懐かしの教科書・古典

『鏡』(カンガルー日和) 村上春樹【あらすじと感想】もう一人の自分

鏡の中にいたのは―。

村上春樹さん『鏡』。
村上春樹さんの短編集『カンガルー日和』の中の一つを読みました。どことなく怖さがある物語です。とても印象に残ったので、今日はこのレビューを書きたいと思います。

ネタバレあります。

『鏡』あらすじ

「鏡」 の中のもう一人の自分

『鏡』(カンガルー日和より)
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
僕が1度だけ、心の底から怖いと思ったことがある。高校を卒業して二年目の秋に、僕は中学校の夜警をやった。そこで見たものとは?

『鏡』感想

鏡の前に立つと、当たり前ですが自分の姿が映りますよね。私が手を動かすと映っている私も同じく手を動かします。なんか私のドッペルゲンガーみたいです。

でもじっと見ていると不思議な気分になりませんか?

そこにはもう一つの世界があり、私とは違うもうひとりの私が存在しているのではないか。私は手を動かしていないのに、向こうの私が勝手に手を動かしたらどうしよう。・・・・・などといった不安を感じることがあります。だから夜はあまり鏡を見れないんです、私は。

そこにいる誰か

この物語は、私が日頃感じていることを読み取ったかのようなものになっていました。だから印象に残ったのかもしれません。

主人公は高校卒業とともに社会に出て働きます。

二年目の秋に中学校の夜警で怖い体験をするのです。夜の学校での見回り。そこで、あるものを見ます。

鏡に映った自分の姿です。

・・・・・それのどこが怖いんだと言われそうですが、想像してみて下さい。夜の学校の見回りです。そこにはあるはずのないものがあり、自分の姿が映っているのです。

びっくりします。夜の学校ってだけでも十分に怖いのに・・・・・。さらに主人公は奇妙なことに気付く。

自分じゃない、もうひとりの自分です。

どっちが本物?

現実の彼と鏡の中の彼。もしも鏡の中には別の世界が広がっているのなら・・・・・。どっちが本物なのか分からなくなってしまう恐怖を感じます。

現実のはずの彼が、もう1人の彼に支配されてしまうような焦り。私が思っていた不安が恐怖になった瞬間でした。

自由と不自由

結末は、あっさりとしたものでした。

「鏡」は、なかったのです。始めっから。

主人公が見たものは何だったの?ただの妄想?

残るは謎ばかり・・・・・。
彼はそれから、鏡が一枚もない家で暮らすようになります。時間をかけて、やっとそれを見なくても髭を剃れるようになったそうです。

この作品を読むにあたって、その時代背景を考えずにはいられません。60年代といえば学生運動が盛んになっていた頃でしょうか。当事者でない私は想像することでしか理解できませんが。

大学に進まず自由な生き方を選んだ主人公。でも怖い経験をして、結局、鏡のない不自由な生活をしています。・・・・・髭を剃るのに慣れるのも時間がかかったように。

自由を手に入れたがために得た不自由な生活。

この物語を通して描かれている矛盾です。人生は紙一重で、うまい具合にいかないものですね。何かを得れば何かを失う。ただの怖い物語だけではなく、わりと深いところをついているなと思いました。

『カンガルー日和』十八編のショートストーリー

今回のレビューは、18編からなる『カンガルー日和』の中の一つでした。

実は村上春樹さんの小説は初めて読みます。佐々木マキさんの素敵な絵とともに展開されるショートストーリー。まだ全部読み終わっていないんです。それなのに感想を書いたのは、それだけ私にとっては衝撃的なものだったからです。

「鏡の世界」で、ドラえもんの鉄人兵団に出てくる「おざしきつりぼり」を思い出しました (笑) 。← 私、大好きなんです*Ü*

ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA