ヒューマン・ラブストーリー

『ある男』平野啓一郎【あらすじ&感想】愛した人が全くの別人だったら?

愛したはずの夫は、まったくの別人だった―。

平野啓一郎さん『ある男』の感想です。
本屋大賞にノミネートされて気になりました。『マチネの終わりに』の著者・平野さんです。初めて読む作家さんでした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
とても美しい文章を書かれる方ですね。

ジャンルで言うと純文学になるのかな。ミステリー要素もあるけど、なかなか深い小説でした。・・・でも私は純文学が苦手っぽいです (^_^;

今日は 辛口レビューもあります。後半は 小説の魅力を書いていますので、良ければ最後まで読んでいただけると嬉しいです。

この本を読むと・・・

  • キレイな文章に心が洗われる
  • なんとなく芸術感が味わえる
  • 「自分を形づくっているもの」 について考えてしまう
ひつじくん。
ひつじくん。
ミステリーというより、恋愛小説のような感じだったよ。

少しだけネタバレあります。

『ある男』あらすじ

愛することに過去は必要なのか?

『ある男』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
弁護士・城戸の元に奇妙な相談が舞い込んだ。かつての依頼者である里枝の亡くなった夫・大祐が全くの別人だったという。城戸は、「大祐」 が本当はどこの誰なのか調べ始めるが・・・。

『ある男』感想 (辛口)

面白い、面白い、・・・そんなに面白かった?

レビューの評価、めちゃくちゃ高いですね。反対のことを書くのは緊張しますが、そこまでハマれませんでした。私は純文学が苦手なのかも・・・。

ハマれなかった理由を考えてみました。まずは辛口レビューです。

淡々とした印象

全体的に淡々としている

1番の理由はコレです。
漢字の使い方も文章も全てが美しい。惚れぼれしました。でもなんというか盛り上がらない。だから少し読んでは休んで・・・という感じで読み進めました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
時間かかっちゃった。この人誰だっけ・・・と登場人物がわからなくなる始末。

たぶん 普段からミステリー小説を好んで読んでいる ひだまりさん。だからかもしれません。本書の醍醐味はそこじゃない! と言われそうです。(←確かにそこではありません。それは後ほど)

『ある男』は 愛する夫が別人だった・・・というミステリー要素があります。

戸籍交換ですね。でもミステリーに重点は置いてなくて、人物に重点を置いたお話になっていました。

戸籍交換・・・と言えば思い出すのは、宮部みゆきさんの『火車』です。そちらの方がミステリー感は強い。

同じテーマを扱ってますが、平野さんの『ある男』は また別物でした。

登場人物が好きになれなかった

主人公の弁護士・城戸が好きになれなかった

大祐になりすましていた X には好感が持てたけど、城戸のことがどうも好きになれませんでした。在日じゃなくてもよくね?・・・と、つっこみたくなります。

物語はほとんど城戸の視点で進んでいくんです。彼の家族のこと、里枝や美涼とのやりとり・・・。城戸の日常がたくさん描かれていました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
城戸の日常よりも戸籍交換のことが気になる。彼のことは良いから早く進んでくれ。

登場人物が好きになれないとこうなります。ところどころ飛ばし読みをしちゃいました。

ところで タイトル『ある男』が指しているのは、たぶん大祐になりすましていた X のことかなと思います。でも読んでいると城戸に思えたり、ホンモノの大祐にも思えたりしました。

ひつじくん。
ひつじくん。
地味だけど良いタイトルだね。読み手の目線次第で 「ある男」 が X にも、大祐にも、城戸にもなるなんて。

モヤモヤ感が残る読後感

伏線の回収、ないんですね・・・。

これもミステリー小説を読みなれたひだまりさん。だから感じることなのかもしれません。伏線の回収がないことです。

例えば 城戸の妻のLINEについて。

最後に妻の浮気が発覚するのかなと勝手に期待しちゃいました。でも何もない!→結果、残るモヤモヤ感。

わざと回収しなかったのだと思います。検索していたら平野さんのこんなツイートを発見しました。

・・・まぁ、確かにごもっともです。現実は起こりそうで起こらないことが多い。そういう意味で『ある男』は、よりリアルに近い感じが味わえる小説なのかもしれません。

ひょっとしたら城戸の妻の浮気は発覚せず 何事もなかったように夫婦でいるのかもしれないし、バレて離婚になったのかも。そもそも、あのLINEは妻の浮気を匂わして実は違っていたかもしれません。・・・想像におまかせという感じ?

ひだまりさん。
ひだまりさん。
回収してほしかったな。モヤモヤが残る読後感になってしまいました。

長々と辛口レビューが続きました。スッキリしたところで、本書の醍醐味であるテーマ 「愛した人が全くの別人だったら?」 について書きたいと思います。

『ある男』のテーマが深かった

『ある男』の醍醐味・・・というか、テーマはこれです。

もしも愛した人が全くの別人だったら?それでも彼を愛していられるのか。

深いんですよね、文章は淡々としているのに。レビューの評価が高いのは みんな何かしら思うところがあるからじゃないかと思います。

宮部さんの『火車』を読んだときには考えなかったことを考えてしまいました。

愛した人が全くの別人だったら?

別人として人生を歩む2人の男たち

  • 里枝の夫 「大祐」 としての人生を歩んでいた X(原誠)
  • 曾根崎の戸籍を持つホンモノの 「大祐」

過去を偽って 「大祐」 としての人生を歩んでいた X ですが、妻・里枝は、彼が事故死してからそのことに気づくんです。彼女が知っていた過去は全て X のものではありませんでした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
相当ショックですね。・・・というか混乱しそう。そして彼の本当の過去を知りたいと願う。

でもそれで愛は消えないだろうなとも思いました。人を好きになるのって今現在のその人が好きなのであって過去はその次です。知ってから改めて過去を愛してあげれたら良いですね。

その人を形づくっているもの

自分の過去を偽り、全く別人としての人生を歩むのって、どんな気持ちなんだろう。

ひだまりさん。は想像することしかできません。でもそこまでして別人の人生を生きる X と大祐を見ていると切なくなりました。

自分を形づくっているものって、自分の過去や経験だったりします。それがあるから今の自分があるんです。戸籍交換するっていうことは、どうしても自分で自分を否定しているような気がしてしまいます・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
とても哀しいことですね。別人として生きて、他人は騙せるかもしれないけど自分自身は騙せません。

X の境遇を思えば理解できなくもないけど、大祐は何故に? と思ってしまいました。他人の人生を生きて幸せなはずがない。

戸籍交換で手に入れた人生の続き

城戸の言葉が心に引っかかりました。

もし今、この俺の人生を誰かに譲り渡したとするなら、その男は、俺よりもうまくこの続きを生きていくだろうか?

もしひだまりさん。の人生の続きを誰かが歩んだのなら・・・、その誰かは 私よりも器用に生きていそうだ。

私は不器用なので ^_^;

大祐の人生の続きを X は上手く生きているような気がしました。たぶんホンモノの大祐が大祐として生きるよりも。・・・なんだかフクザツです。なんとも言えない気持ちになりました。

ひつじくん。
ひつじくん。
きっと X だったら戸籍交換しなくても今のような幸せを手にしていたんじゃないかな。
ひだまりさん。
ひだまりさん。
そうだね。そして周りの人を傷つけずにすんだのかも・・・。

愛することに過去は必要?

ラストはジーンとしました。里枝と悠斗くんが全てを知って、それでも X を愛する気持ちが伝わってきて・・・。

里枝のことばが心に刺さります。

一体、愛に過去は必要なのだろうか?

必ずしも必要でない・・・とは言いきれないのがフクザツなところです。『ある男』を読んでなければ必要ないんじゃない? と言っちゃいそうですが、読んだあとだから。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
夫の今と偽りの過去を愛していた里枝のひと言は、なかなかグサッとくるものがありました。

こちらもオススメ

様々な愛が描かれた小説です。

『きらきらひかる』江國香織【あらすじと感想】銀のライオンと純度100%の愛江國香織さんの小説『きらきらひかる』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。危うい結婚生活と純粋な愛、銀のライオンについても書いています。...
家
『坂の途中の家』角田光代【あらすじ&感想と解説】家族愛と恐怖。気になる結末は・・・角田光代さん『坂の途中の家』あらすじと感想です。ネタバレもあります。WOWOWドラマ原作小説。テーマは家族愛です。裁判員裁判を通して変わっていく家族への愛。ズシッとくる心理サスペンスでした。...
小説版『散歩する侵略者』前川知大【あらすじと感想】すれ違いの愛ある日突然、夫が別人格になってしまった―。前川知大さん『散歩する侵略者』劇団イキウメの舞台 「散歩する侵略者」 、前川知大さんによって小...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA