ミステリー・サスペンス

隠蔽捜査8『清明』あらすじ&感想|ブレない竜崎、大森署から神奈川県警へ|今野敏

この記事に書かれていること
  • 『清明』あらすじと感想・レビュー
  • 神奈川県警刑事部長に出世した竜崎
  • ブレない安定感
  • 竜崎流、人の使い方
  • タイトルの意味
  • 気になるキャラ

少しだけネタバレあります。

大森署から神奈川県警へ。

今野敏さんの小説『清明』感想です。隠蔽捜査シリーズ8。もう8なんですね。・・・しみじみしちゃいました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
神奈川県警に異動して初めての事件です。

竜崎、刑事部長!! 今回もいつも通りな彼が清々しい。面白かったです。

『清明』あらすじ・評価

隠蔽捜査シリーズ8

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
神奈川県警刑事部長に着任した異色の警察官僚・竜崎伸也。着任早々、県境で死体遺棄事件が発生した。警視庁の面々と再会するが、どこかやりにくさを感じる。さらに被害者は中国人と判明。公安と中国という巨大な壁が立ちはだかる。一方、妻の冴子が交通事故を起こしたという一報が入り・・・。

『清明』感想・レビュー

隠蔽捜査シリーズだー!! ・・・と、楽しみにしていました。ドラマでもお馴染みですね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
竜崎のキャラが好き。また続きが読めて嬉しいです。

自分にも相手にも誠実であろうとする、建前を言わないちょっと変わったキャラ。

今回から神奈川県警の刑事部長になった竜崎ですが、事件の捜査本部で 伊丹さんも登場。前作までと同じく、2人のコンビも楽しめました。

警視庁大森警察署から神奈川県警へ

警視庁大森警察署の署長だった竜崎伸也は、神奈川県警へ。署長から刑事部長へと出世したことになります。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
竜崎さん、徐々にまた上がっていってますね。嬉しい。

ずっと前 (隠蔽捜査1) は 警察庁長官官房総務課課長だったので、それから見ると降格しているのですが、今回からは刑事部長です。

ひつじくん。
ひつじくん。
伊丹さんと同じ立場だね。

やっぱり竜崎は 上にたつ人なんだと実感しました。でも そのまま官房総務課課長でいるよりは、署長、刑事部長と経て来たことで、ひと回りもふた回りも成長したんじゃないかな。

佐藤本部長に着任の挨拶をするときも、周りに期待されているんだと嬉しくなりました。

「俺はさ、あんたに期待してるんだよ」

分かっている人はちゃんと分かっている。・・・この佐藤本部長も、実は 竜崎に負けず劣らず大物なんじゃないかとも思うのですが。好感の持てる人物でした。

ブレない竜崎伸也

竜崎伸也、ブレてない。

隠蔽捜査シリーズを読むと毎回思うことですが、まったくブレてない。たぶん これからもブレないだろう。

ひつじくん。
ひつじくん。
彼は本音と建前の、建前がないんだよね。いつも本音。

そんな竜崎のキャラが好きで、このシリーズを読んでいるようなものです。最初は、彼の周りの人はみんなびっくりするけど、竜崎という人が分かってくると信頼される。

「誰の意見だろうと、可能性があれば採用する。それが捜査のためになる」

警察にありがちな縄張り意識なんてものはなく、誰の意見だろうと良いものは採用するのが彼の信念。

今回も 竜崎と仕事をするうちに、関わった人から慕われるようになるのは心地よかったです。

竜崎流、人の使い方

妻の冴子が自動車教習所で事故を起こしてしまいます。そこの所長が県警OBの滝口でした。この男がまた、くせ者で。県警OBだからって威張っていました。

でも かつては優秀な警察官だった。竜崎はそれをちゃんと分かっていました。今抱えている事件の捜査協力を頼むのです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
たとえ仲違いしていても、事件解決に役立つと思えば利用する。竜崎、人の使い方分かってる。

感心しました。滝口も根は悪いひとじゃないので捜査に協力します。初めの仲違いが嘘のように、2人のコンビネーションが良かったです。

ひつじくん。
ひつじくん。
ふむふむ。人はこうやって使うんだな。・・・覚えておこう。

タイトル『清明』の意味

今回の事件に絡んでいたのは中国人でした。被害者も、加害者も。

竜崎と滝口が情報を求めて訪れた高級中華料理店・梅香楼の呉博文に話を聞きます。その過程で出てきた 「清明」 ということば。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
杜牧の漢詩に 「清明」 というのがあって、素敵な詩でした。

「清明」 は 4月の上旬を指しています。他には 清く明らかなことの意味。

清明というのは、二十四節気の一つで、旧暦では三月節と言われたそうだが、現在の暦で言うと、四月の上旬だ。すべてが、すがすがしく明るい季節ということらしい

4月って入学・入社シーズン。始まりの月です。新しい環境にドキドキするけど、「すがすがしく明るい季節」 って言われると、これから素敵なことが起こる予感がします。

ひつじくん。
ひつじくん。
良い言葉だね。竜崎の今後も、清々しく明るいことを願って。

隠蔽捜査8『清明』気になる登場人物

隠蔽捜査8『清明』、面白かったです。ただ 大森署の戸高が良い味出してたキャラだったので、登場しないのは分かってはいたけど寂しい。

警察官ではないけど、元弁護士の手配師・山東が気になりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
でも次は登場しないかも・・・。

まだ神奈川県警に異動になったばかりだし、キャラの味が出てくるのは次回かな? ということで、これからも楽しみにしています。

『去就』今野敏 / 隠蔽捜査6 あらすじと感想 /大森署長、竜崎伸也の決断今野敏さんの小説、隠蔽捜査シリーズ6『去就』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。シリーズの魅力、竜崎の決断、注目した人物・戸高善信、ストーカー事件の裏に隠された真実について書いています。...
隠蔽捜査7『棲月』今野敏【あらすじと感想】竜崎伸也 VS ルナリアン 竜崎伸也、大森署最後の事件!? 隠蔽捜査シリーズ7『棲月』感想です。今野敏さんの警察小説は いつも一気読みしてしまいます。...
『マインド』今野敏【あらすじと感想】碓氷弘一シリーズ6 / 白熱の心理戦今野敏さんの小説『マインド』あらすじと感想です。碓氷弘一シリーズ6作目。少しだけネタバレあります。登場人物の「カッコよさ」の秘密、マインドコントロールの恐怖、白熱のラストについて書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA