絵本・児童文学

『空にうかんだエレベーター』安房直子【あらすじと感想】幻想エレベーターとうさぎ

この記事に書かれていること
  • 安房直子さんの童話『空にうかんだエレベーター』あらすじと感想
  • 幻想的なエレベーター
  • 空想の世界
  • ともちゃんの夢と約束

満月の晩に また会いましょう

安房直子さんの童話『空にうかんだエレベーター』感想です。「夢の果て」 に収められている1話。満月の夜に、ウサギさんに会いに行くとエレベーターが空に浮かんで・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
幻想的ですよね。

『空にうかんだエレベーター』あらすじ

【あらすじ】
子ども服のショーウィンドウに飾られた可愛いうさぎ。ともちゃんは、このうさぎが大好きでした。ある日、ショーウィンドウを見ていると、うさぎの声が聞こえてきたのです。

『空にうかんだエレベーター』感想

私が読んだのは文庫本 (夢の果て) に収められているものでした。・・・なので上の挿絵↑は文庫本のものです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
絵本も出ているようですが、私にはこの挿絵の方がしっくりくる。

味戸ケイコさんのイラストです。鉛筆の優しく柔らかなタッチが幻想的ですね。

幻想的なエレベーター

子ども服のショーウィンドウにいるウサギさん。子供の頃って お店のショーウィンドウが別世界に思えたものです。

今でもそうかな。百貨店などのウィンドウって 独特の世界観がありますよね。ガラスで仕切られているから別世界に見える。

ともちゃんは、うさぎと満月の夜に会う約束をします。

次の満月の夜。ともちゃんとウサギは、エレベーターにのって お月さまにいちばん近いところまで行きます。

空にうかぶエレベーターです。四角い箱の。エレベーターはどんどん上っていきます。

ひつじくん。
ひつじくん。
安房さんの手にかかると、エレベーターまでもが幻想的になってしまう。

目を閉じてしばらく思い描いていました。上にはお月様があって。そこから見える夜景は素晴らしいかも。

あれは、風の音
あれは、雲の動く音
あれは、月の光がゆれる音

本当に聞こえてきそうですね。

空想の世界へ

目を閉じて空想の世界へ

安房さんの物語を読む時は、いつも途中で目を閉じます。そうすると 本の情景がうかんでくるんです。

エレベーターという身近にあるものを幻想的なものに変えてしまう。独特の世界観があって素敵です。ほんの少しの時間ですが とても癒されました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
安房さんが描く世界が好き。優しくて温かで愛にあふれています。

ともちゃんの夢と約束

2人は空の上で楽しい時間を過ごします。ともちゃんは、大きくなったら洋服屋さんになる夢がありました。

うさぎさんに、たくさんのお洋服を着せてあげる―。

うさぎと交わした約束。やがて楽しい時にも終わりが訪れます。これも私が安房さんの童話の好きなところです。最後には ちゃんと現実に戻る。

ひつじくん。
ひつじくん。
楽しい時は長く続かないものだけど、だから後から思うと輝いているのかもしれないね。

安房さんの物語は ときに残酷な終わり方をするものもあります。でも今回は素敵なラストでした。

ともちゃんの夢、叶うといいね。

こちらもオススメ

絵本『ひめねずみとガラスのストーブ』安房直子 / 大人には行けない世界安房直子さんの絵本『ひめねずみとガラスのストーブ』あらすじと感想です。閉じてしまった扉、ガラスのストーブ、大人になるということ、憧れの不思議な世界について書いています。...
『夕日の国』安房直子【あらすじと感想】縄跳びとオレンジ色の世界安房直子さん『夕日の国』あらすじと感想です。縄跳びと夕日の国、孤独なラクダについても書いています。...
『きつねの窓』安房直子【教科書のあらすじと感想】桔梗の花と窓に映った愛安房直子さん『きつねの窓』あらすじと感想です。小学校の教科書に掲載されていた物語。絵本も出版されています。桔梗の花言葉「永遠の愛」についても書いています。...

もっと見てみる

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA