懐かしの教科書・古典

『少年の日の思い出』(ヘルマン・ヘッセ) 教科書のあらすじ&感想 / 作者が伝えたいこと

この記事に書かれていること
  • ヘルマン・ヘッセ『少年の日の思い出』あらすじと感想
  • 苦い思い出と時系列
  • ぼくとエーミール
  • 印象に残っている言葉
  • エーミールの視点
  • 【考察】なぜ自分の蝶をこなごなにしたのか
  • 【解説】作者が伝えたいこと

ネタバレあります

そうか、そうか、つまり君はそんなやつなんだな

ヘルマン・ヘッセ『少年の日の思い出』感想です。中学1年生の教科書に掲載されていて 馴染みある作品。『もう一度読みたい 教科書の泣ける名作 再び』の中に収められている1話を読みました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
懐かしいですね。

最後に考察 (少年はなぜ自分の蝶をこなごなにしたのか) と、解説 (作者が伝えたかったこと) についても書いています。

ヘルマン・ヘッセ『少年の日の思い出』教科書のあらすじ

教科書の物語

本の評価

おすすめ
かんどう
ほっこり
せつなさ

【あらすじ】
彼は少年だった頃の苦い思い出を語りはじめた。 チョウやガの収集をしていたこと、中庭の向こうに住んでいたエーミールのこと。そして、エーミールが捕まえたヤママユガのこと・・・。

ヘルマン・ヘッセ『少年の日の思い出』教科書の感想

中学1年生が読むには けっこうインパクトがありますよね。・・・そういえば 初めて読んだときは、あまり好きじゃなかった。

そうか、そうか、つまり君はそんなやつなんだな

未だにこの言葉が忘れられません。もはやトラウマレベルです。

過去の苦い思い出

物語は大人になったぼく (主人公を訪ねた客) が過去を回想する形で進んでいきます。訪問先でチョウの収集を見たことで苦い思い出がよみがえる。

ひつじくん。
ひつじくん。
彼はなぜ語りだしたんだろうね。
ひだまりさん。
ひだまりさん。
誰かに聞いてもらいたかったんじゃないかな。

思い出って いつしか美化されて、恥ずかしかったことや失敗したことも美しく感じることが多いです。でも彼にとって少年の日のあの出来事はそうではなかったようです。

時系列に出来事をまとめました。

起こったこと
  1. 先生の息子・エーミールが珍しいヤママユガをつかまえる
  2. ぼくは どうしても見たくなりエーミールの家を訪れたが、彼はいなかった
  3. 気の迷いか、ぼくはヤママユガを持ち出して (盗んで) しまう
  4. ぼくは思い直して元に戻すが、ヤママユガは壊れてしまった
  5. その日のうちに、ぼくはエーミールに謝りに行く
  6. エーミールは ぼくを軽蔑する
  7. ぼくは 自分のチョウやガの収集を粉々にしてしまう

エーミールに軽蔑されたことが、ぼくにとっては悔しく苦い思い出になったのかなと思います。

ぼくと対象的なエーミール

ぼくと対象的なエーミール。彼は非のうちどころがない、あらゆる点で模範少年です。ぼくは彼をねたみ、憎んでいました。

初めて『少年の日の思い出』を読んだとき、穏やかならぬものを感じました。相手がエーミールでなかったのなら、ここまで苦い思い出にはならなかったのかもしれません。

羨ましがったり妬んだり。他人と自分を比べてしまうからそんな感情が生まれます。仕方がないことかなと思いますが・・・。

人は人、自分は自分。他人と自分を比べると不幸になる。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
私は自分にそう言い聞かせて、他人と自分を比べないようにしています。

完璧な人間なんていなくて、みんなどこか欠けている。シルヴァスタインの絵本『ぼくを探しに』を思い出しました。

『ぼくを探しに』(絵本) シルヴァスタイン【あらすじと感想】欠けたカケラシルヴァスタインの絵本『ぼくを探しに』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。欠けているものの大切さ、楽しい旅路、理想と現実、完璧じゃないからこそ見えるものについて書いています。学べる絵本でした。...

完璧でなくても良いんだということを教えてくれた絵本です。

ぼくが しでかしたこと (ヤママユガを壊してしまった) は悪いことだけど、ちゃんと謝りに行ったのはエライと思いました。

印象に残った言葉 「そうか、そうか、つまり君はそんなやつなんだな」

ぼくの気持ち

盗みをしたという気持ちより、自分がつぶしてしまった美しい珍しいチョウを見ているほうが、ぼくの心を苦しめた。

ヤママユガを盗んだことよりも、壊れてしまったヤママユガに対して心を痛めているぼく。エーミールに対しての贖罪というよりも、ヤママユガに対しての贖罪です。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
・・・えっと。反省してる? 盗むのも壊すのも悪いことだからね。

謝りに行ったぼくに放ったエーミールのひとことが 今でも印象に残っています。

印象的な言葉

そうか、そうか、つまり君はそんなやつなんだな

当たらずといえども遠からず。
ぼくはヤママユガを壊されたエーミールの気持ちよりも壊れたヤママユガを見て胸を痛めているのだから。

ひつじくん。
ひつじくん。
うーん。やっぱり君はそんなやつなのかもね。

エーミールの視点と打ちのめされたぼく

『少年の日の思い出』は ぼくの視点で描かれています。でもこれがエーミールの視点での小説だったら、どんなふうに描かれるのかなと思いました。

  • チョウやガをキレイに収集する彼のこだわり
  • ヤママユガを捕まえたときの嬉しい気持ち
  • ヤママユガが壊されたときのショックな気持ち
  • ぼくにあの言葉を放ったときの気持ち

もしもエーミールの視点だったら、このようなことが描かれていたかもしれませんね。

ぼくの視点で読むとエーミールは淡々としているように感じますが、様々な感情があったはずです。

ヤママユガを壊されたエーミールの気持ちはいかほどだったのか。

きっと怒りでいっぱいで、どうやったらぼくを傷つけることができるか考えた末の 「そうか、そうか、つまり君は・・・」 だったのではないかと。

【考察】ぼくはなぜ蝶をこなごなにしたのか

ラストが印象的でした。

エーミールに打ちのめされたぼくは 自分の大切なチョウやガの収集をこなごなにしてしまいます。

ひつじくん。
ひつじくん。
ぼくはなぜ蝶をこなごなにしてしまったんだろう。

・・・なんとなくですが、ぼくの気持ちがわかるような気がします。エーミールに軽蔑されたことがよっぽど悔しかったんだろうな。

きょうまた、君がチョウをどんなに取り扱っているか、ということを見ることができたさ

こちらはエーミールがぼくに言った言葉です。ぼくは チョウやガを雑に扱う奴とレッテルを貼られてしまいました。

そして チョウやガをいくらキレイに収集しても エーミールのそれには叶わない・・・。悔しさと劣等感からでしょうか。

蝶をこなごなにした理由
  • エーミールに軽蔑されたことが悔しかった
  • チョウやガを雑に扱う奴とレッテルを貼られた
  • エーミールの収集には叶わないという悔しさと劣等感

ぼくにとってエーミールは 良くも悪くも大きな存在だったんですね。

【解説】作者が伝えたいこと

作者が伝えたかったこと

壊れたものはもう元に戻すことは叶わないということです。

こんな一文がありました。

そのときはじめてぼくは、一度起きたことは、もう償いのできないものだということを悟った。

不可逆性変化ですね。壊れてしまったもの (ヤママユガ) は もう元通りに戻せません。後悔しても嘆いても、もうどうしようもない。

不可逆性変化については、道尾秀介さんの小説『staph スタフ』でも扱っていました。

『staph スタフ』道尾秀介【あらすじと感想】悲しく切ない不可逆性変化の罪道尾秀介さんの小説『staph スタフ』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。魅力的な登場人物でした。乳酸菌でおにぎりが美味しくなること、スタフの意味、不可逆性変化の罪と黄色ブドウ球菌について書いています。...

カタチあるものは いつかは崩れてしまう。世の中の道理ですが、儚いものだと思います。一度壊れてしまえばもう元には戻らない。だからこそ大切に扱いたいですね。

他にもあります

教科書の名作

こちらもオススメ

一気読み必須のおすすめ小説
面白くて一気読み!【徹夜本・おすすめ小説】2018年に読んだ本面白くて一気読み間違いなし、徹夜本オススメ小説&絵本を厳選しました。切なくて泣けるミステリー小説、アート小説、怖いけどクセになるホラー小説、大人にも読んでもらいたい学べる絵本などについて書いています。...
本と言葉にまつわる小説と絵本
【本好きにオススメ】「本」 と 「ことば」 にまつわる小説&絵本本好きにオススメの「本」と「ことば」 にまつわる小説や絵本を厳選しました。『なかなか暮れない夏の夕暮れ』『本を守ろうとする猫の話』『三月は深き紅の淵を』『熱帯』『囀る魚』『星の民のクリスマス』『真昼の夢』『あるかしら書店』『舟を編む』『図書館の魔女』『ことばのかたち』『言葉屋 言箱と言珠のひみつ』などを紹介しています。...
大人におすすめの絵本
【大人におすすめ絵本】ほっこりと学べて癒される大人向け絵本特集 プレゼントにも!大人におすすめ絵本を厳選して紹介しています。学べる絵本、幸せな気分になれる癒しの絵本、切ない絵本、教科書の名作など、プレゼントにもおすすめです。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA