学び

『幸せな王子』オスカー・ワイルド×清川あさみ/【感想】自己犠牲の愛と「アート」な絵本

『幸せな王子』

オスカー・ワイルド (原作)
清川あさみ (絵)
金原瑞人 (訳)

「幸福な王子」って、ちゃんと読んだことなかったんですよね。あらすじや内容は知っていましたが、いざ読んでみるとびっくりしました。こんなに感動するお話だったのですね。

ネタバレあります。

『幸せな王子』あらすじ

糸と布とビーズの「アート」な絵本

『幸せな王子』
おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
『幸せな王子』を元に、清川あさみが描くアート絵本。

『幸せな王子』感想

ため息をついてしまうくらい繊細で綺麗な絵本。自己犠牲の愛、そして健気なツバメ。胸が熱くなりました。ツバメさん立派。王子さまも。

糸と布とビーズの繊細なアート

ひとことで言うなら

アートな絵本

使われているのは糸と布とビーズ。それらが清川さんの手にかかると、こんなにも美しい作品になってしまう。繊細で綺麗で芸術性が高い本です。

魔法みたい。

私はボタンつけくらいはしますが、なんせ不器用なので糸と布とビーズでこんなに繊細な作品ができるなんて、びっくりです。清川あさみさんの絵本は前にも読んだことがあって (前に読んだのは「銀河鉄道の夜」です)、今回もやはり見とれてしまいました。

優しいツバメ

私が理解していた「幸せな王子」というのは、宝石で作られた王子さまが貧しい人たちにその宝石を分け与える・・・というものです。それを1羽のツバメが届けることは知っていましたが、絵本を読んでみたらツバメさんに感動してしまいました。

エジプトに行こうとしていた小さなツバメ。

王子さまに頼まれて宝石を届けます。ルビーにサファイア、金箔・・・。ひと晩だけのはずが、次の日も、その次の日も。優しいんですよね。そして可愛い。

自己犠牲の精神

本書は、自分よりも他者の幸せを願う精神が描かれています。 いわゆる自己犠牲の精神です。

楽しい人生を歩んできた「幸せな王子」。美しいものに囲まれて涙を知らずに育ち、そのまま人生を終えたあとに宝石で作られました。

自分が楽しければそれで幸せだと思っていた―。

でも高いところから周りを見てみれば、貧しい人たちの存在に気づくんです。そして自分が身につけている宝石を貧しい人たちに分け与える。最後には光り輝いていた宝石はひとつもなくなり、王子さまの像は壊されてしまいます。

最後は王子さまとツバメが天国で幸せになるというハッピー・エンド (?) です。

でも自己犠牲の愛って難しい。その結果、得られるものによって良かったかそうでないのか変わってきますよね。小さなことなら我慢してしまいますが、それが続くとストレスになってしまいます。

ほんとうの幸せ

「ほんとうの幸せ」とは?

何が幸せなのか価値観は人それぞれです。
私の大好きな『銀河鉄道の夜』、以前レビューをかきました刀根さんの絵本『なんにもできなかったとり』でも「自己犠牲の上にある幸せ」が描かれていました。たぶん世の中には「誰かの犠牲の上にある幸せ」がたくさん存在しているんだと思います。

自分が楽しい人生を送れたのは誰かのおかげということを理解して初めて「ほんとうの幸せ」を得られるのかもしれません。

ここで描かれている王子さまのように。たとえ、それが自己犠牲だったとしても。・・・でも願わくば、みんなが幸せになってほしい。

幸福の連鎖

自分は幸福だったから次はあなたに。

王子さまは、そう思っていたのかもしれません。それってとても素晴らしいです。「幸せ」って、そうやって連鎖していくものなのかもしれませんね。

心にゆとりがないとなかなかそれが難しい。

周りで少しゴタゴタがあったこともあり「心のゆとり」って大切なんだなと実感しています。本書の王子さまやツバメのように、ゆとりを持ちつつ人に優しくありたいと思いました。

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA