ミステリー・サスペンス

『闇に香る嘘』下村敦史【あらすじと感想】兄は偽者?反転する疑惑と愛

この記事に書かれていること
  • 下村敦史さんの小説『闇に香る嘘』あらすじと感想
  • 盲目の主人公と暗闇の中で生きること
  • 疑惑
  • 中国残留孤児の苦しみ
  • 無言の恩人と闇に潜む謎

少しだけネタバレあります。

彼はほんとうに兄なのか?

下村敦史さんの小説『闇に香る嘘』感想です。第60回江戸川乱歩賞受賞作。選考の評価が高く読むのが楽しみでした。最後の清々しさは絶品。

すごいなと思ったのが、全盲の主人公の主観で物語が進んでいくことです。これには頭が下がりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
面白かったです。

『闇に香る嘘』あらすじ

第60回江戸川乱歩賞受賞作

本の評価

おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
孫の腎臓移植のため、兄に頼むが頑なに拒む姿に違和感を覚える村上和久。彼はほんとうに兄なのか? 疑問を持った和久は調べ始めるが・・・。

『闇に香る嘘』感想

正直に言うと、どっぷりとハマれたわけではないんです。前半はローペースでなかなか進まず、後半から最後にかけては一気読みでした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
すぐ疑心暗鬼に陥る主人公が好きになれませんでした。

でもそれが吹き飛ぶくらいラストが良かった。多少ムリがあるんじゃないか、この設定・・・と感じる場面はありましたが読んで良かった本でした。

盲目の主人公と暗闇の中で生きること

盲目の主人公

主人公・村上和久は目がみえません。この本を読むと、その生活がいかに大変であるかを思い知ります。

全盲であること。

想像を絶する暗闇の世界です。視力に頼れない分、その他の五感を常に意識しながら道を歩く。下村さんは、そんな主人公の生活を詳細に描いていました。

隣に人がいることの安心感。その人が突然いなくなっしまうと、一人置き去りにされる不安な気持ち。恐怖を感じました。

隣にいる人は 本当にその人物なのか。

他に誰かいる気配はするけど、喋ってくれないと誰かがいるのかいないのか彼には判断できないんですよね。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
目が見えていれば恐怖でもなんでもないことが、全盲の彼には脅威になる。

ジワジワと怖さを感じました。人の表情が見えない分、聴覚や嗅覚などをフル動員して嘘を見破らなければなりません。

ひつじくん。
ひつじくん。
彼が全盲ゆえに成り立つミステリーだね。その描き方が上手い。

疑惑

本書を手に取った理由は 帯の一文を読んで面白そうだと思ったからです。

27年間兄だと信じていた男は何者なのか?

偽者なのか、それとも・・・。

和久は疑惑を持ちます。きっかけになったのが、孫娘・夏帆の腎臓移植を兄に頼んで検査すらも断られたから。

それで疑う主人公に少し違和感を抱いてしまった私ですが、一旦わきあがったものは大きくなるばかり。彼は兄の竜彦を調べ始めます。

兄は残留孤児でした。

中国残留孤児の苦しみ

中国残留孤児について描かれています。

兄の竜彦は、中国に置き去りにされた日本人でした。和久は満州にいた頃の知人や兄の身近にいる残留日本人を訪ね歩きます。

一つ一つの言葉が胸に刺さりました。

日本に帰国した方は ほとんどが当時40代~50代。その多くは学校にも行かせてもらえず、帰国しても言葉の壁など様々な問題が山積みでした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
今もなお苦しんでいる人たちがいるんですよね。

本書を読んで良かったのは、そのことについて少しでも知ることが出来たことです。

無言の恩人と闇に潜む謎

他にも多くの謎が描かれています。

様々な謎
  • 和久宛に届く謎の手紙
  • ピンチの時に助けてくれる「無言の恩人」
  • 記憶が飛んでいる主人公
  • コンテナから失踪した人物
ひだまりさん。
ひだまりさん。
気になったのは「無言の恩人」です。

その人物は主人公がピンチになったとき、そっと手を差し伸べて彼を助けてくれる。目が見えない彼はそれが誰だかわからないんです。「無言の恩人」は一言もしゃべらないから。

もどかしい。最後の方で全てが明らかになります。

清々しい結末と愛

結末は清々しい。様々な人の愛を感じました。世界がひっくり返るのがすごいです。

キーマンは「無言の恩人」と「コンテナから消えた人物」

納得の江戸川乱歩賞受賞作品でした。

こちらもオススメ

『難民調査官』下村敦史【あらすじと感想】難民問題とクルド人下村敦史さんの小説『難民調査官』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。難民認定の壁、ムスタファの狙い、クルド人、弱者と強者について書いています。...
読み始めたら止まらない!面白い小説15選読み始めたら止まらない面白い小説を厳選しました。ミステリー&ホラー、ファンタジー、古典、SF・・・と、おすすめの15冊です。面白すぎて一気読み必須です。ぜひ読書の参考にして下さい。...
薬丸岳おすすめミステリー小説
薬丸岳 おすすめミステリー小説 / 迷ったらコレを読もう!薬丸岳さんのおすすめミステリー小説を厳選しました。司法制度を扱った小説といえば薬丸岳さんです。小説の魅力についても書いています。...
【貴志祐介おすすめ小説】迷ったらコレを読むべき!間違いなく面白いホラー小説6選貴志祐介さんのホラー小説の中で特にオススメを厳選しました。怖すぎるサイコパスもの、切なくて泣ける小説、面白すぎた長編SFなどをご紹介。簡単なあらすじと感想も書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA