ヒューマン・ラブストーリー

『舟を編む』三浦しをん【あらすじと感想】広く深い言葉の海

ことばの大切さを痛感。

三浦しをんさん『舟を編む』感想です。初めて読む作家さんでした。2012年の本屋大賞にもなりました『舟を編む』です。

『舟を編む』あらすじ

本屋大賞受賞作

『舟を編む』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
玄武書房で働く馬締光也は、辞書編集部に異動になった。新しい辞書『大渡海』を編むために・・・。

『舟を編む』感想

素晴らしい物語ですね。辞書を開きたくなってしまいます。そして辞書の面白さや言葉の奥の深さにも気付かされました。

辞書を編む

私が初めて辞書で調べた言葉はなんだっただろう。この本を読んだあとに辞書をめくりたくなりました。残念なことに実家に置いてきてしまったため手元にありません。・・・ちょっと後悔。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
舟を編むという表現が素敵です。なんのことだろうと思いましたが辞書を作るということなんですね。

辞書って凄いものなんだなぁと感嘆しました。馬締さんたちは、新しい辞書『大渡海』を編むために奮闘します。膨大な時間と労力をかけて。まさに人生を注いでいますね。

言葉をメモにとり正確に調べる。それには辞書は必要不可欠。日本だけでもたくさんの言葉があふれていて、本当に海のように果てなく広いものですね。私なんて、ほんのひと握りの言葉しか知らないのではないかと思い知らされました。

言葉の世界

『舟を編む』を読んで一番痛感したのが、言葉の大切さでした。

相手に自分の気持ちを正確に伝えることは難しいものです。言葉のニュアンスや選び方で正しく伝わらなかったりします。終いには自分が何を伝えたいのかさえ分からなくなったりもして・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
もどかしい。言葉が浮かんでこないんです。そんな自分に愕然としたりする時もあります。

たくさんの言葉を可能なかぎり正確に集めること。

私の足りていないところです。知っている言葉の少なさに改めて気づきました。言葉を知らなければ、相手に正確に気持ちを伝えられないばかりかすれ違ってしまいがちですね。・・・なんか損してるなぁと思いました。

読み始めは物足りなさを感じましたが、読んでいるうちにだんだんハマっていく自分がいて。ラストの展開では涙ぐみました。故人を偲ぶときにも、やはり言葉は大切なものです。月日が流れても言葉の中に故人は生きている。今度、実家に帰ったら間違いなく辞書を開くと思います。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA