオススメです。

『平家物語』古川日出男(訳)【あらすじと感想】栄華から没落へ・・・古川日出男さん (訳)『平家物語』あらすじと感想です。数え年について、安徳天皇、建礼門院にふれています。人間の弱さがそのまま描かれている『平家物語』は、登場人物たちが身近に感じられる物語でした。...

長編小説を読むときは Kindle版もおすすめ

SF・ファンタジー、日常・文学作品から8冊をご紹介しました。

紹介した本
  • 『新世界より』貴志祐介
  • 『華竜の宮』上田早夕里
  • 『チグリスとユーフラテス』新井素子
  • 『図書館の魔女』高田大介
  • 『NO.6』あさのあつこ
  • 『スロウハイツの神様』辻村深月
  • 『蜜蜂と遠雷』恩田陸
  • 『平家物語』古川日出男 (訳)

紙の本はもちろんですが、長編・巨編小説ともなると、かさばってしまいます。そんなときは Kindle版もオススメ。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
私はほぼ Kindle。以前よりも読書がはかどります。

Kindle端末を持っていれば、軽くてストレスを全く感じません。部屋を暗くしても読めますよ。

絶対ハマる長編ミステリー小説
お家時間におすすめ!長編ミステリー&ホラー小説|面白い本を厳選面白かったおすすめ長編小説をご紹介します。ミステリー&ホラー、史実を元にした小説をピックアップしました。...
癒されたい時におすすめの小説
癒されたいときに読みたい!ほっこり心温まる小説|日常に疲れたときにオススメほっこり・心温まる小説を厳選しました。癒されたい時、疲れた時におすすめです。読むと元気になれて心に染みる本を紹介。ほのぼのと心が温まります。読書の参考にして下さい。...
面白いおすすめSF小説
面白いから読んでみて!SF小説おすすめ|初心者にも読みやすい短編からハード長編まで面白いおすすめSF小説を厳選しました。初心者向け読みやすい日本のSF小説、ヒヤリとするホラーSF小説、ガッツリ読みたい海外ハードSF小説を紹介します。読書の参考に。...
思いっきり泣ける小説
【思いっきり泣ける小説】涙が止まらない!ファンタジー・恋愛からミステリーまで思いっきり泣ける、号泣間違いなしの小説を厳選して紹介します。絶対泣ける!ファンタジー&ヒューマン・恋愛小説と切なくて泣ける!ミステリー小説です。あらすじと感想も簡単に書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら