SF・ファンタジー

野崎まど『know』感想と考察 / 「知りたい」 と思うのは人間の本質? 道終・知ルを見て思ったこと

道終・知ルを見ていたら、人間の本質がみえてきた。

野崎まどさん『know』感想と考察。
前々から気になっていたSF小説を読みました。

人は 「知ること」 に対して、どこまでもどん欲なんですね。当たり前に情報を求めていたけど、人間の心理をついていて、なかなか深い物語でした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
『know』の登場人物、道終・知ルを見ていたら、人間の本質がみえてきました。

この本を読むと・・・

  • 「生きること」 と 「知ること」 について考えてしまう
  • 確立された世界観に圧倒される

ネタバレあります。ご注意下さい。

『know』あらすじ

超情報化社会の未来日本―

『know』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
2081年の日本。情報があふれる社会で人造の脳葉 “電子葉” の移植が義務化されていた。情報庁の官僚、御野・連レルは、行方不明の恩師である道終・常イチが残した暗号により、ひとりの少女と出会う。世界が変わる4日間が始まった―。

【目次】

Ⅰ.birth、Ⅱ.child、Ⅲ.adult、Ⅳ.aged、Ⅴ.death、epilogue

『know』感想

括りはSFですが 文章はラノベのような読みやすさでした。でもちょっぴり難しかったです。

超情報化社会で、「電子葉」 を埋め込むことを義務化された世界。

便利だなと思う反面、格差が激しい。あまりにも現実離れしている社会だから、ついていくのがやっとでした。今のリアル社会に通じるものがあるけど、設定がぶっとんでいます。

テーマは タイトルそのもの 「知る」 です。

人はいつも情報を求めるものなんですね。きっと生きている限り、それは止まらない。あふれている情報を吸収せずにはいられないんです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
「知る」 ということを通して、「生きること」 を深く考えてしまう小説でした。

脳の補助機!? 「電子葉」 とは

「電子葉」 というのは、ネットワークと通信して情報を取得したりできるもの。脳の補助的な役割をしています。

今はスマートフォンが復旧しているから、検索すれば様々な情報を調べることができます。でも時間がかかる。「電子葉」 であれば、端末を持つことなく、思うだけで瞬時に情報が目の前にでてくるんです。

幼少の頃から電子葉に慣れ親しんだ世代は、ネットで調べられることは全て 「知ってる」 と言う。ネットで調べられないことだけを 「知らない」 と言う。

この未来日本では 「知らない」 から 「調べる」 のではなくて、「知ってる」 と 「調べる」 は同じ意味で使われています。「知らない」 というのは、あくまでもネットには情報がないものを指している。

ひつじくん。
ひつじくん。
たちどころに情報がひきだせるから、こうなるのもわかる。うーん、すごい社会だ。

道終・知ルのスゴすぎる能力

主人公、連レル (つれる) の恩師である道終・常イチ (みちお・じょういち) が失踪してから14年。情報庁に務める連レルの元にアルコーン社の最高責任者、有主照・問ウ (ありすてら・とう) が訪ねてきます。失踪した道終・常イチの行方を知らないかと。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
人の名前が特殊。この辺り、ラノベ感があります。

常イチは、ある貴重なデータを持ち出して失踪。そのデータは 「電子葉」 の先をいく 「量子葉」 についてのものでした。

連レルは14年ぶりに常イチと再開し、1人の女の子を預かることに・・・。彼女の名前は、道終・知ル (みちお・しる) 。「量子葉」 の持ち主、【クラス9】世界最高の情報処理能力を持った少女でした。

彼女の能力がスゴすぎてムチャぶり感がありました。

人の心を読んだり、何が起こるかを予測したり、銃弾をダンスしながら避けたり・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
イヤイヤイヤイヤ、たとえ人の行動が予測できたとしても、上手くいきすぎでしょ。
ひつじくん。
ひつじくん。
まるで超能力だね。

ありとあらゆる情報だけで、ここまで予測が可能なものなの? と疑問に思いました。思いもよらず突発的なことをしてしまうのが人間です。銃弾をよけるダンスは面白かったけど、少し呆気にとられてしまいました。

「知りたい」 と思うのは人間の本質

道終・知ルを見て思ったこと

人は生きていれば、情報を求めずにはいられなのだと思いました。「知りたい」 と思うのは人間の本質です。

知っていると安心する。安心するために知りたい。

ひだまりさん。が情報を求めるのには、だいたいこんな心理 があります。スマホ依存というわけではないですが、もし取り上げられたら落ち着かなくなっちゃいそうです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
昔は なくても平気だったのにね。

一旦、情報があふれる (すぐ検索できる) ことに味をしめてしまうともうダメです。

「知る」 ことで成長もできる。

自分が賢くなったような気になります。いろんなことを経験して知ったりすることで、自分が成長する。

ふと、ソクラテスの名言が頭にうかびました。

自分自身が無知であることを知っている人間は 自分自身が無知であることを知らない人間より賢い。

むかし、ヨースタイン・ゴルデル『ソフィーの世界』を読んだときにソクラテスの言葉を知りました。そのときに、なるほど・・・と感心したことを覚えています。

知らないことなのに知っている風を装っちゃうと知識はそこで止まってしまいます。それよりも知らないことは知らないと認めると、そこから 「知る」 ことができる。結果、今までの自分よりも賢くなるんです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
それに気づいてから、知ったかぶりをするのをやめました。

でも 「知る」 ことは大事だけど、なんでもかんでも情報が流れてくるのはイヤだなと思います。そういう意味では、私にとって『know』で描かれている世界はディストピアなのかもしれません。

『know』ラストの考察

最後まで読むとわかるのですが『know』は、全体を通して 「輪廻転生」 についても描かれています。

ほとんどの全ての情報を知ることができる道終・知ルですが、1つだけ知りえないことがありました。 死後の世界についてです。

ひつじくん。
ひつじくん。
誰も情報を持っていないから 当然といえば当然だよね。

「知りたい」 と思うのは 人間の本質です。彼女は・・・。ラストは少しぼかしたまま終わってしまいます。でもいろいろと想像ができて、それはそれで楽しめました。

エピローグの子どものひとことが輪廻転生を匂わせます。

「死んだあとのことなんて、子供でも知ってるよ」

たぶん 「量子葉」 を持つ少女、知ルは究極の情報 (死後の世界) を知って戻ってきたのだと思います。だから未来の子どもたちは、「死んだあとのこと」 を知っている。

ほんとうに、知ることができたらどんなに良いか。そうしたら 「死」 というものが怖くなくなるかもしれませんね。

超情報化社会の果ては ハッピーエンド

超情報化社会の果ては、情報格差がなくなってハッピーな世界になっていました。全てがオープンソース。

格差がなくなったのは良いけど、やっぱりこの社会はイヤかも。個人の情報までもが筒抜けっていうのは怖い気がします。リアル感もありながら、でも現実はこんな世界にはならないだろうなと、少し冷めた気持ちにもなりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
なかなか深い小説でした。面白かったのでオススメです。
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら
こちらは読んだ?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA