おすすめ本特集

おすすめ!太田愛の小説 読む順番|最高に面白かったから読もう!

太田愛の小説 読む順番

太田愛さんの小説を3作品ご紹介します。3冊とも めちゃくちゃ面白かったです。どれから読んでも大丈夫ですが、順番通りに読むと時系列がわかり、より楽しめます。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
太田愛さんは ドラマ『相棒』を手掛けられた脚本家。
ひつじくん。
ひつじくん。
『相棒』面白いよね。小説もハズレなしだよ。

読む順番|鑓水、修司、相馬トリオシリーズ

小説

太田愛さんの小説と言えば、鑓水、修司、相馬トリオシリーズです。読む順番は次の通り。

読む順番
  1. 『犯罪者 上下』
  2. 『幻夏』
  3. 『天上の葦 上下』

『犯罪者』は 繁藤修司、『幻夏』は 相馬亮介、『天上の葦』は 鑓水七雄にスポットを当てた物語になります。

『犯罪者 上下』|シリーズ①

修司はなぜ狙われたのか

簡単なあらすじ

白昼の駅前広場で4人が刺殺される通り魔事件が発生。犯人は逮捕されたが、ただひとり助かった青年・修司は搬送先の病院で奇妙な男から「逃げろ。あと10日生き延びれば助かる」と警告される。

修司にスポットが当たっています。大物政治家の思惑、「メルトフェイス症候群」 なる奇病、暗殺者・滝川・・・。ミステリー仕立てで進んでいきますが、ハードボイルドな展開もありました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
ただの通り魔事件じゃなかった・・・。ドキドキの展開です。
『犯罪者 上下』あらすじ&感想|裁かれない悪とメルトフェイス症候群|太田愛太田愛さんの小説『犯罪者 上下』あらすじと感想・レビューです。ネタバレあります。裁かれない悪、魅力的な登場人物、メルトフェイス症候群と原因について書いています。ドラマ 「相棒」 を連想しました。...

『幻夏』|シリーズ②

あの夏、本当は何が起こっていたのか。

簡単なあらすじ

12歳の夏、少年は川辺の流木に奇妙な印を残して姿を消した。23年後、刑事となった相馬は、少女失踪事件の現場で同じ印を発見する。相馬の胸に消えた親友の言葉が蘇る。「俺の父親、ヒトゴロシなんだ」あの夏、本当は何が起こっていたのか。

相馬刑事の過去が描かれている『幻夏』。3作品の中では1番切なかったです。タイトル『幻夏』に込められた思いを想像すると、幸せな時間と儚さで胸いっぱいになりました。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
哀愁ただよう1冊。『幻夏』が1番好き。
『幻夏』あらすじ&ネタバレ感想・解説|「冤罪」 と司法の闇|太田愛太田愛さんの小説『幻夏』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。「冤罪」 に見る司法の闇、泣いたシーン、壊れた家族、タイトルの意味について書いています。結末は苦味が残りましたが、面白かったです。...

『天上の葦 上下』|シリーズ③

老人はあの空に何を見ていたのか―。

簡単なあらすじ

白昼、老人は渋谷の交差点で何もない空を指して絶命した。死の間際、老人はあの空に何を見ていたのか―。興信所を経営する鑓水と修司のもとに不可解な依頼が舞い込んだ。彼らは渋谷で死んだ老人の真相を突き止めることに・・・。

今まで謎だった鑓水の過去が描かれていました。登場人物の中では1番好きなキャラ。『天上の葦』は 戦争を取り上げています。テーマは メディアと言論の自由。3作品の中では1番深いテーマを扱った小説でした。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
本当のことを伝えられない不自由。戦争を生き抜いた人たちの思いに胸が痛くなりました。
『天上の葦 上下』あらすじ・ネタバレ感想|真実を伝えられない不自由|太田愛太田愛さんの小説『天上の葦』あらすじと感想です。ネタバレあります。テーマはメディアと言論の自由。絡み合う2つの事件、戦争を生き抜いた正光と白虎、真実を伝えられない不自由、正光が指したものについて書いています。...

太田愛さんの小説の魅力はキャラにあり!

3人トリオシリーズ。太田愛さんの小説の魅力の1つに、コンビネーション抜群なキャラが挙げられます。

建設業で働く繁藤修司、刑事の相馬亮介、フリーライターの鑓水七雄。

『犯罪者』で 相馬刑事と元テレビマンの鑓水は、通り魔事件に巻き込まれた修司と出会います。『幻夏』では 鑓水は興信所を立ち上げ、修司は鑓水の元で働き、相馬刑事は交通課へと左遷される。

ひだまりさん。
ひだまりさん。
3人のコンビネーションが抜群なんだよね。

ドラマ『相棒』を思わせるキャラ。『相棒』の杉下右京も はみ出し者。そして相馬刑事や鑓水も やはりはみ出し者でした。

組織に馴染めないけど自分の正義や信念があって、正しいと思うことをやってのける。・・・ある意味、カッコ良い生き方です。

ひつじくん。
ひつじくん。
まずは『犯罪者』から読もう!
読む順番
  1. 『犯罪者 上下』
  2. 『幻夏』
  3. 『天上の葦 上下』
『犯罪者 上下』あらすじ&感想|裁かれない悪とメルトフェイス症候群|太田愛太田愛さんの小説『犯罪者 上下』あらすじと感想・レビューです。ネタバレあります。裁かれない悪、魅力的な登場人物、メルトフェイス症候群と原因について書いています。ドラマ 「相棒」 を連想しました。...
『幻夏』あらすじ&ネタバレ感想・解説|「冤罪」 と司法の闇|太田愛太田愛さんの小説『幻夏』あらすじと感想です。少しだけネタバレあります。「冤罪」 に見る司法の闇、泣いたシーン、壊れた家族、タイトルの意味について書いています。結末は苦味が残りましたが、面白かったです。...
『天上の葦 上下』あらすじ・ネタバレ感想|真実を伝えられない不自由|太田愛太田愛さんの小説『天上の葦』あらすじと感想です。ネタバレあります。テーマはメディアと言論の自由。絡み合う2つの事件、戦争を生き抜いた正光と白虎、真実を伝えられない不自由、正光が指したものについて書いています。...

こんな記事もあります

ファンタジー小説おすすめ
コレは読んでおきたい!ファンタジー小説おすすめ|ダークファンタジーから異世界までおすすめのファンタジー小説を厳選してご紹介します。長野まゆみさんの小説、冒険ものから面白かった本をピックアップしました。...
大人向け恋愛小説
切ない!大人向け恋愛小説おすすめ|深い恋愛観に共感!?オススメ!切ない大人の恋愛小説をご紹介します。江國香織さんの小説から2冊、ほっこりする恋愛小説とラブコメ。どれも深い恋愛観が描かれていました。...
最高に面白い 東野圭吾 おすすめ小説
【東野圭吾】読むならコレ!おすすめ・面白い小説|ミステリーからラブストーリーまで読むならコレ、最高に面白い!東野圭吾おすすめ小説を厳選して紹介します。東野圭吾さんの小説の魅力も書いています。...
ABOUT ME
ひだまりさん。
ゆるりと本をよんでいます。ミステリー、ホラー、SF、ファンタジー、何でもよみます。ほとんど小説、ときどき絵本。→ 詳しいプロフィールはこちら