SF・ファンタジー

『クラインの壺』岡嶋二人【あらすじと感想】仮想世界と現実

この記事に書かれていること
  • 岡嶋二人さんの小説『クラインの壺』あらすじと感想
  • 夢のシミュレーションゲーム
  • クラインの壺の意味
  • 消えた少女
  • 仮想と現実

少しだけネタバレあります

あなたはもう、現実に戻れない

岡嶋二人さんの小説『クラインの壺』感想です。映画にもなっていますよね。レビューの評価が高く前々から気にはなっていたのですが、ようやく読めました!

ひだまりさん。
ひだまりさん。
岡嶋二人さんって、ペンネームの通り2人なんですね。

井上泉さんと 徳山諄一さんによるコンビのペンネームのようです。2人で執筆とは珍しい。

『クラインの壺』あらすじ

現実が歪み虚構が交錯する恐怖―

『クラインの壺』
おすすめ
かんどう
いがいさ
サクサク

【あらすじ】
上杉が関わることになったヴァーチャルリアリティ・システムの制作。ゲームだと思っていたそのシステムは、しかし・・・。

『クラインの壺』感想

これ、怖いですねー。特にラスト。仮想と現実がごちゃごちゃになり、どちらか分からなくなります。

1989年に刊行とのことなので、30年も前の作品。まったく古さを感じませんでした。読みやすくて1日で読んでしまいました。

ゲームの世界に入り込む!?夢のシミュレーションゲーム

夢のシミュレーションゲーム。本作は 疑似体験ゲームが出てきてテンションが上がりました!

ゲームマシーンの名前がK2、「クライン2」です。イプシロンの会社の人たちは「クラインの壺」と呼んでいます。

主人公の上杉が考案した『ブレイン・シンドローム』をもとに、イプシロンという会社が開発しているシミュレーションゲーム。ゲームの世界が現実となる!!ものです。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ちょっと怖い気もしますが、やってみたいです。

視覚、聴覚、味覚・・・と言った全ての感覚が現実と同じように体験できるバーチャルリアリティ・システム。仮想世界なのに現実のように体験できるものです。

まだ試作品で、上杉やアルバイトの高石梨紗が実際にプレイしてみて調節していくということですが・・・。

ひつじくん。
ひつじくん。
『ソードアート・オンライン』を連想するね。
ソードアート・オンライン
『ソードアート・オンライン1 アインクラッド』川原礫 / 小説版あらすじ&感想 遊びじゃないゲームが今 幕をあける― 川原礫さんの小説『ソードアート・オンライン1 アインクラッド』感想です。アニメ化され...

そういうのって、ちょっと不安がつきものです。もし戻れなくなったら・・・とか、いろいろ考えてしまうんですよね。

クラインの壺の意味

タイトル『クラインの壺』とは?

小説を読みながらネットで検索したことがあります。それはタイトルにもなっている『クラインの壺』です。

検索したものの、難しくてよくわかりません。わかりやすいものを探しているうちに、こちらのサイトにたどり着きました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
メビウスの輪も似たようなもの?

表だと思っていたら裏になっていたというような不思議な感覚に陥ります。

「クラインのつぼ」も同じようなものみたいですね。それがこの小説のタイトルになっているんです。最後まで読むと、なるほどと思いました。

内側だと思っていたら外側で、外側だと思っていたら内側で・・・。その性質を上手くミステリー仕立てにしているのが面白いです。

消えた少女

高石梨紗が行方不明になります。歯車が狂い始める。彼女はどこへ行ってしまったのか?

最初はテンション上がりながら読んでいましたが、後半にいくにつれて徐々に怖さが増してきます。ミステリーなんですね、と今更ながらに気づきました。

仮想と現実

ゾッとした文章があります。

ネタバレになりますが・・・、仮想と現実がごっちゃになってしまった状況です。

どうやって見分ければいいのだろう?今、僕の見ているものが、現実にそこにあるものかどうかを、僕はどうやって知ればいいのだ?この手は、壺の内側にあるのか、それとも外側なのか?

ツボの内側なのか、外側なのか。それは仮想世界なのか、現実世界なのかです。

「クラインの壺」や「メビウスの輪」は、内側だと思っていたら いつの間にか外側になっています。もしK2のようなマシーンがあって、意図的に操作されていたとしたら・・・。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
現実と仮想世界の境目がなくなってしまう? 頭がおかしくなりそう。

でも逆に考えると、現実だろうがそうじゃなかろうが今いる世界が自分にとっては現実でなのであって、それ以外は現実ではありません。

「メビウスの輪」や「クラインの壺」のように、現実も仮想も裏表一体なのかもしれません。そう思うと怖さが少しだけ和らぐような気がしました。

こちらもオススメ

ソードアート・オンライン
『ソードアート・オンライン1 アインクラッド』川原礫 / 小説版あらすじ&感想 遊びじゃないゲームが今 幕をあける― 川原礫さんの小説『ソードアート・オンライン1 アインクラッド』感想です。アニメ化され...
一気読み必須のおすすめ小説
面白くて一気読み!【おすすめ小説】2018年に読んだ本面白くて一気読み間違いなしのオススメ小説&絵本を厳選しました。切なくて泣けるミステリー小説、アート小説、怖いけどクセになるホラー小説、大人にも読んでもらいたい学べる絵本などについて書いています。...
読み始めたら止まらない!面白い小説15選読み始めたら止まらない面白い小説を厳選しました。ミステリー&ホラー、ファンタジー、古典、SF・・・と、おすすめの15冊です。面白すぎて一気読み必須です。ぜひ読書の参考にして下さい。...
本と言葉にまつわる小説と絵本
【本好きにオススメ】「本」 と 「ことば」 にまつわる小説&絵本本好きにオススメの「本」と「ことば」 にまつわる小説や絵本を厳選しました。『なかなか暮れない夏の夕暮れ』『本を守ろうとする猫の話』『三月は深き紅の淵を』『熱帯』『囀る魚』『星の民のクリスマス』『真昼の夢』『あるかしら書店』『舟を編む』『図書館の魔女』『ことばのかたち』『言葉屋 言箱と言珠のひみつ』などを紹介しています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA