教科書・古典

『てつがくのライオン』工藤直子&長新太【絵本のあらすじと感想】哲学、始めました!

この記事に書かれていること
  • 工藤直子さんと長新太さんのコラボ絵本『てつがくのライオン』あらすじと感想
  • ライオンにとっての哲学的とは
  • 哲学は肩がこるし、お腹がすく
  • かたつむりに褒められたライオン

『てつがくのライオン』

工藤直子 (文)
長新太 (絵)

哲学的になろうとするライオンのはなし。

工藤直子さんと長新太さんのコラボ絵本です。長さんの絵が素敵で ほのぼのしちゃいました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
教科書にも掲載されているようですね。

絵本『てつがくのライオン』あらすじ

哲学はお腹がすく!?

著:工藤直子 文n長 新太 絵
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
あらすじ

哲学を好きになったライオン。彼は 「てつがくてき」 になろうとして・・・。

絵本『てつがくのライオン』感想

「てつがくてき」になろうとするライオン。その姿が可愛く、ちょっぴり可笑しくて微笑んでしまいます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
いいなぁ、この主人公。

ライオンにとっての哲学的とは

ライオンは 「てつがくてき」 になろうとします。

でも、ちょっと待って下さい!それってどういうことを指すんだろう?言葉を調べました。

哲学的とは

哲学 (人生・世界、事物の根源のあり方・原理を理性によって求めようとする学問。また、経験からつくりあげた人生観) に関するさま。また、事物や人生などの根本的なあり方を探究するさま。

ひつじくん。
ひつじくん。
よくわからないね。

尻尾を右にまるめて腹ばいになって座り、前足をそろえて首をのばし、右ななめ上を向くライオン。

私も右ななめ上を向いてみました。何となく自分が賢そうに見えるんじゃないかという気になります。これがライオンにとっての 「てつがくてき」 のようです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
どう見ても考えるフリをしているようにしか見えない (笑)

哲学は肩がこるし、お腹がすく

深いなと思ったところ。

日が暮れるまでずーっと同じ姿勢でいたライオンは ある事を悟ります。

哲学は肩がこるし、お腹がすく。

ずーっと同じ姿勢をしているんだから、当たり前じゃないかと思われるかもしれません。でもここが1番印象に残りました。

ライオンが自分でやってみて見つけ出した答えだから

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ライオンのように 何事もやってみるという姿勢が大切なんですよね。

そのことを身をもって教えてくれたライオンを見直しました。

かたつむりに褒められたライオン

主人公は かたつむりを信頼しているんです。哲学をやった時の様子を、かたつむりの前で再現します。

とても美しくて立派だと褒められて、嬉しくなったライオンが微笑ましい。

嬉しい言葉って何度も聞きたくなっちゃいますよね。私も褒められると、「えっ、もう1回言って」 と催促しちゃいます。

褒められたライオンは、肩こりもお腹がすくのも忘れて 「てつがく」 になる。単純で可愛い。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
私も哲学してみようかな。
著:工藤直子 文n長 新太 絵
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
『インタビューあんたねこ』くどうなおこ/100万分の1回のねこ工藤直子『インタビューあんたねこ』あらすじと感想です。月に抱かれている不思議な猫、星色の魚、100万回死んだねこについて書いています。...
大人におすすめの絵本
【大人におすすめ絵本】ほっこりと学べて癒される大人向け絵本特集 プレゼントにも!大人におすすめ絵本を厳選して紹介しています。学べる絵本、幸せな気分になれる癒しの絵本、切ない絵本、教科書の名作など、プレゼントにもおすすめです。...
クリスマスに読みたい本
クリスマスに読みたい!人気絵本&小説|プレゼントにもおすすめ!クリスマスに読みたい人気絵本と小説を厳選しました。子どもにおすすめの絵本、大人も楽しめる小説をご紹介します。子どもや友達のプレゼントにもオススメです。...
本と言葉にまつわる小説と絵本
本好きにおすすめ「本」と「ことば」にまつわる小説&絵本本好きにオススメの「本」と「ことば」 にまつわる小説や絵本を厳選しました。『なかなか暮れない夏の夕暮れ』『本を守ろうとする猫の話』『三月は深き紅の淵を』『熱帯』『囀る魚』『星の民のクリスマス』『真昼の夢』『あるかしら書店』『舟を編む』『図書館の魔女』『ことばのかたち』『言葉屋 言箱と言珠のひみつ』などを紹介しています。...

他にもあります

教科書の名作
こちらは読んだ?