ヒューマン・ラブ・ラノベ

『クスノキの番人』あらすじ・ネタバレ感想|結末に号泣!東野圭吾おすすめ感動作

クスノキの番人
この記事に書かれていること
  • 『クスノキの番人』あらすじと感想・レビュー
  • クスノキの番人・玲斗
  • 預念と受念
  • 言葉にできない思い|佐治喜久夫のピアノ
  • 号泣したラスト
  • 『クスノキの番人』を読んで思ったこと

ネタバレあります。ご注意ください。



その木に祈れば、願いが叶う!?

東野圭吾さんの小説『クスノキの番人』感想です。ミステリー感はあまりないけど、ほっこりするお話。面白くて一気に読みました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
最後に号泣した。

気持ちを言葉で伝えるのには限界があるけど、言葉がいらないときもある。クスノキを通して大切なことを学びました。

『クスノキの番人』あらすじ・評価

人々の思いが交差するクスノキ

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
その木に祈れば、願いが叶うと言われているクスノキ。その番人を任された青年と、クスノキのもとへ祈念に訪れる人々の織りなす物語。 玲斗は 不当な理由で職場を解雇され、その腹いせに罪を犯し逮捕されてしまう。そこへ突然弁護士が現れ、依頼人の命令を聞くなら釈放してくれるというのだ。依頼人の待つ場所へ向かうと、年配の女性が待っていた。千舟と名乗るその女性からクスノキの番人を任されることに・・・。

『クスノキの番人』ネタバレ感想・レビュー

『クスノキの番人』は 人々の思いが交差するクスノキをめぐる感動作。ほっこりと泣けました。

クスノキの番人を任された主人公・玲斗が、様々な人たちと出会い、成長していく姿も頼もしかったです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
登場人物の思い (念) が描かれていてジーンとしたり、ほっこりしたり。気持ちが温かい。

言葉で伝えきれないこと。でも言葉がなくても伝わる思いもある・・・ということを実感しました。

ひつじくん。
ひつじくん。
東野さんは読ませるね。とても おすすめの一冊だよ。

クスノキの番人・玲斗

罪を犯し逮捕された玲斗のもとに現れた弁護士。依頼人の命令を聞くなら釈放してくれるといいます。

依頼人は柳澤千舟でした。あまり交流がなかった彼の叔母です。そして玲斗はクスノキの番人を任せられることに・・・。

千舟や、祈念に訪れる人々と接しながら、彼の中で様々な思いがめぐります。

どんなふうに生きればいいのかな

罪を犯し逮捕された玲斗。弁護士が現れたときも、自分の進む道をコイントスで決めていました。でもそんな彼が少しずつ変わっていく。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
彼が変わったのは 千舟さんのおかげかな。

新月と満月の夜、クスノキに願いを・・・|預念と受念

クスノキ・・・というのが、この物語では神秘的でした。願いが叶うというより、人々の思いが交差する場所です。

新月の夜に預念を、満月の夜に受念を。

預念とは クスノキに念を預けることです。そして 受念とはクスノキを通して念を受け取ること。念を預けた人と血の繋がり、思い出がある人が念を受け取れます。

ひつじくん。
ひつじくん。
クスノキが人の思いを預かって 血縁者に託す。神がかってるね。

預念をしておけば、もしも自分が死んだ後に、血縁者に思いを伝えられる。この辺り、辻村深月さんの『ツナグ』を連想しました。

『ツナグ』辻村深月【あらすじと感想】伝えきれなかった想い辻村深月さんの小説『ツナグ』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。「待ち人の心得」 キラリの気持ち、ダークな 「親友の心得」、最終話 「使者の心得」、ツナグから連想したことについて書いています。...

東野圭吾さんの『クスノキの番人』は、言葉だけじゃないんです。クスノキは言葉にできない思いも預かり、伝えることができる。

念です。念とは気持ちや思いという意味がありますね。それは必ずしも全て言葉にできるとは限りません。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
『クスノキの番人』を読んで、言葉にできない思いは たくさんあるんだと思った。

言葉にできない思い|佐治喜久夫のピアノ

祈念に訪れる人・佐治寿明のストーリーが中心に描かれていました。寿明の浮気を疑っている彼の娘・優美と共に、玲斗は彼の行動とクスノキについて探っていきます。

ひつじくん。
ひつじくん。
中盤まで 玲斗はクスノキがどういうものか知らずにいるんだよね。

後半で、寿明は 亡くなった兄・喜久夫の念を受け取っているのだとわかります。喜久夫の思い、そして喜久夫が作曲したピアノの曲。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
念は必ずしも言葉だけではないんだね。言葉にできない思いの方が多いのかもしれない。

クスノキは、そんな言葉にできない思いも預かってくれます。そして 満月に訪れる血縁者にそのまま伝えてくれる。

心に響いた千舟の言葉

言葉の力には限界があります。心にある思いのすべてを言葉だけで伝えることは不可能です。だからクスノキに預かってもらうのです

上手く言葉にできないことって たくさんあります。それでも相手に伝えるために何とか言葉にしますが、その時に感じた気持ちを丸ごと伝えるのって難しい。

クスノキみたいに感じたことをそのまま伝えられたら便利?

・・・とも思いましたが、丸ごと伝わると要らぬ摩擦を生みかねないことにも気づきました。

良い感情だったらいいけど、よろしくない感情を抱くこともあるわけで。それがそのまま相手に伝わってしまうのは怖い。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
私だったら預念できないかも。

ラストに号泣|千舟の手帳

ラストに号泣しました。

明日の千舟さんは、今日の千舟さんじゃないかもしれない。でもそれでもいいじゃないですか

玲斗の言葉が温かい。千舟が認知症を患っていることに玲斗は気づくのです。クスノキに託した千舟の預念を玲斗が受け取るかたちで。

ひつじくん。
ひつじくん。
だから黄色い手帳をいつも持ち歩いていたんだね。

最後に なぜ千舟は玲斗が逮捕されたとき、弁護士を差し向け、クスノキの番人を任せたのかが彼女の口から語られます。

そこでも泣いてしまいました。さすが東野さんですね。

『クスノキの番人』を読んで思ったこと

『クスノキの番人』を読んで思ったのは、相手を信頼することや、知ろうとすること、伝えようとする気持ちが大切ということです。

最後の千舟と玲斗が 気持ちをぶつけ合うシーンや、祈念に訪れた壮貴と血の繋がりのない父親のように。

高田大介さんの小説『図書館の魔女』を読んだときにも同じことを感じました。

『図書館の魔女 上』高田大介【あらすじと感想】マツリカとキリヒトが奏でる指話の世界高田大介さん『図書館の魔女』1、2巻のあらすじと感想です。少しだけネタバレもあります。めちゃくちゃ面白くて止まりませんでした。マツリカとキリヒトが愛おしくてたまらなくなりました。...
ひだまりさん。
ひだまりさん。
言葉にできない思いはたくさんあるけど、お互いを信頼していれば、おのずと相手に伝わるんですよね。

相手を大切に思う気持ちは尊い。ほっこりと泣けました。

最高に面白い 東野圭吾 おすすめ小説
【東野圭吾】読むならコレ!おすすめ・面白い小説|ミステリーからラブストーリーまで読むならコレ、最高に面白い!東野圭吾おすすめ小説を厳選して紹介します。東野圭吾さんの小説の魅力も書いています。...
希望の糸
『希望の糸』東野圭吾【あらすじ&感想・解説】 加賀恭一郎シリーズ / その糸は離さない!家族の物語東野圭吾さんの小説『希望の糸』あらすじと感想・解説です。少しだけネタバレあります。テーマ 「家族」、萌奈と行伸の苦しみ、松宮刑事の葛藤、タイトルの意味、家族が再生される結末について書いています。...
『沈黙のパレード』東野圭吾【あらすじと感想】ガリレオシリーズ9の魅力東野圭吾さん『沈黙のパレード』のあらすじと感想です。少しだけネタバレあります。ガリレオシリーズの魅力も書いています。どんでん返しあり、清々しい結末でした。...
絶対ハマる長編ミステリー小説
お家時間におすすめ!長編ミステリー&ホラー小説|面白い本を厳選面白かったおすすめ長編小説をご紹介します。ミステリー&ホラー、史実を元にした小説をピックアップしました。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら