学び

『サンタクロースっているんでしょうか?』【あらすじと感想】語り継がれる絵本

絵本『サンタクロースっているんでしょうか?』

中村 妙子 (訳)
東 逸子 (絵)

クリスマスにオススメの絵本。「サンタさんは実在するのか?」 という、素朴な質問に優しく答えてくれる一冊。実話を元に描かれた絵本です。

『サンタクロースっているんでしょうか?』あらすじ

クリスマスにオススメの絵本

『サンタクロースっているんでしょうか?』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
ニューヨークにある新聞社に一通の手紙が届いた。実話を元にした絵本。

『サンタクロースっているんでしょうか?』感想

「サンタさんって本当にいるの?」

小さな子供に聞かれたとき、どう答えたら良いでしょうか。・・・そう言えば、私も昔 同じ疑問を抱いていたような気もします。歳を重ね、よく分からないまま今度は答える側になっていました。

この絵本を読むと、本当にサンタさんはいるのかも!!・・・と思えてしまうんです。

サン新聞社に届いた一通の手紙

アメリカのニューヨーク・サン新聞社に一通の手紙が届きました。差出人は、バージニア = オハンロンという8歳の女の子です。

きしゃさま
あたしは、八つです。 あたしの友だちに、「サンタクロースなんていないんだ。」っていっている子がいます。(中略) おしえてください。サンタクロースって、ほんとうに、いるんでしょうか?
バージニア = オハンロン

1897年9月21日
ニューヨーク・サン新聞社「社説」

1897年に掲載されたということは、今から100年以上も前のことなんですね。そんなに時が流れた今でも疑問に思うことは変わらず一緒。

サンタクロースが存在するか、しないか。

子どもにとっては今も昔も変わらないテーマのようです。

この絵本に書かれていることは、実際に「ニューヨーク・サン」新聞に掲載された社説です。それを日本語訳にしたもの。

少女の疑問に答えた人物がいました。
フランス=P=チャーチという同社の記者です。本書を読むと分かるのですが豊かな想像力と温かい心を持った人柄が伺えます。

サンタさんは存在する!

ズバリ、この絵本ではサンタさんは存在するとしています。

こうキッパリと言われると、そうなのかなという気になります。

愛や思いやり、真心というのは確かに存在しますよね。それらは目に見えないものですが、心で感じることができます。サンタクロースも同じなのかなと思いました。

サンタさんを見たという話は聞いたことないけど、いないと決めつけるのはどうだろう。

大事なことは心で感じることです。

目に見えないもの

世界は広くて、そこに存在する私はとてもちっぽけです。大人と呼ばれる年齢になりましたが、私の知識なんてごく小さなもので。世界に比べたら一握りくらいの知識しかありません。たぶんそれは世の中の大人たちも一緒です。

この絵本を読むと、大人になったからと言って何でも知っているわけではないということに気付きます。

目に見えないものこそが大切で確かなことだと書かれています。それは先程も書きました、愛だったり、思いやりだったり、真心だったりするものです。そしてサンタクロースも含まれている。

目に見えない愛や真心は、ちゃんと存在しているんです。そしてサンタさんも・・・

『サンタクロースっているんでしょうか?』は大人にもオススメの絵本

「サンタクロースはいるのか?」 という、長年のモヤモヤが解消されました。

そして大事なことに気づきました。
大人になってなんでも知っているような気になっているけれど本当は何も知らないんだということです。

目に見えないものこそ信じることも大切なんですよね。

本当にこの記者さんは想像力が豊かな方です。とても心に響く絵本でした。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. lime より:

    サンタクロースって、唯一この世に存在する、生きたファンタジーだと思うんです。
    私も子供の頃、サンタさんのプレゼントを枕元に見つけた時の喜びは忘れられません。
    でも次第に『本当にいるのかな?』って疑問が沸いてくるんですよね。
    そのころから、少しずつ大人へのドアが開かれてしまうのでしょうね。
    その過程も、とっても大事で温かい移行なんだろうなあ。
    サンタクロースは、自分の親の愛情の化身だと気づく。ここまでがちゃんとシナリオで。
    どんなに時代が変わっても、このファンタジーは受け継がれていってほしいなと感じます^^

  2. ひだまりさん。 より:

    こんにちは。ありがとうございます(*^^*)
    確かに生きたファンタジーですね!
    しかも、昔も今も変わらず続いています。
    きっとこれからも・・・。

    私も子供の頃はプレゼントが届くのがとても嬉しかったです。
    一度だけ、一緒に手紙が添えられていて純粋に喜んでいました(^^♪
    懐かしい・・・。
    大人になって物事が分かる年齢になると、純粋なままではいられなくなるけど、でも大切なことに気づくんですよね。
    limeさんのおっしゃる通り、親の愛情だったりします。
    そういうものこそ、大切にしないといけないんだと私も思います。
    素敵な絵本でした(*´˘`*)♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA