ヒューマン・ラブストーリー

『本日は、お日柄もよく』原田マハ【あらすじと感想】スピーチライターと言葉の魔力

わたしの言葉が日本を変える!?

原田マハさん『本日はお日柄もよく』
何度もホロリときました。最初から結末まで。「本日はお日柄もよく」という言葉は、結婚式のスピーチを連想しますね。本書はスピーチライターという職業にスポットを当てたお話になっていました。

『本日はお日柄もよく』あらすじ

目頭が熱くなるお仕事小説!!

『本日は、お日柄もよく』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
幼なじみ厚志の結婚式で、衝撃的なスピーチに出会った二ノ宮こと葉。すぐにスピーチライターの久遠久美に弟子入りするが・・・。

『本日は、お日柄もよく』感想

原田マハさんが奏でる言葉は本当にジーンときます。本を読む時、心に響いた言葉があると付せんを貼っていくのですが、気づけば付せんだらけになってしまいました。

言葉の魔力がすごい。

・・・でも正直に感想を言うと、あまり深くハマれなかったんです。特に後半のストーリーは少し読むのに苦戦しました。前半はとても良かったんですが、後半はほぼ選挙戦になってしまったからだと思います。(やっぱり原田さんの本は美術ものの方が好きです)

そんな私でもフセンをたくさん貼って、なおかつホロリとしたのですから、原田さんが描く言葉はすごいと思います。

ホロリとくるスピーチ

物語は結婚式のスピーチから始まります。

主人公である二ノ宮こと葉の幼なじみ、今川厚志の結婚式場です。下手なスピーチに耐えられなくなったこと葉は、眠気におそわれてスープ皿に顔を突っ込んでしまいます。

なんともユーモアあふれる登場人物ですね。

思わず私も笑ってしまいました。・・・でも気持ちはわかるかも。面白くないスピーチって眠くなるんですよね。

その式場で彼女は運命的な出会いをします。久遠久美というスピーチライターの女性と・・・。こと葉はそのスピーチに感動して、後に弟子入りすることになります。

さきほども書きましたが、この本の良いところは心に響く数々の「ことば」にあります。

久美さんのスピーチもそうですが、こと葉の友達に向けたものや、選挙戦で小山田党首が述べたスピーチ、今川厚志の演説など・・・。そこにはたくさんのグッとくる「ことば」が描かれているんです。

私がジーンとしたのは、主人公が友達の結婚式で述べるスピーチでした。

親友に対する、めいいっぱいの思いやりと愛が感じられました。そして漠然としか知らなかったスピーチライターという職業について。簡単に主人公が上達していく姿は少し疑問を感じましたが、極意なども書かれていてなかなか興味深かったです。

言葉が持つ力

『本日は、お日柄もよく』はドラマ化されました。心にしみる文章が人の言葉として音になるというのは、良いですね。

原田さんの描くことばから勇気をもらえました。ことばが持つ力はすごい。

悲しいことがあってどん底に落ちたとしても、時間がたつと涙は止まり、いずれは前に歩き出している。

生きていればお腹もすくし、生活をしていくために働いたりしなくちゃいけないし。

立ち直るまでの時間は人それぞれだけど、本書を読んでいると前向きになれる気がしました。

Yes,We Can

後半は、ほとんど選挙のお話でした。スピーチで国民の気持ちをつかみ取り勝ち抜いた人物・・・と言えば、アメリカのオバマ大統領がいますね。ちらっとバラク・オバマ氏の演説にも触れています。

「Yes,We Can」は有名なフレーズになりました。「私」ではなく「私たち」だから、こんなに心に響くんでしょうね。

政治家とスピーチライターをはじめ、たくさんの人たちで選挙を乗り切る様子は、本書でもガッツリ描かれています。

厚志&こと葉ペアのライバル、和田日間足 (ワダカマ)。やり手のスピーチライターです。彼の登場により、ますます選挙戦は加熱していきます。

白熱の選挙戦

民衆党、小山田党首&出馬した厚志が目指すもの。

それは政権交代です。

「いますぐに、まっすぐに」・・・という、かつての政治家である厚志の父の想いがつまった言葉を軸にして、白熱の選挙戦が繰り広げられます。

この小説は、政治が苦手な私にもわかりやすく描かれているんです。ただそんなに順調にスラスラいくと、なんとなく違和感を覚えてしまう事と、苦手意識もあり読むのに苦戦してしまいました・・・ (^^;)

『本日はお日柄もよく』心温まる結末

選挙のゆくえも気になりますが、結末には心が温まりました。「本日はお日柄もよく」に始まり、それで終わる。・・・最後も素敵な文章に、ホロリときてしまいました。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA