懐かしの教科書・古典

『泣いた赤おに』あらすじと感想・解釈 / 泣ける!教科書の名作絵本

泣いた赤おに
この記事に書かれていること
  • 『泣いた赤おに』絵本のあらすじと感想 (解釈)
  • 読むときのポイント
  • 青おにの優しさ
  • 泣き崩れた赤おに
  • 自己犠牲の愛について
  • 誰かの犠牲で成り立つ幸せ

いつまでも大切なおともだち。

『泣いた赤おに』絵本のあらすじと感想です。言わずと知れた名作、浜田広介さんの絵本を読みました。国語の教科書にも掲載されていたので親しまれているお話ですよね。

ひだまりさん。が読んだのは、つちだのぶこさんが絵を描いた絵本です。表紙の赤おにが可愛い。でも せつないなぁ・・・と改めて思いました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
本当の幸せってなんだろう?

読むときのポイント

  • 泣いた赤おにの気持ち
  • 自らを犠牲にした青おにの気持ち
  • 自己犠牲の愛について、どう思う?
ひつじくん。
ひつじくん。
この3つのことに注目したよ。

『泣いた赤おに』あらすじ

自己犠牲の愛を描いた物語

『泣いた赤おに』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
人間と仲良くなりたい赤おに。そんな彼をみて青おには、ある提案をしました。人間の前でぼくが暴れるから、赤おには、ぼくをやっつけてと。2人は人間の前で芝居を打つことになりましたが・・・。

『泣いた赤おに』感想

ラストはしんみりします。赤おにと一緒に泣きたくなりました。ここで描かれているのは自己犠牲の愛です。

これまでも自己犠牲の愛や無償の愛を描いた本を何冊かよみました。刀根里衣さん『なんにもできなかったとり』、宮沢賢治さん『銀河鉄道の夜』、オスカー・ワイルド『幸せな王子』シルヴァ・スタイン『おおきな木』・・・。

どれも大きな愛を感じますが、同時に切なくもなりました。いつも最後にモヤモヤな気持ちが残ります。

赤鬼と青鬼。どちらの登場人物に感情移入するでしょうか?

何も見返りを求めない青鬼か、青鬼の優しさにふれて泣き崩れる赤鬼か。

2人の気持ちを想像してみました。すると自己犠牲の愛を否定したくなりました。違う結末があったはずだと思わずにはいられなくなります。

青おにの優しさ

一見すると青おには優しく思えます。赤おにのために自らが悪者になる。・・・悪役を引き受けるわけです。友だちの幸せを1番に願う彼。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
誰にでもできることではないよね。私は、たぶん、できない。

青おにの気持ちを想像してみました。

親友、赤おにのための自己犠牲。母のようなおおらかな愛ですね。私も大切な人が幸せであるなら嬉しいです。もし困っているのなら助けになりたい。

でも私はそんなに器が大きくないから、自分の心にゆとりがない時だったら青おにみたいにできないだろうなと思う。

彼は赤おにのことを考えて自ら姿を消します。彼の優しさにふれて赤おには号泣するのですが・・・。

ひつじくん。
ひつじくん。
これも青おにの優しさなのかな。

泣き崩れた赤おに

置き手紙ひとつ残して姿を消した青おに。その手紙を読んで号泣する赤おに。

赤おにの気持ちを想像してみました。

青おにの優しさにふれ、感謝と申し訳ない気持ちになりました。そしてやるせなさ・・・。たぶん こんな結末を望んでいたわけではなかったと思います。

きっと赤おには 青おにと人間たちとみんなで仲良く暮らせる日がくると思っていたはず。赤おにの気持ちが痛いほどわかります。青おにを不憫に思う。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
これが切なさの原因ですね。

【簡単な解釈】ここまでのまとめ

2人の気持ちを想像してみましたが、赤鬼の方が感情移入しやすかったです。

  • 青おに → 自らを犠牲にして子を想う母のような大きな愛を赤おにに捧げる。
  • 赤おに → 青おにに感謝して申し訳ない気持ちと青おにを不憫に思い泣き崩れる。

赤おにが号泣するシーンで物語は終わります。ここで疑問に思ってしまうんです。

青おにのとった自己犠牲の行動は、果たして彼の優しさと言えるのか?

自己犠牲の愛って、どうなの?

前によんだ絵本『なんにもできなかったとり』や、『銀河鉄道の夜』を読んだ時にも思いました。

残された方の気持ちは?

自己犠牲の愛を否定するわけではないのですが、結局のところ自己満足以外の何でもないのだと思えてしまいます。

赤おには これからも青おにに対して申し訳ない気持ちを背負ったまま生きなければならないから。いなくなってしまったら恩返しも何もできないじゃないか。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
本当に赤おにの幸せを考えるなら姿を消す必要はなかったよね。

誰かの犠牲で成り立つ幸せ

いつも感じていることがあります。

私の幸せは誰かの犠牲 (善意) の上に成り立っているということ。

たぶんそれはお互いさまで、そういう仕組みの世の中。ひとつひとつが小さなことかもしれないけど、いつも感謝の気持ちを持っていたいです。

『泣いた赤おに』は名作です。切ない結末だからこそ、たくさん想像するし何か言いたくなるし真剣に考えてしまう。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
いつの日か、赤おにと青おにと人間が笑って暮らせる日が来ると良いな。

こちらもおすすめ

自己犠牲の愛を描いた絵本です。感情が揺さぶられます。

『なんにもできなかったとり』(絵本) 刀根里衣【あらすじと感想】幸せを求めて ぼくにも できることが、きっとある! 刀根里衣さんの絵本『なんにもできなかったとり』感想です。 ・・・実はこの本を読...
藤城清治さんの絵本『銀河鉄道の夜』あらすじと感想 / 光と影の幻想的な世界藤城清治さんの影絵本『銀河鉄道の夜』あらすじと感想です。ジョバンニの孤独と「ほんとうの幸せ」、杉井ギサブロー監督のアニメ映画『銀河鉄道の夜』についても書いています。...

他にもあります

教科書の名作
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

POSTED COMMENT

  1. 雨降りさん より:

    遅れましたが、今年も宜しくお願い致します!
    素晴らしいレビューでした❤️
    私も、ひだまりさん。と同意見です。
    自己犠牲は尊い心だけれど、どうやっても切ないから、皆が幸せになる方法を考えたいです。
    食べること一つとっても、生きることは犠牲が伴う。
    私もいつも感謝して生きていきたいです☺️
    考えさせられるレビューをありがとうございます😃

  2. 雨降りさん、コメントをありがとうございます。
    そして、今年もよろしくお願いします m(_ _)m

    誰かが犠牲になる・・・というのは、やはり切ないです。見返りを求めなかった青おにも、幸せであるはずの赤おにの気持ちを想像しても。手放しで喜べないというか、モヤモヤした気持ちになってしまいます。

    みんなが幸せが1番です (^ ^)

    私が平和に暮らしていられるのは、きっと周りの誰かのおかげ。私もそんな気持ちを大切にしていきたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA