ほっこり

『あのね、サンタの国ではね・・・』絵本のあらすじと感想/サンタクロースの秘密

『あのね、サンタの国ではね・・・』

嘉納 純子 (文)
黒井 健 (絵)

クリスマスにプレゼントを届けてくれるサンタさん。赤い服を着て白いおひげをはやして、トナカイが引くソリに乗ってやってきます。でも疑問に思ったことはないですか?

サンタクロースって、普段は何をしているの?

その疑問に答えてくれるのが、この絵本です。クリスマスまでが楽しくなる本。2冊目は『あのね、サンタの国ではね・・・』を紹介します。

『あのね、サンタの国ではね・・・』あらすじ

サンタクロースの一年のくらし

『あのね、サンタの国ではね・・・』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
サンタクロースの1年を描いた楽しい絵本。

『あのね、サンタの国ではね・・・』感想

この絵本は、1月~12月までのサンタクロースの秘密を描いています。

12月にプレゼントを届けに来てくれる以外は、何をしているのか謎なサンタさん。でもこの本を読むと、サンタさんにも普通の生活があって意外な一面を知ることができます。

サンタクロースの素敵な一年

彼らは北の国に住んでいます。

世界には様々な人がいるように彼らも様々です。のっぽさんや、やせっぽっちさん、色黒さん・・・・・。

1月。
グランサンタの家にたくさんのサンタさんが集まっています。「新年会」のようです。黒井さんが描く優しい絵が素敵で、ほんわかしています。温かみのある絵ですね。

4月。
トナカイの学校の入学式。ここでトナカイたちは、ソリを引いたり空を飛ぶ勉強をします。

トナカイさん、頑張って!!

こんな感じで1ヶ月ごとの出来事を描いています。なんか私たちの生活と一緒で親近感が湧いてきちゃいます。そんな中で意外に思った場面がありました。それはサンタさんの息抜き (?) です。

楽しい夏休み

私たちもそうですが、仕事をしていても勉強をしていてもたまには息抜きが必要です。好きなことをしたり運動をしたり・・・・・。(私の場合は、本を読むことが息抜きにもなり安らぎです)

8月。

1年に1度の夏休みです。アザラシやイルカと遊ぶサンタさん。

楽しそう。なんだかサンタさんが、より身近に感じられます。泳ぐんだ♪♪

プレゼントがなる実

このお話では、プレゼントは実から収穫するんです。・・・・・それは9月。

その実がなる種が欲しい。それにしても全部収穫するのは、ひと仕事ですね。でも、なんだか面白そうです。プレゼントは、実から採れるのかぁ・・・・・。

メリークリスマス!

最後は12月。
クリスマス・イブの夜です。これから子供たちのところへ。サンタさんの一年で、最も楽しくて忙しい夜の始まりです。私もサンタさんになった気分でした。

彼らが身近に感じられる絵本。クリスマスまでの待ち遠しい間、サンタクロースの一年を追いかけてみるのも悪くありません。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA