教科書・古典

『鏡』教科書あらすじ・読書感想文「カンガルー日和」より|村上春樹

この記事に書かれていること
  • 村上春樹さん『鏡』あらすじと感想文
  • 鏡の中にいる誰か
  • 自由と不自由と矛盾

ネタバレあります。

鏡の中にいたのは―。

村上春樹さんの短編小説「鏡」感想です。短編集『カンガルー日和』の中の1つを読みました。どことなく怖さがある物語ですね。

主人公の体験を通して、自由を手に入れたがために得た不自由な生活が描かれています。

とても印象に残った1話。なかなか深い物語でした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
学校の教科書にも掲載されてるみたいだよ。

『鏡』あらすじ・評価

鏡の中のもう1人の自分

あらすじ

僕が1度だけ心の底から怖いと思ったことがある。高校を卒業して2年目の秋に、僕は中学校の夜警をやった。そこで見たものとは?

『鏡』読書感想文|教科書作品

『鏡』は、私が日ごろ感じていることを読みとったかのような物語でした。

鏡の前に立つと、当たり前だけど自分の姿が映りますね。私が手を動かすと映っている私も同じく手を動かす。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
私のドッペルゲンガーみたい。

じっと見ていると不思議な気分になるんです。鏡の中にはもう1つの世界があって、私とは違うもうひとりの私が存在しているのではないかと・・・。

私は手を動かしていないのに、向こうの私が勝手に手を動かしたらどうしよう。

そんな不安を感じることがあります。だから夜はあまり鏡を見れないんですよね。

鏡の中にいる誰か|彼の怖い体験

中学校の夜警で怖い体験をした主人公が描かれていました。夜の学校での見回りって怖そうですよね。彼がそこで見たものは・・・、

鏡に映った自分の姿です。

それのどこが怖いんだと言われそうだけど、想像してみて下さい。夜の学校の見回りです。そこにはあるはずのないものがあり、自分の姿が映っている光景を・・・。

ひつじくん。
ひつじくん。
びっくりするね。夜の学校ってだけでも十分に怖いのに。

さらに主人公は奇妙なことに気づくのです。それは自分じゃない、もうひとりの自分でした。

どっちが本物?

現実の彼と鏡の中の彼。もしも鏡の中には別の世界が広がっているのなら・・・。

どっちが本物なのか分からなくなってしまう恐怖を感じます。現実のはずの彼がもう1人の彼に支配されてしまうような焦り。私が思っていた不安が恐怖になった瞬間です。

かなりビビったけど、結末はあっさりとしたものでした。「鏡」は、なかったのです。始めっから。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
彼が見たものは何だったんだろう。・・・ただの妄想?

この体験をしてから、彼は鏡が1枚もない家で暮らすようになります。何かと不便かもしれないけど、慣れるものなんですね。やっと鏡を見なくても髭を剃れるようになったようです。

自由を求めた結果、不自由を手に入れた彼の矛盾

『鏡』は主人公の体験を通して、自由を手に入れたがために得た不自由な生活が描かれていました。

大学に進まずに自由な生き方を選んだ主人公。でも怖い経験をして、結局、鏡のない不自由な生活をしています。髭を剃るのに慣れるのも時間がかかったように・・・。

自由を求めたのに、得たものは不自由な生活。

ひつじくん。
ひつじくん。
なんか矛盾してない?

人生は紙一重で、うまい具合にいかないものですね。何かを得れば何かを失う。ただの怖い物語だけではなく深いところをついていました。

『カンガルー日和』十八編のショートストーリー&憧れた「鏡の世界」

「鏡」は、18編からなる『カンガルー日和』に収められている1話です。

佐々木マキさんの素敵な絵とともに展開されるショートストーリーは読みごたえがありました。1番印象に残ったのは「鏡」なんだけど。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
「鏡」で連想するのは、ドラえもんにでてくる「鏡の世界」なんだよね。

ドラえもんの映画・鉄人兵団に出てくるやつ。初めてみたときは憧れたものです。・・・それが今では夜に鏡を見れないのだから、私は怖がりなのかな。

Kindle本を読むなら

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)もおすすめ。Amazonが提供している書籍読み放題サービスです。

  • 200万冊以上が読み放題(小説やビジネス書、雑誌、コミックなどいろんなジャンルが対象)
  • お好きな端末で読める
  • 30日間の無料体験あり(初めてご利用の方。期間終了後は月額980円)

公式ページ

私も愛用しているKindle端末はこちら→Kindle Paperwhiteレビュー・メリットとデメリット|読書が快適になるアイテム

『ふわふわ』村上春樹&安西丸水【あらすじと感想】愛と幸せにあふれた絵本村上春樹さんの絵本『ふわふわ』あらすじと感想です。教科書に掲載されている作品。共有する幸せ時間、ぼくが学んだことについて書いています。...
一気読み必須のおすすめ小説
面白くて一気読み!徹夜本・おすすめ小説|ミステリー、SF、ホラー作品面白くて一気読み間違いなし、徹夜本オススメ小説&絵本を厳選しました。切なくて泣けるミステリー小説、アート小説、怖いけどクセになるホラー小説、大人にも読んでもらいたい学べる絵本などについて書いています。...
読み始めたら止まらない!面白い小説15選|ミステリー&ホラー、SFおすすめ読み始めたら止まらない面白い小説を厳選しました。ミステリー&ホラー、ファンタジー、古典、SF・・・と、おすすめの15冊です。面白すぎて一気読み必須です。ぜひ読書の参考にして下さい。...
教科書の名作
こちらは読んだ?