絵本・児童文学

急行「北極号」ネタバレ感想文・あらすじ|クリスマスに読みたい絵本

この記事に書かれていること
  • 急行「北極号」絵本のあらすじと感想
  • 子供の頃の気持ち
  • 「アート」な絵本
  • 男の子が1番ほしいもの
  • クリスマスの思い出
  • そりの鈴の音

急行「北極号」The Polar Express

(絵と文) C・V・オールズバーグ
(訳) 村上春樹

クリスマスが近づくと頭に浮かぶ絵本。気にはなっていたけど、そう言えばまだ読んでいなかったんですよね。表紙が汽車の絵なので「銀河鉄道の夜」を連想しました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
アートな絵本。

急行「北極号」あらすじ・評価

クリスマス前夜のミステリー。

著:クリス・ヴァン・オールズバーグ, 原著:Chris Van Allsburg, 翻訳:村上 春樹
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
あらすじ

クリスマスイブに現れたのは ふしぎな汽車「北極号」だった。少年は その汽車に乗りこみ・・・。

急行「北極号」ネタバレ感想文

まだ少し早いですが、一足先にクリスマス気分を味わえちゃう物語でした。

ひつじくん。
ひつじくん。
ほっこりしたよ。

子供の頃の気持ち

『急行「北極号」』を読みながら、子供の頃のことを思い出しました。

イブの夜、サンタさんをひと目見ようとワクワクしながら寝ないで起きていたこと。そして枕元にあったプレゼント。

サンタクロースは私の欲しいものを知っているんですよね。・・・もう味わうことの出来ない気持ちです。

イヴの夜

主人公の男の子が寝ないでサンタクロースを待っていました。男の子の前に現れたのは サンタクロースでもましてや鈴の音でもなく、急行「北極号」です。

「アート」な絵本

急行「北極号」が目指すのはサンタクロースがいる北極点。

汽車には子供たちが乗っています。絵が素敵なんですよね。これはまさに「アート」。絵だけ見ていっても物語が想像できました。

雪が舞う汽車の絵も素敵だけど、人の表情が豊かなのが良い。楽しい気持ちやガッカリした気持ちが伝わってきて温かな気持ちになります。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
私も乗りたいな。

イブの夜にサンタクロースのいるところまで汽車で行くの、素敵です。普段は地下鉄ばかり使っているから、たまには汽車に揺られるのも良いですね。

男の子が1番ほしいもの

やがて「北極号」はサンタクロースのいる北極点に着きます。男の子は、サンタさんからプレゼントを貰えることになったのだけど・・・。

ひつじくん。
ひつじくん。
なんだと思う?男の子がいちばん欲しいもの。

クリスマスの思い出がよみがえる

次から次へとクリスマスの記憶がよみがえってきました。

サンタさんに貰ったものはオモチャが多かった気がします。1度、手紙が添えられていたことがあって、とても嬉しかったのを思い出しました。

父がサンタさんのフリして書いてくれた手紙。プレゼントの内容は思い出せないのに、手紙のことだけはハッキリと覚えています。

目新しい展開もなく、感動するっていう絵本でもないけど、たくさんの思いに浸れました。

サンタクロースを信じていたあの頃の気持ち、そして家族と過ごした温かな朝・・・。この絵本の魅力は、そういったことを再び感じれることです。

そりの鈴の音

聞こえたはずの鈴の音

ちりんちりんと響く、サンタのそりの鈴の音。大人になった私にはもう聞こえないのかもしれません。

心から信じていれば、鈴の音はちゃんと聞こえる

ひだまりさん。
ひだまりさん。
サンタのそりの鈴の音。信じていれば私も聞こえるのかな?

私もいい大人になってしまったけど、子供の頃に感じた純粋な気持ちを忘れずにいたいです。

著:クリス・ヴァン・オールズバーグ, 原著:Chris Van Allsburg, 翻訳:村上 春樹
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す

CGアニメ映画『ポーラー・エクスプレス』

『急行「北極号」』を元に描かれたCGアニメ映画『ポーラー・エクスプレス』をみました。

ワーナーホームビデオ
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
ひつじくん。
ひつじくん。
面白かったよ。

絵本とはまたちがった雰囲気。華やかでユーモアたっぷりに描かれた映像でした。

クリスマスに読みたい本
クリスマスに読みたい!人気絵本&小説|プレゼントにもおすすめ!クリスマスに読みたい人気絵本と小説を厳選しました。子どもにおすすめの絵本、大人も楽しめる小説をご紹介します。子どもや友達のプレゼントにもオススメです。...
大人におすすめの絵本
【大人におすすめ絵本】ほっこりと学べて癒される大人向け絵本特集 プレゼントにも!大人におすすめ絵本を厳選して紹介しています。学べる絵本、幸せな気分になれる癒しの絵本、切ない絵本、教科書の名作など、プレゼントにもおすすめです。...
本と言葉にまつわる小説と絵本
【本好きにオススメ】「本」 と 「ことば」 にまつわる小説&絵本本好きにオススメの「本」と「ことば」 にまつわる小説や絵本を厳選しました。『なかなか暮れない夏の夕暮れ』『本を守ろうとする猫の話』『三月は深き紅の淵を』『熱帯』『囀る魚』『星の民のクリスマス』『真昼の夢』『あるかしら書店』『舟を編む』『図書館の魔女』『ことばのかたち』『言葉屋 言箱と言珠のひみつ』などを紹介しています。...