SF・ファンタジー

『鏡の花』道尾秀介 / 「もしも」 の世界を描いた連作短編集

呼応しあう6つの世界。

道尾秀介さん『鏡の花』
道尾さんの本、久々に読みました。パラレルワールドを描いた美しく不思議なお話です。

実は今、アニメ『シュタインズ・ゲート』にハマっています。それでこちらの本にも興味がわきました。『鏡の花』を読みながら『シュタゲ』を見ていたら、共通して感じたことがありました。

少しだけネタバレあります。『シュタインズ・ゲート』にも触れますのでご注意ください。

『鏡の花』あらすじ

パラレルワールド、美しく切ない6つの世界

『鏡の花』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
ほんの小さな行為で、世界は変わってしまった。眩しく美しい光を放つ6つの世界。「もしも」 を描いた連作短編集。

『鏡の花』感想

「もしも」 の世界を描いた連作短編集。・・・これ、予備知識なく読んでいたら、頭がこんがらがって、えっ!?となりそうですね。

こっちの物語では生きていて、別の物語では死んでいたり・・・。

パラレルワールドというとSF?と思いがちですが、ファンタジーのような小説でした。SFとして読むと物足りない感はありますが、最終章ではほっこり。

『もしも』の世界

ひとことで言うと

平行世界、パラレルワールドを描いた物語。

1話では死んでる人が、別の1話では生きている。特徴的なのは、必ず誰かの死が描かれていることです。そのことが哀しみの余韻を残す。

もしも・・・だったなら

考えてもしょうがないことだけど、考えずにはいられない時ってあります。・・・きっと、決して交わらないけど、今とは違う選択をした自分がいる世界が存在する。

後悔と深い哀しみ

6つの物語には5組の家族が登場します。

その中で、瀬下の息子が亡くなった世界線での彼の叫びが辛かったです。

いったいどうすればよかったのだろう。どこから間違えていたのだろう。自分たちはいつ、何に失敗したのだろう。

深い哀しみに包まれます。こっちの世界では息子が亡くなり、また別の世界では妻が亡くなる・・・。

全ての物語に共通して感じるのは、「死」 と 「後悔」 でした。どのお話も切なくなります。でも道尾さんの描き方なのか、美しさも感じるんですよね。

今ある 「繋がり」 を大切に

これだけ 「死」 が描かれていると、 「生」 がとても尊く感じます。

「生きていること」、「人との繋がり」 。当たり前のように日常にあって、時には疎ましく感じることもありますが、かけがえのないものです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
大切な誰かが欠けた世界線、残された人の後悔を目の当たりにすると、それがよくわかる。

『鏡の花』の6つの物語は、どれも喪失感があります。誰かが生きていれば、誰かが生きていない・・・というような。なかなか全て望み通りにはならないのですね。

今見ているアニメ『シュタインズ・ゲート』もそうなんです。

タイムリープ、世界線移動を描いた『シュタインズ・ゲート』

道尾さんの『鏡の花』と『シュタインズ・ゲート』は、まったく違うものです。でも『鏡の花』を読みながら『シュタインズ・ゲート』の世界が頭をよぎりました。

誰かを助ければ、誰かが助からない。過去を変えても、望み通りの未来になるとは限らない。

『シュタインズ・ゲート』は、タイムリープものです。元はゲームソフトなんですね。ゲームはやらずにアニメを見ました。クォリティ高いです。

こちらも様々な世界線 (パラレルワールド) が描かれています。・・・もっとも、ここで描かれている世界線はパラレルワールドとは別ものです。世界は再構築されます。

  • マユリがいない α世界線
  • クリスがいない β世界線
  • マユリとクリスがいる シュタインズゲート世界線

過去を変えるとバタフライ効果により、その影響はとても大きなものになる。大切な人の 「死」 を通して悩む岡部倫太郎を見ていると切なくて涙が出てきます。

今 AbemaTV で続編が放送されていますが、またまた衝撃の連続。・・・面白いです。ちなみに過去作も今作も Amazon primeビデオにて配信されています。

30日間無料体験

Amazon prime 無料体験

SF好き、特にタイムリープもの好きであれば、楽しめると思います。中二病のオカリンのキャラには面食らいましたが、見ているうちに愛着がわくんですよね(笑)そして、またあの彼に戻って欲しいと願ってしまう・・・。

『鏡の花』を読んで、『シュタインズゲート』を見て思うこと 「まとめ」

ぜんぜん違う物語なのに、一緒にまとめようとしているところが強引ですが・・・ (*^^*ゞ

2つを同時に見て感じたことは1つです。

「死」 を通して 「生」 の大切さを実感できること。

「もしも大切な人が生きていたら」・・・とは考えますが、逆パターンはどうでしょう。「もしも大切な人が死んでしまったら」・・・とは考えたくないものです。

『鏡の花』も『シュタゲ』も大切な人がいない世界が描かれていて、登場人物の喪失感や後悔が直に伝わってくるんです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
だから生きて繋がっていることが尊く思える。

『鏡の花』は、SFとして読むと少し物足りなさを感じてしまいます。でもこう思わせてくれるのは、さすが道尾さんだと思いました。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら
こちらは読んだ?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA