学び

『ちいさなちいさな王様』アクセル・ハッケ【あらすじと感想】王様が教えてくれたこと

『ちいさなちいさな王様』

アクセル・ハッケ (作)
ミヒャエル・ゾーヴァ (絵)

人差し指サイズの小さな王様が、僕の前に現れた―。

『ちいさなちいさな王様』
とても素敵な物語でした。100ページちょっとなので、すぐ読めてしまいます。でもそこに書かれていることはとても深い。

『ちいさなちいさな王様』あらすじ

長きにわたって愛されてきたドイツのベストセラー小説。

『ちいさなちいさな王様』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
ある日、人差し指サイズの小さな王様が、僕の前に現れた―。

『ちいさなちいさな王様』感想

大人になるにつれて得たものと失ったものがありました。そして「死」について。それをまじえてレビューを書いていきます。主人公の「僕」と、小さな王様のお話です。

ある日、ふらりと 僕の部屋にあらわれた、僕の人差し指サイズの 気まぐれな小さな王様。

可愛い人差し指サイズの王様。挿絵もインパクトがあります。5つの章からなっていました。

目次
  1. 大きくなると小さくなる
  2. 眠っているときに起きている
  3. 存在しないものが存在する
  4. 命の終わりは永遠のはじまり
  5. 忘れていても覚えている

読んでいると、私の隣にも彼が存在しているような気分になります。王様はとても大切なことを教えてくれました。

歳をとるにつれて小さくなる

私たちは年をとるにつれて大きくなっていきます。

でもここに登場する王様は逆なんです。生まれた時は大きくて、だんだんと小さくなっていく。そしてその時から何でも出来てしまうんです。

生まれたてで、もう大人のような王様。小さくなるにつれて、どんどん忘れていくようです。大人から子供へ戻っていく感じですね。

この物語を読んでいると多くの失ったものについて考えます。子供の頃だれもが抱いていたものです。

「何者」かになってしまった私

大人になって失ったもの

「何者」 かになってしまった私が、別の 「何者」 かになろうとしても、難しい。

小さい頃に抱いていた夢・・・。
今は全く違う職業に就いていますが、そういえば私も夢を抱いていました。遅すぎる・・・ということはないのかもしれませんが、私も「何者」かになった今、全く別のものになりたくてもなれない現実があります。

今の私が嫌というわけではないんです。

でも歳を重ねるにつれて、あらゆる可能性がどんどん狭まってゆく。・・・なんだか少しだけ切なくなります。

もうひとつ、大きくなるにつれて失っていくものがありました。

広がる想像の世界

成長するにつれて得るもの。それは常識や知識といったものです。でも反対に失っていくものもあります。

想像力です。

子供の頃は先入観がなく想像力が豊かでした。でも世の中を知ることで、限りなく豊かだったものが失われていきます。

どうしてランプに明かりがつくのか。テレビの画面に映像がうつるのか。

今は理屈がわかるから何とも思わないけど、小さな頃は何でも想像してました。・・・何にでも無限の可能性があったんです。

小さな王様は、知識を失っていくことで可能性が広がっていく。・・・少しだけ彼の世界が羨ましくなります。まるで夢の世界ですね。

この本を読んでいると、自分の想像力が広がっていくような気がする。

主人公の「僕」、そして「私」の隣にも王様がいるような気持ちで読んでいました。

彼と一緒にいることで「僕」と「私」は小さい頃に見えていたはずの風景をまた見ることができる。知っているはずなのに忘れていたことを思い出させてくれます。

命の終わりと始まり

素敵だなと思ったのは、4章の「命の終わりは永遠のはじまり」です。

この章で描かれているのは「人が亡くなること」です。

・・・でも素敵なお話でした。人は亡くなると星になるんです。そして王様の世界に生まれ変わる。星から王様が誕生します。

こんな素敵な世界に生まれ変われるのなら、生を終えることも怖くないかもしれませんね。

ちいさな王様に学ぶ大切なこと

真実は目に見えないもの。

大人になるにつれて、目に見えるものが真実で大切だと思ってしまいがちです。そしてそれしか信じなくなる。小さな頃は想像していたことも、大人になると省略してしまう。

以前よんだ『星の王子さま』や『サンタクロースっているんでしょうか?』でも感じたことです。

「大切なことは目に見えない」ということ。

想像することをやめてしまえば、大切なことも気づかなくなってしまいます。ゆっくり落ち着いて目を閉じて。たまには「見る」前に、思い描いてみることも必要かもしれません。

図書館で借りてきたこの本。手元に一冊持っておきたくなるような物語でした。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA